新人管理官の攻略メモ

燐光のレムリア:イルパ鯖在住の管理官が考察内容をダラダラと書き連ねるブログです。

ティファ検証
HP上限のミトスインペにギルシェルつけたら防御1当たり7.5、運7グラフ7.5で計算するとバイブルテンドは1/2なのにSラットラック先輩はなぜか1/4。闘攻は0.75×0.6で一番冴えた値になるとかなんとか。
正直ぜんぜんわからん。
あとコメントで情報提供ありがとうございます。コメントいただけてなかったらエクセルさんから7.5とかいう数字出て発狂してたかもしれない。

 
ミゼアクア
こいつのHPが2243

ティファステ
こいつのHPが3422 

HPはなんどはかってもうそをつかない・・・ 

【検証でわかったこと】 
・ステ装備の近しいティファ同士で殴りあった場合、HP残量の多い方が先手を取って殴れた。
(闘攻が多くても先手を取れないケースが多々あり、”闘攻量=先手ではない”らしい。)
・自ストでAP減少がかかる前に戦闘をした場合、”勝利時に残ったHP量+相手闘攻総和/3”で各ストのHP量がわかる。
・ APが減少しているであろう相手ストのHP計算において、闘攻の総和よりも多くHPが減っていることがあるため、AP減少によって各ストのHP最大値が減るのではなく”HPにAP減少分のダメージを受けた形で表示されている”と推測できる。

一桁二桁の誤差はありますが、ほぼ正確なHPの測定方法もわかったので次回はステータス検証を再度行ってみようと思います。 

・データを集め始めた期間・・・新闘具実装の翌週から今日まで(その間調査対象のストのステに変化はなし)

・検証方法・・・イルパ鯖において60Aと70Aで一度も選出落ちしなかったストがいるため、そのストを基準にライバルストとステータスを比較して検証した。

・基本となる考え方
①選出値・・・一度も選出漏れしないストがいることから、乱数の絡まないストごとの選出に影響する数値が存在し、その値の比較によって選出が行われていると仮定した。
②比較対象について・・・競技毎に8体のストが選出されているが、 選出漏れについては選出値が一番高いストとの関係性(そのストよりも選出上強いか弱いか)の点のみで考える。これは、選出過程において誰と当たっているかはわからないためであり、選出漏れしたのであれば、少なくとも選出漏れしたことがないストよりも選出値が低いと考えられるからである。

・検証対象
検証対象
上記ストのうち、重ミトスとシオンは各競技において選出漏れが一度もなかった。

 覚醒有総和
上の表は、70競技のストのステータスと、選出TOPのシオンとの各ステータス差。

覚醒抜き総和

こちらは、覚醒が適応されないという話をきいたので、覚醒の1.25倍と緑ステ補正1.6倍を抜いたもの。
シオン>重レイアとシオン>カーラの関係性は正しくなったが、他のストにおいては不適当。
特に、覚醒抜きのHP値においてスクナギ>シオンかつ合計値で41.8p上回っているにもかかわらず、選出上はシオン>スクナギであるので不適当。

競技ステ倍率の総和
競技ステの倍率をそのまま用いたもの。
シオン>重レイアの関係性以外は全て不適当。

4倍
HPの倍率を下げたもの。
カーラとシオンの関係性が不適当。

ステp換算総和
HPをステータスポイント換算(0.2倍)したもの。
シオン>他のストとなった。

選出値比較
ニコ鯖における各スト間の優劣はこの選出式で一応の説明がつく。実際に、選出負けしていた重レイアを鱗にかえたところ、選出値通りに勝てるようになったことから、仮説は正しいと考える。br />

このページのトップヘ