2015年11月26日

ブログの引っ越し

ちょっと思うところがあり、ブログを引っ越すことにしました。
何かというと私の「るそんべえ」というキャラクターを私なりに育ててみようと思ったわけです。

そういった意味では、今までと異なる記事を書くことになるため、引っ越しをすることにしました。
また、mixiとつなぐのも、やめようと思います。

わがまま言ってすいません。
長い間ありがとうございました。

良かったら引っ越し先で、またお会いしましょう。

「るそんべえ」の引っ越し先


rusonbei at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)活動 | 自論

2015年11月23日

ジョンボーナムのドラミング

私の好きなドラマーの中に、レッドツェッペリンの今は亡きドラマージョンボーナムがいる。
私が彼のドラミングが好きなのは、速く叩くとかのテクニックではなく、いかに聴かせる音を表現するかに重点をおいているからだと思う。そのために静かな曲だって、強く叩く。普通と違うタイミングで叩いてみるとか、いろいろな技を持っていると思う。
いろいろ好きな曲はあるけど、私が特に好きなのは、この曲「Dazed and Confused」、邦題が「幻惑されて」
この曲は、ジミーペイジが、まだヤドバーズに在籍しているころから、やっている曲だけど、断然、こちらのほうが、良い。
特に、ギターソロの後とか、エンディングのところとかのリズムの取り方は最高!
デビューアルバムだから、まだ、ジョンボーナムが10代のころだと思うけど、すでにこの実力と技。
今でも、聴くとゾクゾクします。




rusonbei at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 自論

2015年11月19日

コウモリが空中で反転して止まれる理由を解明

目がほとんど見えないのに、自分が発する超音波で餌を取ったり、障害物を避けたり出来る。
その上、空中で反転して、身を翻し、頭を下にしてぶら下がるという、奇妙な行動は、昔から、謎とされていたらしい。
それが、解明されたということ。

コウモリが空中で反転して止まれる理由を解明


なぜ、こんな記事を取り上げたかと言いますと、私の昔作った楽曲に「コウモリ」という自分で気に入っている曲が
あって、「コウモリ」という単語に敏感になっているので、共有させて頂ければと思いました。

その楽曲「コウモリ」の現在、若かりし頃のもの、両方youtubeに上げていますので、ここで改めて紹介させて頂きます。







rusonbei at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アマチュアバンド活動 | びっくり

2015年11月15日

34年前の一人8役挑戦曲「To You」

34年前、就職で東京に出てきて、ベース、マイク、4chミキシングレコーダーを購入し、生ギター、電気ギター、ベース、ボーカル、コーラスを、すべて自分ひとりでやる挑戦を初めてやった楽曲です。

東京で作った数少ない楽曲のひとつ。

ミキシングレコーダーからカセットテープ、それをMP3に変換しているので、あまりよい音ではないですが、よかったら、聴いてみてくだされ。




rusonbei at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アマチュアバンド活動 | 音楽

2015年11月10日

旅行は楽しかったけど。。。

image
土日と、仙台、松島海岸と実は行って着ました。
楽しい旅だったのですが、実は、二日目の朝、朝食のバイキングで、味噌汁をこぼしてしまいました。
何か悪い予感はそこでしていました。
で、食事を終え、部屋に戻ると、スマホがない。
急いで、レストランに戻りましたが、テーブルにはない。とりあえず、レストランのスタッフとホテルのロビーの人には、失くした旨は説明して。。。
ところが、一緒に食事をしていた同行者の友人が私が、テーブルに置いているのを気づいてくれて、部屋に戻る前の、ロビーで待っていてくれました。いやあ、持つべきものは、今までの信頼関係です。

で、そのホテルのチェックアウトの時に、その自転車の鍵が落ちるのを同行者とともに見ていました。
そのときに、ズボンのポケットに穴が空いていると気づくべきでしたが、たまたま、落ちたと思ってしまいました。

で、地元に戻ったとき、自転車で家に帰ろうと思ったところ、自転車の鍵がない。
もちろん、自転車はなくとも、家に帰れますが、歩くと35分ほどかかる。

朝のいやな予感はあたりました。

結局、その日は、バスで帰り、今日、駐輪場で確認しましたが、簡単にかぎは外せない。
ということで、本日、無理やり詰めて、自転車屋で対応してもらうことにしました。

そこで、感じたこと。朝感じた、いやな感触、それは、間違っていないということと、問題を回避する気持ちを持つこと。

今後、気をつけます!

rusonbei at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 日本

2015年11月04日

富士山と朝もや

今朝は富士山と朝もやのコラボレーション!
image


rusonbei at 06:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)地域 | 生活

2015年11月03日

1人と8人の「Killer Queen」カバー

ずいぶんと過去の動画だけど、久しぶりに見たら、やはりすごいと思ったので、こちらで紹介します。
あのクイーンの名曲「Killer Queen」を一人で8人分の歌、演奏を行っているすご技動画です。
歌、演奏だけでなく、動画としても、すばらしい!

お見事!




rusonbei at 16:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)音楽 | 芸術

2015年10月29日

レッドツェッペリン、ボブディランを絡んだ謎

レッドツェッペリン、ボブディランを絡んだ謎と言わせて頂きましたが、レッドツェッペリン、ボブディランといえば、私はどちらも、神の存在です。

で、今回の話は、私も大好きなまずレッドツエッペリンのフィジカルグラフィティの名曲「In my time of dying」ですが、ボブディランが原曲となっています。
ところが、ボブディランのほうをアルバムから調べていくとクレーブランドの黒人霊歌であったという説や、ルイジアナのストリート・パフォーマーが歌っていた曲だとかの説があります。

で、1927年、ブルースシンガーであるブラインド・ウィリー・ジョンソンがレコーディングしていたりしています。

私などは、ぱっと聴いても同じ曲とは思えません。でも、偉大なミュージシャンたちが原曲はこれですって、いうほど、この曲に惚れていたんでしょうか?どれも同じ曲に聴こえないのに、そのあたりは、自分のこだわりみたいなものを感じますね。

なので、どれも、印象深い曲に仕上がっているのかもしれません。








rusonbei at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 自己分析

2015年10月26日

感動を呼ぶ少年少女の歌声

中国のまだ10歳の男の子と7歳の女の子のこの歌声、すご過ぎ!!
これだけ、歌い上げられるということは、どんな努力と感情移入をしてきたんだろう。
とにかく、感動!

現場にいたら、涙していたと思う!

中国恐るべし!






rusonbei at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | 感動

2015年10月25日

音楽撮影プロデューサー宮原那由太さんに楽曲紹介して頂きました

音楽撮影プロデューサーの宮原那由太さんのブログで、私のユニットRhapsode(ラプソード)の楽曲「金次郎」の動画を紹介してもらいました。

前も紹介しましたが、この曲は学生時代好きだった漫画家永島慎二の漫画「フーテン」に出てくる孤児のキャラを題材にしています。
名前は「金次郎」ではなかったですが、インパクトがあるので、この名前をタイトルとしました。

p.s.実は私の親戚にも金次郎さんがいたりします。


音楽撮影プロデューサー宮原那由太 さんのブログ

rusonbei at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 | アマチュアバンド活動