るすつびより

留寿都の情報をたくさんお届けします!

タグ: ドイツパン

da875bf1.jpg
 こんにちはレンジャーブラックです!
今日も引き続き「ベッカライヴァルドヴィーゼ」について紹介していきたいと思います!
 このお店、前回の記事でも紹介しましたが、聞いたことのないような名前のドライフルーツをたくさん使ったり、地元のおいしいものを厳選したりなど、材料に対するこだわりが強かったですよね!
ですが、こだわりがあるのは材料だけではないんです!
 実はこのお店のご主人、窯を自分で作ったんです!自家製のかま、すごいですよね!
やはり窯で焼くドイツパンはしっとりとし、フランスパンは中がふんわりで外がパリパリするらしく、オーブンなどとは違うみたいですねー。
ちなみにお店も自分で作ってしまったみたいです。器用なご主人ですよねー。
 朝はまだ暗い午前一時半に起きるらしいです。この生活を続けられるのは、喜んでくれる人がいるからだそうですよ!
そんなベッカライヴァルドヴィーゼのパンは道の駅で販売中です。大きな看板が出ているお店では売っていないのでお間違えのないように!

以上、レンジャーブラックでした。

a47dd0a9.jpg

こんにちは、レンジャーレッドです!今回は久々に留寿都レンジャー総動員+マネージャーで取材に行ってきましたよ!

今回取材に行ってきたお店は「ベッカライヴァルドヴィーゼ」というドイツパンを販売している珍しいお店なんです。いつか道の駅の取材の時も少し紹介しました。

2007年から始まった新しいお店なだけあって、とても綺麗で何より外観も中もお洒落!!

ちなみに皆さん、ドイツパンってどんなパンか想像できますか?

私、今回初めてドイツパンを食べたんですがあの黒っぽい色はライ麦の色なんですね、とっても美味しかったです!
とにかく中身がしっとりしていてドライフルーツやナッツ類が沢山入っているので体にも良さそうですよね。健康的で美味しいだなんて幸せですね!

ドライフルーツやナッツ類が入ってると書きましたが、サルタナレーズンやオレンジピールというドライフルーツをお酒に漬け込んだり、なるべく地元のものを使う!というところまで材料にはかなりのこだわりがあるそうです。

パンの種類は今のところ20種類くらい。
オススメのパンは「オランジェンアンドヴァルヌス」だそうです!
今、本店ではパンを販売していなく、道の駅230ルスツでしかパンを買うことが出来ません!

もし、道の駅に立ち寄ることがありましたら一度食べてみてくださいね!

次回も引き続き「ベッカライヴァルドヴィーゼ」について紹介します!

このページのトップヘ