RUUの不定期日記Neo

車・PC・電気電子工作や改造系の趣味日記です。

RUU's Homepage の不定期日記です

★★ Livedoor 10周年 History View で RUUの不定期日記Neo の9年間を見る ★★

前回の記事が2011年の10月なのでほぼ6年。
屋外車庫でよく耐えたものだと思います。

DSCF1001


ですがたぶん紫外線の影響で、シートの劣化が進んであちこちにひび割れが出てきました。

ちょっとわかりにくいのでアップ。

DSCF1002


重い腰を上げてやっと張り替えることにしましたが…

細かくちぎれてしまい剥がすのにすごく苦労しました。
ここまでボロくなるまえに、劣化したな?と思ったらすぐに貼り替えたほうが絶対に楽です。

DSCF1003


んで無事に貼り替え完了。

DSCF1004


出かける予定があって大急ぎで施工したら何か所か皺が残ってしまいました。遠目にはわかんないからいいや(^^;

関連記事:
  カーボン風ボンネット

Geforce Experienceを使った動画キャプチャを試してみました。
従来はShadowPlayという名前のアプリでしたが、現在はShareという名前でGeforce Experienceから設定・起動ができるようになっています。
ただしGeForceに搭載されたハードウエアエンコーダを利用する関係で、GTX600以降のグラボでないと使えないようです。

OS:Windows10 Home
CPU:i7-2600K@3.4GHz
グラボ:Geforce GTX780
メモリ:12GB
ストレージ:256GB SSD + 2TB HDD
ゲーム画面解像度: 2048x1152
キャプチャサイズ:1920x1080

この条件で、以前紹介したレースゲーム The Crewのプレイ動画 : PvP(ユーザー対戦)とストーリーミッション(TKO)をキャプチャしてみました。
ゲームのグラフィックは重め設定にしてありますが、録画していてもフレームレート等の低下もなく非常に快適にキャプチャできました。動画の形式は1920x1080のH.264(mp4)ですが、PvPの動画はYoutubeにアップする際に480pにリサイズしました。TKOのほうはフルHDのままです。
比較するとやはりフルHDのほうが断然綺麗ですね。

なお、The Crew 2 が発表されましたが、発売は当分先になりそうです。





以前、家庭内LED化の続き で階段の天井照明をLED化してから7年近く経過しました。
こちらの照明は交換当初に照度を測っていなかったので数値的にはわかりませんが、最近妙に暗く感じるようになってきました。
今回床面で測ってみるとたったの23ルクス。
使用年数もありますけど器具内で熱がこもるのでLEDの劣化が進んだのかもしれません。
ちかごろは私の視力も衰えてきて、薄暗い階段を降りるのも危なっかしくなってきたのでどうにかしたいと…

最近はLED電球も安くなりましたし、全方向配光型なんてのもあるのでさっさと交換しちゃうのがよろしいでしょう。
ですが拙者ひねくれ者ですので面発光(Chip On Board)エミッタモジュールを実験的に使ってみることにしました。

現状、Acricheエミッタx2個のモジュールを2つ張り付けているところをAC100V対応のCOB-LEDに置換します。

一個500円前後で20W/1800lmと30W/2600lmの2種類(いずれも110Vの暖色タイプを選んだのでルーメン値はもっと低いと思われます)を購入しました。
これ以上のワット数だと今の器具に内蔵するには放熱が厳しそうです。

DSCF1069


見たところ発光面の違いはよくわかりませんが付いている部品には若干の相違があります。
左が20W、右が30Wです。

DSCF1067

DSCF1068


スライダックを使って光り初めの電圧でみるとLEDの様子が良くわかりますね。
ちなみにどちらも発光素子は9x8で72個の素子による構成でした。

本来110V仕様ですのでAC100Vに接続してどうなるか、ということで電流を計測したところ20W型が0.15A、30W型が0.2Aでした。
ワット数でいうとこれまで使っていたLEDが約15Wですので、比較できそうな20W型(100Vで実質15Wくらい?)を今回使うことにしました。

器具にあわせて適当に切り出したアルミ板をヒートスプレッダ兼ヒートシンクとして、これにLEDを接着してプラグ付きコードを取り付け。

DSCF1077


器具内E26口金には市販品のコンセント変換口金アダプター(セパラボディ)をねじ込み、このコンセントにLEDモジュールのプラグを差し込むという寸法です。

DSCF1070

DSCF1082


これなら電気工事士の資格がなくても出来る作業です。あくまでも自己責任ですけどね。

DSCF1083

交換後はやたら明るい。というか明るすぎる(笑

DSCF1085


床面での明るさは 100ルクス程度になりました。
ヒートシンク&器具本体金属での放熱効果は不明ですが、気温23℃で30分ほど連続点灯してヒートシンクの温度は55℃。
LEDチップは結構な温度になっていると思います。

しばらく実験的に使ってみて、本格的に暑くなる前には市販の60型LED電球(だいたい800lm程度が多いのでちょうどいいかも)にするつもり(^^

このページのトップヘ