ブログネタ
医療・病気・治療 に参加中!
image
以前から気付いていたんですが、手首の近くにいつからかグリグリができました。小豆粒くらいの大きさです。(画像参照)

押してみると硬いような柔らかいような変な感じで、痛みはありません。痛くないから放っておいたところ、今度は私ではなく姉の手首に、あめ玉くらいの大きなしこりが出来ました。

 姉の場合は見た目が悪いだけではなく鈍い痛みがあったため整形外科を受診、注射器で内容物を吸い出すと透明なジェルのようなものが出てきたそうで、診断名は「ガングリオン」でした。

ガングリオンは女性に多く、よく動く手首周りや指の付け根によく出来る関節液の袋なんだそうです。痛くないことが多く、内容物も関節液、悪いものではありません。ぐりぐりの袋が自然に破れ、関節液が皮膚の下に流れ出てしこりが消失することもよくあるので通常は放置していてかまわないそうです。

ただ、似たようなグリグリ全てがガングリオンというわけではないらしい。皮下にできた角質老廃物の塊のアテローム(粉瘤)、良性だけれど再発が多い腱鞘巨細胞腫、悪性が心配な骨腫瘍ということもあります。意外と怖いです(;´Д`) でもこれらの病気はエコー(超音波診断)で判別がつくので、グリグリに気付いたら念の為に整形外科か外科を受診しておくのが安心ですよね。

表面上ぐりぐりが無いのに痛みや痺れが起こり湿布をしても治らない、なんて場合はガングリオンが関節の奥にできていることがあるとか。また血管の近くにできて浮腫が生じることもあるんだそうで、これらはMRIで見つかります。痛みが酷いこともあるのでこういった症状がある場合は手術をした方がいいですね。

歳を取ってくると体のあちこちが変になって嫌になります。ただ、このガングリオンって若い女性に多いという話です。その部分だけは、ちょっと嬉しいかも(^O^) あ、でも、それって他の病気も考えられるので気をつけなくちゃ。