ブログネタ
健康ナビ に参加中!
k先日、健康診断で身長を測ってみると、これまでより0.5センチ縮んでいました。
ショック~。

でも、年をとるとみんな背が低くなるって言うから仕方ないか。

そう思っていたけど、こないだ「ホンマでっか」で素晴らしい情報が流れていたのでこれは記事にしなければ!ってことで書いています。

女性が特に気をつけなくちゃいけないのは、言わずと知れた更年期以降の骨粗鬆症。

女性ホルモンが少なくなることが原因で、骨がスカスカになるんですよね。
病院で簡単に検査してくれるから、一度自分の骨の状態を確認すると良いです。

病院でのビタミンD入りカルシウム剤その他の薬による治療も効果があるようですが、根本的に大切なのは、骨の役目を考える事。

骨は、体を支えるためのものですよね。ということは、負荷をかければそれに耐えられるだけの骨を作ろうと、体がちゃんと働くんです。

つまり動けばいいんです。それも、ウォーキングでいいんですって。

これまで毎日5千歩歩いている人は6千歩、6千歩歩いている人は、7千2百歩。

2割増しウォーキングすることによって、1年で骨密度が11%も増えるそうです!

何もしなければ、1年で骨密度はマイナス5%だというんだから、この差はスゴイです。


万歩計使ってなくても大丈夫。

毎日30分お散歩してた人は36分。1時間してた人は1時間12分。

時間でも計算できますね。

ハードな運動は必要ないです。日頃の運動を2割増し。

年取る度に筋力も衰えていくものだけど、こうした軽い運動を増やすのは、体には優しく、それでいてしっかりと筋力までも増強させることが出来ます。

もちろん心肺機能もアップ、血流もアップでお肌の新陳代謝も改善して若返り。

さらにさらに、こうした運動は認知症予防にもすごくいいですからね。


更年期を迎えたら、運動2割増し。

これ、しっかり実践して、健康なシニアライフを楽しみましょう!

私も歩くぞ~!!