2007年07月30日

子どもの見方が変わるかな。(5)3

bea01de1.JPG このシリーズは、(4)のときに、『これで最終回』と言っていたのに、すみません。

 今回は(1)〜(4)とは、別な先輩の校長先生になる。


 わたしは、校長時代、近隣校を中心に、何校もの校長と、お互いの学校だよりを交換していた。それにより、情報交換をしたり、見方や目の付け所を広げさせてもらったりすることができた。
 今日の記事は、そんななかで、特に印象に残っているA校長の、学校だよりの話である。
 
 とは言っても、今、手元にその学校だよりがないので、わたしの記憶のなかで書かせていただくことにする。



 ある休日。A校長は、デパートに出かけ、エレベーターに乗った。ある階から、幼子を連れたお母さんと、A校長の3人だけになった。
 その幼子・母親は、もちろん面識のない人である。

 そのエレべーターのドアには、かにさんと、そのはさみに指をはさまれているイラストと、大きな×印。そんな絵がはってあった。


 3人だけになると、その幼子が、お母さんに聞いた。

「お母さん。この絵、なあに。」
「これはね。『エレベーターに指をはさまれないように気をつけてください。』って言っているのよ。」
「ふうん。」

 すると、エレベーターの中を、急にキョロキョロし出した。そして、
「お母さん。かにさんは、どこにいるの。」

 そのお母さんは、こまったように、A校長の方をチラッと見ながら、
「ええ!? ここに、かにさんはいないわよ。」

 幼子は、なおも首をかしげ、不思議そうにしていたが、目的の階に到着して降りるとき、
「お母さん。かにさんは、はさみをドアにはさまれて、痛かったのだね。」
ほんとうに、『かにさんが、かわいそう。』そのような表情を浮かべて降りていったという。



 学校だよりの文章は、さらに続く。

 A校長は、その幼子の、心のやさしさに感じ入った。

 大人はほぼ全員、かにさんを、危害を加える側にみるだろう。
 ところが、この幼子は、自分と同じ被害者側にみた。

 A校長は、この、かにさんに思いを寄せる姿、何ものにもとらわれない思考の柔軟さ、幼子の無邪気さ、純真さに、すっかり参ってしまったのだ。

 まわりの大人は、こうした子どもの思いを、『何をばかな。』とばかり笑ってしまうのかもしれない。そうではなく、そうした心情をいつまでも大切にし、育んでいきたいものである。


 そう話を結んでいたと思う。




 わたしもこれに、何とも温かなものを感じ、『いいたよりだなあ。』と感じ入ったものだった。
 と同時に、日常のさりげない生活の中に感動を覚え、それを学校だよりに掲載する先輩校長の姿勢にも、学びとなる大きなものがあるなと感じた。



 さて、急に話は変わり恐縮してしまうが、

 世の中には、『人間は生来邪悪な心の持ち主だ。行動は利己的な欲望に基づく。だから、それを教育の力で、よい方向に導くのだ。』まあ、性悪説だろうが、そういう考えがはびこっているのではなかろうか。特に近年、いじめ問題がクローズアップされるようになって、こうした考えが、はばをきかせているように思う。

 これが間違っているとは思わない。しかし、ことの半分を見ているに過ぎないと思う。

 人間は生来、やさしい心の持ち主でもあるのだ。双方併せもつというのが、ことの本質ではなかろうか。

 そんなことを感じさせてもらった学校だよりであった。


にほんブログ村 教育ブログへ

ninki



 そう。わたしは、性善悪共有論者です。
 でも、どちらも、自己中心的ではあるでしょう。『善も悪も、自分がそうしたいからしている。』のだと、そう思います。

 教育の目的とは、そういう人間に、いかに理性をもたせるか。自己を客観視できる自己をいかに形成させるか。それが一つの大きな眼目であるように思います。

 でも、この辺は、人それぞれの考え方があるでしょう。まだまだ勉強していきたいと思います。

 それでは、今日も、1クリックを、よろしくお願いします。

rve83253 at 15:47│Comments(2)TrackBack(0)子ども | 学校だより

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ダイ   2007年07月30日 20:55
私は性悪説の方がしっくりきます。
ただ、人間は全てが生まれながらにして悪であるという主張は
明らかに偏ったものであるでしょう。

しかし性悪説者もそんなことぐらい
理解しているというのも性善悪共有論者は理解しなければなりません。
それは『遺伝』と『環境』の議論における関係と
良く似たものなのです。


あくまでもどちらがしっくりくるかの話であり
どちらを選ばれるかは自分の考えがあれば構いません。
もちろん、両方併せ持つものであるという
バランス型を選択されるのも
それはそれで1つのスタイルであると思います。
2. Posted by toshi   2007年07月31日 09:35
ダイさん
 あなたは一人相撲をとっておいでですね。
《人間は全てが生まれながらにして悪であるという主張》
こんなことは誰も言っていませんよ。言っていないことをもとに、
《性悪説者もそんなことぐらい理解しているというのも性善悪共有論者は理解しなければなりません。》
とおっしゃる。
 ちなみに、『性悪説』を検索にかけたら、《人間は生まれたときの本性は利己的な悪であるとし、だから後天的に教育によって徳を身に付ける必要がある、と考える説。》とありました。

 なお、あなたとのやり取りは、一回限りにしましょう。これ以後は削除させていただきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字