2007年08月01日

参院選に思う。4

8950f040.JPG 与野党の大逆転で終わった今回の参院選。世の中がかなり変わりそうだとの予感あり。

 しかし、あれだけ騒がれた教育のテーマは、年金、政治と金、閣僚等の不適切発言の陰に隠れ、争点とならなかった感あり。

 はっきり言って、教育の地方分権化、教員の増員以外は、どう変わるのか、よく分からないのだ。

 だから、勝手に想像してみる。こうなればいいなという、期待をこめて。



 と言いながら、ごめんなさい。ちょっとだけ、教育の話題からはなれてみる。

 野党も、参院で多数派となり、責任政党としての存在感をアッピールしているようだ。なかでも、テロ対策特別措置法には反対、財政のムダのあぶり出し、政治資金規正の強化、天下りの根絶などを主張しており、これは、成果が期待できそうだ。いや。成果をあげてほしい。

 一例だが、財政のムダなど、談合、特殊法人の問題など、しっかりあぶりだせば、国民が驚くほどの巨額になるだろう。おそらく増税の必要はなくなるくらいではないかと、わたしは思っている。



 とすれば、だ。

 今のところ教育に関し、分からないことが多いのだけれど、少なくとも緊急にやってほしいことがある。

 それは、学力の一部しか測れない学力テストなのに、それを最大限重視する政策は、即刻やめてほしいということだ。このようなもので学校予算を決定しようとしたり、学校を序列化しようとしたりするのは、将来の国民をおかしくするもとだし、国の進路を誤る。

 だって、学習指導要領には、『生きる力』『自立への基礎を養う。』『人間として調和のとれた育成』『人間尊重の精神』『生命に対する畏敬の念』『平和的な国際社会に貢献し未来を拓く主体性のある日本人を育成』と立派なことが書いてあるのだもの。その方向で、素直にやってくれればいいのだ。

 みんな、ぺーパーテストでは測れないものばかりでしょう。



 わたしは、競争社会をむげに否定しようとは思わない。正しい競争なら大いにけっこうだ。

 すなわち、子どもの学ぶ意欲を盛り上げるための政策を最大限重視してほしい。学力低下以前に、今、問題なのは、学ぶ意欲の低下なのだ。
 だから、いかに子どもをやる気にさせるか、子どもの目を輝かせるか、そうした教育を保障する政策を大事にしてほしい。

 目を輝かせるような教材の発掘、いきいきとした授業の創造など、指導法の確立。そういった観点で学校を評価してほしいのだ。

 そのための学力テストなら賛成である。つまり、数ある評価法のなかの一つとしての学力テストの位置づけである。


 上記、あきらかになっている政策の方向性から、やってくれるのではないかと、期待をこめて述べたが、どうかな。淡い、淡い期待になってしまうかな。

 いや。そうはなってほしくはないな。しっかり見守っていきたい。


にほんブログ村 教育ブログへ

ninki



 『目の輝き』とは言っても、子どもの判断力を奪い、一方的に信じ込ませた上での、『目の輝き』というのではダメですよ。
 子どもを、学校生活の上での主体者とし、子どもの自立を促す方向での『目の輝き』でなければなりません。

 それでは、今日も、1クリックをどうぞ、よろしく。

rve83253 at 10:33│Comments(5)TrackBack(0)教育観 | 教育制度・政策

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yoko   2007年08月01日 17:30
政治の世界も混沌としていますね。
今回を機により良い方向へ向かう事を願うばかりです。
教育についても、学校の先生ばかりにまかせっきりにしないで、我が子が『目の輝き』を持てるよう考え実行していこうと思っています。
2. Posted by toshi   2007年08月01日 21:48
yokoさん
 学習指導要領には、『基礎・基本の定着』も書かれています。しかし、それはあくまで、『生き方の教育』と抱き合わせなのであり、教え込み、序列をきそうような反復訓練学習は、これと相容れないものというべきです。
 今の一部公教育は、明らかに異常です。テストのための指導など、もっての他でしょう。
3. Posted by yoko   2007年08月01日 22:29
そうですね。
テストの為に勉強するなんて…
テストはあくまで確認・反省の手段。
本来なぜ学ぶのかという趣旨から外れていますね。
教える側(国)がそれでは、豊かな心は育まれませんね。
4. Posted by hirarin   2007年08月02日 04:22
本来なら「教育問題」は今回の選挙の大きな争点になったはずなのですが、あんまり表には出ませんでした。
国民の皆さんは「教育法改正」で一段落したと思っているのでしょうかね。それともそれ以上の問題の方がやっぱり気になったのでしょうか。

だれのための教育か。
どんな子どもを育成すべきなのか。

お偉い方々には根本を考えた改革を実施して欲しいと思います。
5. Posted by toshi   2007年08月02日 15:16
hirarinさん
《それともそれ以上の問題の方がやっぱり気になったのでしょうか。》
 わたしもそうだと思います。ほんとうなら、憲法問題、教育問題など、安倍さんにとっての本命はあったのでしょう。彼にとっても、不本意な選挙になってしまったのではないでしょうか。
 国民にとっては、争点でなくなったのは、よかったのでしょうか。よくなかったのでしょうか。
 よくなる契機をなくしてしまったのか、これ以上おかしくなるのをとりあえず防いだのか、微妙ですね。

 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字