2007年08月19日

教科書問題を考える。4

c2469ca6.JPG 姪からのメールは前回で終わりにするはずだった。しかし、先の(1)(2)を読んだ後届いたメールが、また示唆に富んだものだった。それで、続けて記事にしたくなった。

 Aちゃん。ありがとう。

 一つは、教科書問題。もう一つは、フランスでは、小学校から飛び級、落第が当たり前のこととして行われているという問題だ。(いや。フランスでは、多分問題などとは思っていないだろうね。)
 そこで、今回は、『姪から届いたメール』と題するのではなく、テーマ別に記事を起こすことにした。その第一回目は、教科書問題である。


 いきなり、話は脇道にそれるが、わたしは、『教育なら、何でも外国がいい。』という立場をとるものではない。よくブログなどで、そんな感じのご意見を拝見するが、それなら、『何で外国はあんなに犯罪が多いのか。』と言いたくなる。

 ただし、外国の教育事情に、まったく関知せず、参考にもしないというのでは、これもまた、おかしいだろう。今の日本の学校事情、教育環境、政府の政策など、個別に見ていって、参考にすべきはするという態度も必要なのではないか。

 このことは本日の本論ではないので、このくらいにしておくが、しかし、姪からのメールを見ると、教科書の問題などは、指導法にも関係するし、どんな教育観をもてばいいかということにもかかわり、大いにとり入れたいと思った。



 それでは、この件に関する部分で、姪から届いたメールを紹介しよう。



 『先日、戦争学習についておもしろい記事を読みました。

 これは、確か、高校生向けの歴史教科書の1つだと思うのですが、ドイツとフランスの歴史家たち(両国から同数、十数人ずつ)が、第二次大戦でのさまざまな出来事について、ドイツ側とフランス側の双方の意見を用いて教科書を作成したそうです。ドイツ側とフランス側の意見がどうしても食い違う部分については、両方の意見をそのまま掲載し、生徒たちにそれを議論してもらうというものだそうです。

 こうすることにより、少しでも相手側の状況や意見を学ぶことができ、戦争において、自国は被害国というだけでなく、加害者であるということも学べる。とてもおもしろい興味深い試みだと思います。

 ま、でも、日本の場合、韓国や中国の歴史家たちと合同で教科書を作成するなんて、文科省が許さないでしょうが。』


 以上である。

 

 日本でも、歴史研究について、日・韓で、共同研究しようではないかという話は聞いたことがある。しかし、高校用教科書について、そういう動きはだぶんないと思う。



 これについて、わたしは、2つ、言いたいことがある。



 一つ目。 『教科書で教える。』のか、『教科書を教えるのか。』という問題だ。わたしたち学校現場のものにとっては、むかしから言われていることである。

 教員でない読者の皆さんは、この両者から、どういう教育を想像されるだろうか。『明らかに教育観が違うな。』と、想像されるだろうか。

 そう。前者にとっての教科書は、学ぶための手段である。それに対し、後者は、目的だよね。また、こうも言えよう。前者が多面的な見方を養うことが可能なのに対し、後者は、教科書こそが獲得すべき学習内容といった感じになるだろう。画一化にもつながる。

 わたしが、これまでも主張してきた、子ども主体の学習、子どもの思いに根ざした学習にふさわしいのは、おのずと前者ということになるだろう。


 これは、教科書採択の観点にもつながる。

 前者だと、

 ○子どもがいろいろ考えるきっかけを与えてくれる教科書は。
 ○考えるために有効な資料がいっぱい掲載されている教科書は。
 ○多様な見解を紹介している教科書は。

 それに対し、後者は、

 ○学習内容が豊富に記載されている教科書は。
 ○覚えやすくする工夫がなされている教科書は。
 ○自分の歴史観にマッチする教科書は。

となるだろう。きわめてパターン化してしまったのは申し訳ないが、論点を明確にしたいがためであり、ご了解いただきたい。


 さて、Aちゃんご指摘の、隣国との共同執筆、両論併記の前に、今の日本では、それが国内でもありはしないか。

 教科書論争と言われる。『正しい歴史観をどう記述するか。』それこそが大切とばかり、やり合っている。どちらも自分の歴史観が正しいと主張し、対立する歴史観を攻撃する。これはイデオロギーの対立と同じであり、決して分かり合うことはできない。

 しかし、どうだろう。先ほどのわたしの分類によれば、こうした論争の当事者は、どちらも、後者に属するのではないか。わたしに言わせれば、学ぶ主体である子どもがどっかへいってしまっている。子ども不在の論争なのである。不毛の論争だ。

 わたしはどちらにも言いたい。

「あなた方は、『自分の教科書を採択してくれれば、自分の歴史観にそった未来の日本人ができ上がる。』そう思っているでしょう。でも、残念ながら、子どもには子どもの思いがあり、そのようにはとてもいきません。子どもはもっとしたたかですよ。特に、『これが正しい歴史だ。』と教え込んでも、受験のことしか頭にない現体制では、〜。」

 そう。そう。上記、教科書採択の観点、後者には、もう一つ、付け加えなければいけないね。

 ○大学受験に有利な教科書は。


 この一つ目『子どものしたたかさ』の例示として、かつての拙ブログ記事を紹介したい。もっともわたしは小学校教員だったので、小学校の事例だけれどね。

  人権教育(9) 両性の違いは? 前半にある、『せっちゃん』の事例



 二つ目 フランスやドイツに学びたい。

 フランスとドイツは、二度の大戦で戦っただけではない。ずっとむかしから戦い合ったなかである。かつて、6年生の国語に、『最後の授業』と言う文学教材がのっていたが、ここでは、戦前、日本が韓国に対し行ったのと同じようなことが行われていた。

 今回、検索にかけていろいろ調べてみたが、長年にわたって教科書の共同執筆作業を進めてきたのだとのことだった。『意見がどうしても食い違う部分については、両方の意見をそのまま掲載し、〜』までは確認できなかったが、もし事実なら、すばらしいことではないか。

 まさにわたしが主張する、考える学習、多様性を認める学習が成立しそうだ。もう一つ。議論も活発に行われよう。まさに、子どもが学習の主人公であることを認め、楽しくいきいきとした学習を保障する教科書になるだろう。

 まずは、国内で対立しあうもの同士、やってみたらどうだろう。無理かな。



 最後に、言いたいことがある。

 子ども主体の学習。子どもの思いを大切にした学習は、ほぼ、人類融和と平等の精神に満ち、平和愛好の精神をもった大人への成長を保障していくだろう。

 まず、指導者が子どもを大切にしています。未分化かもしれないけれど、子どもを一人の人格をもった人として尊重しています。
 子どもの側にしてみれば、自由な意見表明が保障されています。抑圧されていません。授業のなかで、のびのびと自分らしさを発揮できます。


にほんブログ村 教育ブログへ

ninki



 繰り返しになり恐縮してしまいますが、どうも日本の学校、また、それを取り巻く環境としては、画一化、教え込みの文化から抜け出せないですね。

 教科書論争について、違った角度から、言及してみました。

 それでは、今日も、1クリックをぜひお願いします。

rve83253 at 17:43│Comments(10)TrackBack(0)教育観 | 指導観

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kei   2007年08月19日 20:59
toshi先生こんばんは。
「子ども主体の学習、子どもの思いを大切にした学習」目指したいと思っても、具体的な授業の姿がイメージできませんでした。教員になって17年目にやっと実際の目で見て納得ができました。(toshi先生の授業ももちろんです。)
 toshi先生のブログを読んでおられる方は、逐語記録からだいぶイメージがつかめるのでしょうけど、やはり実際に教室に入れていただき、生に授業をみせていただくことで、より分かり、納得できると思うのです。研究を広げたいと思う自分の大きな課題です。
2. Posted by 七星 来人   2007年08月19日 23:07
近隣諸国条項だったかな?で「中国・韓国を否定したり、非難する内容は教科書には書かない」ということが決められているということを聞いたことがあります。中国・韓国は日本の教科書に意見して書き換えや削除を請求できるというのです。それに対して、日本からは中国・韓国の教科書がいかに偏向していても訂正を請求できないとか…。
事実は確認していませんので、良くわかりませんが、靖国神社のことを考えると「あるかも?」と思えてしまいます。

ヨーロッパは戦争の歴史ですから、近隣でどのような教育が行われているか(排○教育が行われていないか)をチェックしているようです。
これは、教育を使って「排○教育」を行うとその効果が大きいということなのかもしれません。

追伸…「最後の授業」って文学であって歴史ではないですよね?確かそのような事実は無かったと聞いた記憶があります。
すべてがうろ覚えで申し訳ありません。
3. Posted by アメリカ・ニュージャージー州より   2007年08月19日 23:28
ヨーロッパは、やはり教育先進国かなという感じがします。
うちの大学生2人の娘は、アメリカの語学学校に1年間留学しました。
ここには、英語を話さない世界中の学生がいました。
主な授業は、ディベートなので、歴史観が大きく現れるのだそうです。
様子を聞いて見ると、「日本は公平な基準で幅広く知識を詰め込んでいる」ということです。
これは、良い意味と共に、自国に関係している近隣の国々については知らな過ぎるということでもあります。多くの国が、戦争体験のある国については、大きく時間を割いています。しかし、歪んだ教育も見受けられましたが、高等教育を受けた物は、ある時点でそれに気づくという事も体験しました。
4. Posted by toshi   2007年08月20日 05:49
keiさん
 わたし、『初任者のホームページ』では、授業記録も掲載しているし、拙ブログでは、初任者の授業も掲載しています。それでも、なかなかね。
 よい合唱指導をしようと思ったら、子どものすばらしい合唱を、なまでまず聴くことだそうです。当たり前と言えば当たり前。授業も同じですね。
 以前、静岡市の安東小学校の実践を掲載されていましたよね。また、keiさんもご自分の実践を日々、ブログに掲載されています。こうした地道な努力が大切ですね。わたしたちができることは、それしかないと思います。
 あと、考える学習で育った子が、どう成長していくか、それを記述する必要もあるでしょうね。やはり、かなり、その後の生き方に影響を与えているようですよ。
 記事本文に書きましたが、やっぱり、『子どもはしたたか』なのです。
 
5. Posted by toshi   2007年08月20日 06:01
七星来人さん
 わたし、今回記事にするに当たり、いろいろ検索にかけて調べたのですが、七星さんがおっしゃるようなことは、『最後の授業』以外は、確認できませんでした。なお、調べてみたいと思います。
 ただ、韓国とは、共同研究を進めてきたのですね。お互い非難、批判し合うことが多いのですが、分かり合える部分もあったようです。
 フランスとドイツは、30年間に亘る共同研究とありました。それに対し日韓はまだ、3年だそうです。今後に期待しましょう。
 『最後の授業』も、仏領、独領を戦争のたびに繰り返した地域があったこと、相手の言語を使用禁止にしたことは事実なようですよ。
 ただ、『フランス語への愛着』があの物語のようなものであったかという点については、創作のようです。わたしは、そう読み取りましたが、全然完璧とは思っていませんので、なお、教えてください。
6. Posted by toshi   2007年08月20日 06:19
アメリカ・ニュージャージー州より さんへ
 外国の教育事情について、またまた、貴重なコメントをいただきました。ありがとうございます。
 『主な授業は、ディベート』とのこと。
 わたしは、子どものときから、『自分の思い、考えを主張する。』とともに、『相手の意見にも耳を傾け、納得したらそれを受け入れる。』という柔軟さを養うことが大切と思うのです。
 《歪んだ教育も見受けられましたが、高等教育を受けた物は、ある時点でそれに気づくという事も体験しました。》
 そう。これも、子どものしたたかさを示す例ですよね。『ゆがんだ教育は、子どもによって淘汰される。』そうありたいですね。
7. Posted by uenishi   2007年08月20日 22:58
5 いつも楽しく読ませていただいています。

教科書の扱いに関するお話、感じ入ります。
教科書採択に関わる仕事もさせていただいたことがありますが、
まだまだ「教科書を教える」教師も多い中、悩むことも多すぎます。
8. Posted by 七星 来人   2007年08月21日 00:27
近隣諸国条項について
フリー百科事典『ウィキペディア』で近隣諸国条項を調べてみると、『日本国の教科用図書検定基準に定められている「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに国際理解と国際協調の見地から必要な配慮がされていること。」という規定』とあります。

問題点として「中国、韓国、北朝鮮の主観に基づく歴史観に迎合するような制度」という点が指摘されており、この条項に基づいて「教科書の書き直し」が外国から要求されています。

また、「中国、韓国、北朝鮮の教科書作成に関し同様の規定がない」ために、日本からそれらの国に対して教科書でどのような記述があったとしても(日本で認められていないような歴史観であっても)変更を求めることができないことになっています。
(続く)
9. Posted by 七星 来人   2007年08月21日 00:29
(続き)
前回のコメントの根拠はこの部分です。
否定するというより、「外国の歴史観(外国の主張)と食い違う部分は書けない」というのが正確かもしれません。

近代史は様々な問題が複雑に絡み合っており、(国益も絡んでいるので)なかなか統一した歴史観を作成するのが大変なようです。

ただ、この辺りの歴史は調べていくと様々な主張(片一方では有効な史料として登場しているものが、別のところでは無効であるとして登場しているなど)があり、奥深くて面白いですね。

また、いろいろと教えてくださいませ。よろしくお願いします。
10. Posted by toshi   2007年08月21日 09:17
uenishiさん
 中学校の先生方と話す機会がありました。
 中学校は、高校受験のこともあり、また、部活のこともあり、『教科書で教える。』と言っても、困難さがありますね。もっと授業に専念できる環境が望まれます。
 いつだったか、記事にしたこともあるのですが、教員一人ひとりの努力も大切ですが、それだけでは、なかなか解決しないのだと思います。
 また、ご意見をお聞かせください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字