2008年03月15日

あってはならないことがあるということは、1

54cfc4e8.JPG 現職校長の、大変な不祥事があった。逮捕にまで至るとは、もう開いた口がふさがらない。

 まったく信じられない。

 わたしも、拙ブログを、『校長』と銘打って運営している以上、読者の皆様に、お詫びしなければいけないなと思った。


 ニュースを見ると、その地域では、臨時の校長会を開催していた。部下の不祥事で招集をかけられるのは、まま、あることだが、校長自身が当事者ではね。何をかいわんやだ。


 我が地域においても、わたしの現職中、校長の不祥事がないわけではなかった。まあ、逮捕されるというものではなかったけれどね。


 そのときも、校長は全員集められた。そして、教育長より、綱紀粛正の話を聞くことになる。

 それだけではなかった。『自ら身を正せ。』ということだろう。『不祥事について、どう思うか。』ということで、全員の校長が、反省文(?)を書かせられた。自分がやったわけではないけれどね。連帯責任ということだっただろうか。

 教育委員会に対しても、少し腹が立った。『そういう人物を校長にしたのは、いったい誰なのだ。』と言いたかった。ちょっとぼかしたけれど、そういうことも書いた。



 今度の事件について、具体的にどういうことが言えるのか、それは、報道範囲でしか分からない。だから、一般的な言い方になってしまうが、その点は、あらかじめお断りしておきたい。



 その1

 校長というからには、校長になるまでの長い間、教職にあったはずで、そうであれば、人間的な面を含め、ある程度、教育委員会は、その人物を把握できていたと思う。たぶんだ。

 それなのに、校長にしてしまう、その責任は、教育委員会にもあるのではないか。

 今回の不祥事を起こした校長は、学校内の生徒の評判はよかったようで、それだと、『把握困難だったのかなあ。』そういう可能性もないことはないと思うが、しかし、やっぱりわたしは、教育委員会の責任も問いたいと思う。


 
 その2

 冒頭に述べた、『何をかいわんや。』の中身なのだが、

 教職という仕事は、他の仕事と際立って異なる点がある。それは、このような事件を起こせば、多感な時期の子どもの心に、多大な傷を与えてしまうということだ。永遠の傷と言ってもいいかもしれない。そう。心の問題だから、時効などはない。
 指導の前提となる信頼関係を無にするどころか、はかり知れないほどのマイナスをもたらすだろう。

 それまで信頼関係で結ばれていたとするなら、その絆が強ければ強いほど、受ける心の傷も大きいというものだ。

 
にほんブログ村 教育ブログへ

ninki



 わたしは、『聖職』などと言う気はありません。いつかも書きましたが、師弟同行です。

 『人間は弱い。』それはそうでしょう。

 でも、

 これもいつだったか書きましたが、その言葉は、まわりの人を受容するときに使いたいもの。自分自身に対しては、想像力を広げ、自らを律していきたいと思います。


 ああ。前記事で、教職を目指す、高校生のやす吉さんにエールを贈らせてもらったつもりなのに、その次にこういう記事を書かなければならないとは。

 ほんとうに、申し訳ありません。

rve83253 at 10:16│Comments(2)TrackBack(0)教育制度・政策 | エッセイ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YK   2008年03月16日 21:31
この場で書くのは筋違いだとは思いますが、、、ちょうど個性について議論しているときにこのニュースがあったので、さすがにガッカリしましたね。個性だの何だの語る大人が、自由に付随する責任の重さについて理解していない・・。そして、個人の犯罪ではあるものの、集団(教育委員会)の責任については、なかなか言及されない。個人も集団もレスポンシビリティについてどのくらい真剣に考えているのだろう、と思ってしまいました。しかし、この場合、現場の責任者である校長の不祥事であるから、任免の権限のある人間が何らかの責任を取るのが筋ではないだろうか。民間と同じ視点で考えるべきではないとは思いますが・・。
2. Posted by toshi   2008年03月17日 21:05
YKさん
 いくらなんでも、犯罪を個性というわけにはいきませんよね。ほんとうにひどい話です。
 新採用なら、『分からなかった。』も、ある程度理解できますが、校長ではね。教育委員会も申し開きできないという思いです。
 ほんとうに、短絡的、感情的で、理性がないというか、いろいろなことに思いが至らないという、それが、校長にまで及んできたかという、何とも言いようのない、さびしい気持ちになっています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字