2009年01月01日

初詣4

97f8d11c.JPG あけまして、おめでとうございます。

 本年もよろしくお願い申し上げます。


 ブログを始めてから、4回目のお正月を迎えることができました。

 これもひとえに、皆様のご支援のおかげと、厚く感謝申し上げます。


 
 さて、今年も、妻と初詣に出かけた。

 家から歩いて20分くらい。

 
 途中、幼なじみと出会った。かわいいお孫さんを連れていた。

 型どおりの年始の挨拶をかわしたが、お孫さん、『この人だあれ。』と言いたそうな表情で、わたしたちを見つめていた。


 そう言えば、今も、この地域にいる幼なじみは、この人だけになってしまった。


 思えば、この初詣も、むかしとはずいぶん様変わりしたものだと思う。


 わたしが覚えているのは、


 傷痍軍人が大勢、白衣を着て、アコーディオンを弾きながら、立っていたっけ。

 進駐軍兵士お目当ての、けばけばしい服を売るお店が並んでいた。

 初詣であっても、やはり、戦争の傷跡は残していた。


 今のように行列をつくり、何十分も待つというほどではなかったが、やはりすごい混雑だった。

 また、今のような高層ビル群はなかったから、小高い丘の神宮からは、けっこう遠くまで街が見通せた。


 そうしたなかで、神宮のたたずまい、玉砂利の音などは、むかしと同じ趣を残している。


 むかし、こうした初詣の習慣は若い人を中心に、だんだんすたれていくだろうと思っていたが、どうして、どうして、今のほうが逆ににぎやかだ。


 単なるお正月の習慣に過ぎないのか、

 それとも、お願い事があって、それをかなえてほしいという気持ちが強いのか、

 それは分からないが、

 まあ、わたしは、前者かな。お天気が悪ければいかないしな。


 でも、初詣に行くか行かないかは別として、夫婦二人暮らしとなり、ブログを書くのが生きがいとなった今は、

 やはり、日本という国への願いは、ますます強まる。


 子どもが幸せで、充実した生活が送れて、ほんとうにいい教育が行われる、そんな日本となることへの願いだ。


 そのために、わたしの力などつたないものだけれど、拙ブログが、少しでもお役に立てますように。

 そんな気持ちで手をあわせた。


にほんブログ村 教育ブログへ

ninki



 ほんとうにおだやかないい日和でした。今日一日、とても幸せな気持ちになれました。

 よし、今年もやるぞ。

 そんな思いになりました。

 今年もまた、昨年までと同様、拙ブログをよろしくお願いします。 

rve83253 at 23:58│Comments(4)TrackBack(0)エッセイ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たけや   2009年01月03日 07:53
おめでとうございます。

> 子どもが幸せで、充実した生活が送れて、ほんとうにいい教育が行われる、そんな日本となることへの願いだ。

本当にそうですね。私も少しでもその役に立てるようにがんばりたいと思います。
2. Posted by toshi   2009年01月03日 12:11
たけやさん
 おめでとうございます。こちらこそ、本年もよろしくお願いします。
 今は、ちょっと危機感があります。あくまで現場にいるものとしての声を発信していきたいと思います。
3. Posted by Fumi in Bahrain   2009年01月03日 13:36
明けましておめでとうございます。
昨年同様、今年も「うん、うん」と、このブログから勉強させて頂きますね。
今年は転勤です。10年も日本にいないと、母国が恋しくなってきました。次は日本に近いアジアに勤務しようと思っています。

また行き先が決まり次第報告させていただきます。
今年もよろしくお願いします。
4. Posted by toshi   2009年01月04日 07:22
Fumiさん
 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく。
 もうすごいですね。
 世界に雄飛されるFumiさん。ご活躍を祈念しております。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字