2011年03月11日

地震のお見舞い、ありがとうございました。

 読者の方から、地震のお見舞いメールをいただきました。どうもありがとうございます。

 さいわい、家族も家も無事です。ご報告させていただきます。


 わたしは非常勤ですので、地震発生時は、帰路についたところでした。ちょうど信号待ちしていたときでした。まるで大波にもまれる船に乗っているかのようでした。

 だいぶ長くゆれていました。おさまるかと思うとまたひどくなり、それを繰り返すといったように、これまで経験したことのないゆれでした。

 学校にはまだ多くの子どもがいる時間でしたから、心配ではあるのですが、連絡がとれない状態が続いています。今のところテレビなどの情報にたよっている状態です。やはり心配です。

 娘2人の家族は、車で1時間のところに住んでいますが、つい先ほど、やっと連絡がとれ、どちらも無事でいることが分かりました。

 孫たちは、ほんとうにこわい思いをしたようです。


 家で報道をみると、被災地域があまりにも広範囲にわたっていることに驚かされます。また、津波に襲われた地域や火災に見舞われている地域の映像をみるにつけ、その凄惨さにただただ驚愕の思いです。

 余震も我が地域ではどうやらおさまったようです。とりあえず、無事であることをお知らせするとともに、罹災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。



rve83253 at 23:08│Comments(0)TrackBack(0)災害 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字