2013年09月15日

祝 ライブドアブログ開設10周年 〜ヒストリービューに感激〜

IMG_0295 (1)
 思いがけずライブドアからメールをいただいた。何だろうと思って開くと、この11月でライブドアブログは10周年を迎えるのだそうな。それでさまざまな企画を実施されていることが分かった。

 そのなかの一つに、ヒストリービューなるものがあった。それはもうすでにでき上がっていて・・・、いやあ、もうほんとうに驚いた。すごいサービスだ。そこには、
 特別な機能追加をしましたのでお知らせします。あなたのブログ記事が、書き始めから現在の記事まで一気に眺められる「HISTORY VIEW」という機能を追加しました。忘れかけていた思い出、書き続けてきた気持ちの変化など、様々な思いのつまったあなたのブログを、是非HISTORY VIEWでご覧ください。
とあった。

 さっそく開いてみる。次のような画像が現れ、我が目を圧倒した。そこには各記事のタイトルとともに、なつかしの写真が満載されていた。

histryvew[1]


 我がブログがよみがえったような気がした。縦軸には月が。横軸には年が。そして、その中に我がブログ記事が一覧になっている。

 そうか。こういうものなら、むかしからご愛読賜っている方々にも、ぜひご覧いただければありがたいな。もしかしたら、思いを共有してくださるかもしれない。

 そこで、さっそくこのヒストリービューにリンクさせていただくことにした。同画像をクリックしていただければ出るようにしたので、どうかよろしくお願いしたい。

 まずは、

〇写真を多用してよかったなと想った。そのときどきの子どもが一望のもとに見られるし、それにまつわるさまざまな思い出がそのときの初任者とともによみがえってくる。たとえば、
「Aさんはクラスを引っ張っていく存在だったなあ。ときどきトラブルもあったけれど。」とか、
「Bさんはちょっとしたしぐさがかわいらしかったなあ。そして、誰からも好かれていたっけ。」とか、
「このクラスはよくまとまっていたなあ。男女の仲も良かったっけ。男の中に女一人とか、女の中に男一人とか、そういうことがあっても、そうなっていることに気づかないくらい、仲良しだった。」とか、
「C先生は最初ずいぶん悩まれていたけれど、後半は自信がついてきたようでいい学級経営をされていた。」
など、次から次へと思い出される。

〇わたしのブログも、ずいぶん長くなったな。2005年からだから、あしかけ9年、正味でもこの12月で8年になる。つい先日も書いたように思うが、始めたときに掲載した小2の子どもは今高1になっているわけだし、本ブログのタイトルに使用させていただいている似顔絵は、ブログ開始時小5だった子が描いてくれたものだが、その子はなんと今、大学1年生になっているわけだ。

 あらためて、月日の経過の早さに、驚いてしまう。もっとも逆の想いもあり、現職の思い出など、もう遠いむかしと思うこともある。

〇ヒストリービューの紹介文にもあるように、《書き続けてきた気持ちの変化》は、わたしにもある。

 当初は、エピソード的で、お気軽な記事が多かったのではないか。だから、入稿も頻繁だった。しかし、だんだん論評的なものがふえたように思う。入稿が少なくなったのは、ヒストリービューをのぞいても一目瞭然だ。月ごとにスクロールするまでもなく、近年はすぐ記事がなくなってしまう。

 これには別な理由もある。

 初任者指導は、一昨年をもって一応の区切りとなったようだ。昨年は事実上の学級担任だったし、今年は社会科専科を仰せつかっているものね。リアルにおいて教壇に立っていることが、少なくなった最大の理由のように思う。

 また、思いの変化もある。

 一番思い出すのは、東京都が先鞭をつけた《学校選択制》の評価だ。

 当初わたしは、これに前向きの見解を述べていた。しかしそれは、理念に走り過ぎていた。理想通りにはいかない現実の前に、わたしの思いは変わった。くわしくは過去記事にリンクさせていただこう。

    リンク先記事《東京の公教育が心配!?》の後半 4枚目の写真のすぐ下です。

〇さて、次は、読者の皆さんにとってのメリットと思われる点だが、わたしのブログは過去記事がよく読まれているようだ。一番は、検索によってたどり着くのだろう。
 かつて後輩から言われたことがある。
「すごいですよ。toshi先生のブログは。
 何か調べようと思って検索しますよね。そうすると、『あっ。また、toshi先生のブログが出た。』って思うことが多いのです。」

 様々な過去記事の探し方があるだろうが、これまでは、
・ブログのカテゴリーから、
・わたしが作成している目次から、
・たまには入稿の年・月からさがしてくださる方もいらっしゃるようだが・・・、
 今回のヒストリービューはそれがさらにもう一つ、加わった感じだ。

〇このヒストリービューの余白から思ったことがある。なんと、これからまだ10年分以上入りそうだ。

 すごいね。そんなに続けられるだろうか。

 いや。続けたい。体と気力の続く限り続けさせていただきたい。東京オリンピックも決まったことだしね。

 にほんブログ村 教育ブログへ

 ninki


〇余談ですが、ときどきは、孫の写真も掲載させていただいています。

 一番むかしのものは・・・、そう。そう。このヒストリービューは、そんなさがし方も簡単ですね。

 すみません。まったくの私事ですが、リンクさせてください。

     安心して暮らせる学級(2)

〇冒頭の写真は、季節外れですね。桜が満開ですもの。お祝い事なので使わせてもらいました。

 この写真はわたしのものではありません。わたしが通っているパソコン教室の、ある生徒さんのものです。
「どなたかは知りませんが、載せていただけるのですか。それは、それは、とてもうれしいです。」
とおっしゃっていらしたとのことでした。

 半年遅れとなってしまいましたが、今、ここで、掲載させていただきました。どうもありがとうございました。       

rve83253 at 17:43│Comments(0)TrackBack(0)ブログ、ネット | エッセイ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字