2006年03月21日

偶然の出会い5

91d9dcc6.JPG 本ブログとリンクでつながっている『HAPPY LIFE』のkfujita先生とおっしゃる方がいらっしゃる。今、1年間、大学で学んでいらっしゃるようだ。

 わたしはもちろんなのだが、kfujita先生も、わたしのことは知らなかったようだ。知らないもの同士が、ブログのうえで、知り合いになった。

 ところが、奇跡だ。kfujita先生のお知りあいA先生が、わたしの現在勤務している学校にいたのだ。世間て、せまいものだなあ。

 ある日、A先生から、そのことを教えられた。
 それでも、コメントのやりとりは、これまでと同じ調子でやっていた。

 しばらくたってから、とんとん拍子に話が進み、わたしの初任者指導しているところを参観してくださることになった。

 
 このたび、そのkfujita先生のブログに、その日のことが記事として登場した。

 タイトルは、あまりにもサプライズな出来事 〜toshi先生にお会いした〜

 身にあまる記事で、大変恐縮している。

 
 その日、わたしは、5年生の初任者のクラスで、道徳の授業をさせていただいた。

 子どもたちは、思った以上に挙手し、すばらしい意見を述べてくれた。自分でも、中身の濃い充実した授業ができたと思う。うれしかった。
 もちろん、発表力あるクラスを作った初任者の功績は大きい。わたしはたまに授業をやるだけのことなのだから。


 そこで、今日は、わたしの記事はこのくらいにして、kfujita先生のブログへと、ご案内させていただこう。

 あっ。その前にお願いがありました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 今日もご覧いただき、ありがとうございました。どうか、1クリックを、よろしくお願いします。


人気blogランキングへ
 
こちらも、お願いできますか。

 それでは、
 あまりにもサプライズな出来事 〜toshi先生にお会いした〜


rve83253 at 02:32│Comments(2)TrackBack(0)授業 | エッセイ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kei   2006年03月21日 07:29
 toshi先生の初任者研修を見せていただいたことは今年の研修の「ごほうび」のように思いました。本当にこの奇跡に感謝です。最初、仲立ちになった先生から連絡をいただいた時に、心臓が飛び出るくらい驚きました。こんな偶然てあるんでしょうか。
 現場に戻ったら、もう授業を見せていただくチャンスはないと思っていたので、本当に場を設定していただいて感謝しています。
 toshi先生と、お二人の初任者の先生方の絆ももちろん感じました。指導される時に、よさを認めながらも注意していかなくてはならない事実もきちんとお話されていました。
 そして何よりtoshi先生自らが師範授業をされて、その姿で「子どもと創りあげる授業」を見せて下さったことがとても勉強になりました。ありがとうございました。
 報告書も出来上がりましたらお送りしますので、今後も末永くご指導ください。そして、お二人の先生にもよろしくお伝えください。

2. Posted by toshi   2006年03月22日 06:13
kei先生
 さっそくコメントをいただき、ありがとうございました。
 大変光栄です。
 記事にも書きましたが、わたしも、奇跡と思い、また、こういう機会を与えてくださった、勤務校の校長先生にも感謝しました。
 4月から、現場に戻られるわけですが、大いなる成果を上げられますよう、祈念しています。
 もう一つ。体調はいかがですか。早くよくなりますよう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字