2006年07月06日

おめでとうございます。5

3f3d729a.JPG たくさんのブログが、日本ブログ村のランキングに参加している。わたしも、多くの方にお読みいただければありがたいと思い、参加している。

 そのなかの教育ブログ。『日本の教育は、これでよいのかな』が、今回、1位になられた。心から、『おめでとうございます。』を申し上げる。

 このブログに対しては、2月上旬、格別の思いがあった。


 最初の舞台は、『陰山学級物語掲示板』だ。あの、百マス計算で有名な、陰山英男さんの掲示板である。

 ここで、これも、教育ブログで人気を博している、『道草学習のすすめ』のこだまさんが、果敢に論戦を挑まれた。

 わたしも、『陰山学級物語掲示板』に、当時の記事のなかでリンクさせたが、今は、もう、当時の面影は跡形もない。

 わたしは、こだまさんの論調に全面支持の論調を、当掲示板に寄せた。ところが、何らかの事故により、わたしの投稿記事は、翌日にはもう消されたのである。

 これが物議をかもした。公立学校の元校長の投稿だから、意図的に消されたのではないかなどというコメントもあった。

 それはともかく、わたしとしては、保存していなかっただけに、また、消された反響があまりに大きかっただけに、跡形もなく、なくなってしまったことに、とても残念な気がした。


 そのときである。なんと、教育ブログ1位の、『日本の教育は、これでよいのかな』の今日さんが、わたしのそのコメントを保存してくださっていた。ただただありがたく、うれしかった。

 今、あらためて、今日さんのその記事にリンクさせていただこうと思う。また、道草学習のすすめ2月3日にも掲載されているので、それもリンクさせてください。

 人の心の温かさと、ブログの良さを強く感じたものだった。

 今日さん。繰り返し申し上げます。1位。おめでとうございます。そして、末永くよろしくお願いします。


にほんブログ村 教育ブログへ


 今日さんの、『日本の教育は、これでよいのかな』と、1位を争うかたちとなっています。どちらにも、そして、『道草学習のすすめ』にも、清き1クリックをお願いできればと思います。

 
人気blog ランキングへ
 
 こちらも、お願いできますか。


rve83253 at 22:22│Comments(5)TrackBack(0)教育観 | むかし

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 今日   2006年07月08日 08:38
このような形で、ご紹介受けますと、その責任の大きさを痛感、致します。

パソコン不慣れでブログ始めて1年。

何とか、最低の操作は、できるようになりました。
この操作が、子どもの教育のあり方を考える資料にもなりました。

ある仲間が、
「その歳で、ブログ?」
と心配してくれました。
でも、ここまできました。

このブログでは、こだまさんの主張に、人間の生きるべき道を感じて、大変、力を戴きました。

それは、僕が、その時まで、大事にして、実践してきた教育が、否定されるような風潮(ドリル中心主義)が学校の中に多く起こっていたからでした。

その事に対して、こだまさんは、良心をかけて、堂々と、このブログで、批判していました。
本当に励まされました。

その中で、陰山さんの掲示板に本ブログの『教育の窓・ある退職校長の想い』さんの意見が、登場してきました。





2. Posted by 今日   2006年07月08日 08:41
(続きです)

陰山さん批判でした。
これは、さすがでした。
校長らしく総合的な批判でした。
この批判の内容は、誰からも同意を得られるものでした。
それから、数ヶ月、『教育の窓・ある退職校長の想い』さんは、このブログでも、ご活躍です。
校長とは、責任がある仕事です。

ところが、最近、東京では、多くの校長の非教育的な言動が、耳に入り、僕は、心を暗くしています。
僕が新卒の頃は、このようなことはありませんでした。

そういう中で、教育を国民のためにと頑張っていらっしゃる『教育の窓・ある退職校長の想い』さんにこのように書かれますと、
心の落ち着きをなくします。

責任の大きさを感じているのです。

でも、これまで通り、自分のやり方で、生きていきます。
その道しか、ありませんから。

よろしくお願い致します。
3. Posted by toshi   2006年07月08日 18:24
今日さん
 なにか、今日さんに、ご迷惑をかけてしまったようで、申し訳ありませんでした。
 わたしも、パソコン不慣れ。一緒です。今も、パソコン教室に通いながらのブログです。
 おかげさまで、ホームページ開設からは、約1年になりますが、自分でもかなり、分かってきたなという思いがしています。
 ブログの良さを改めて、また感じています。
 ほんとうに皆さん、個性豊かですよね。それぞれが、文体、主張する内容、ユニークだなと思います。たぶん、見知らぬ者同士なので、それぞれが、自分らしさをふんだんに発揮しているからだろうと思います。
 そう。ですから、これまで通り、ご自分のやり方でいいのではないでしょうか。それを皆さんも期待されていると思います。
 そして、道草学習のすすめのこだまさんはじめ、みんなで互いに連携し合いながら、日本の教育を原点から考え直す、そんなブログにできたらいいなと思っています。
4. Posted by こだま   2006年07月09日 02:08
Toshi先生、こんばんは!

「陰山学級掲示板」の時は、いろいろと励まして頂きまして、ありがとうございました。あれから、少ししか時間が経っていないのに、なぜか遠い出来事のような感じがしています。相変わらず、学校に対する批判的な記事を書いていますけど、Toshi先生でしたら真意をくみ取って頂けるので嬉しく思っています。これからもよろしくお願いします。

今日先生へ

ランキング1位おめでとうございます!

私もなぜか今3位になりました。同じ方向での仲間が3人、ベスト3に入ったようです。これは何か示唆しているようでもあり、大変嬉しく思っています。

本来の教育が子どものために正常に行われるよう頑張っていきましょう。
5. Posted by toshi   2006年07月09日 13:48
こだまさん
 ほんとうですね。わたしも、日々こうしてブログをやらせてもらっているせいか、わずか半年前のことでも、すごくむかしの出来事という感じがしています。
 「学校批判」については、全国的に見ると、こだまさんがご批判されるような実態があるということ。よく承知しています。
 旧態依然たる、学ぼうとする子どもの気持ちを少しも考えない、そういう指導(?)がまかり通っている現状を、嘆かわしく思う次第です。
 わたしはわたしのやり方で、こうした現状を何とか打開すべく、これからも、がんばっていきたいと思います。
 ランキングも、励みとしていきましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字