2006年07月11日

四角い建物ばかりだもん5

8a4322e6.JPG 今日の記事は、単なるエッセイに過ぎないことを、まずお断りしておきたい。

 今、4年生の初任者担任の一クラスは、『白いぼうし』(国語)の授業を進めている。授業の様子は、姉妹ブログの「小学校初任者のブログ」に掲載したので、それをご覧いただければありがたい。

 
 このお話には、女の子に化けたちょうが、
「道に迷ったの。行っても行っても、四角い建物ばかりだもん。」
と言うくだりがある。

 学級担任時代、初めて、この話を教材としたとき、わたしは、このくだりが、えらく気に入った。

 と言うのは。・・・。そう。自然界に四角いものって、まず、ないのだよね。・・・。ないと思う。

 丸いものなら、太陽でしょう。お月様でしょう。シャボン玉でしょう。花火でしょう。・・・。あらら。自然界のものとは言えないものまで、入っちゃったね。
 そう。そう。虹が、まん丸に見えることもあるよね。

 だから、ちょうちょうさん。行けども行けども、四角い建物ばかりでは、こまってしまったと思うのだ。心細かっただろうし、早く仲間と会いたかっただろうし、このまま飛び続けたのでは死んでしまうと、恐怖心にも駆られただろうし、・・・、人間にとっては快適な環境も、自然に生きる生物にとっては、大変過ごくな環境なわけだ。


 ところが、今の時期、教室には、よく、飛び込んでくるのだ。ちょうちょうや、とんぼや、・・・、そう。そう。蜂などが迷い込んでくると、教室はもう大騒ぎ。授業どころではなくなる。

 こういうとき、担任はあわてないことだ。窓をすべて全開にし、ストッパーがかかっていても、上のドアを全開すれば大丈夫だ。その上で、電気を消す。

 すると、だいたい遅くとも30秒から1分くらいで、外へ飛び出す。

 子どもたちは感動の面持ち。
「うわあ。Toshi先生。すごい。」
拍手をしてくれることもある。

 わたしは、このお話の『松井さん』の気分になり、飛び出したちょうやとんぼに向かって、『よかったね。』と心の中で言う。
 もっとも、蜂が飛び出したときは、これはもう、子どもたちに向かって、『よかったね。』と言ってやる。

 悲惨なのは、体育館へ迷い込んだ小鳥だ。これはもうパニックになっているのがよく分かる。ガラスなどがあれば、それに激突する。そして、窓を全開にしても、なかなか出られないのだ。

 外へ出られたら、これはもう、ほっとする。とても、『よかったね。』くらいの気持ちではない。胸をなで下ろす感じだ。


 ああ。わたしたち人類は、地球の歴史の上では、生物として、はるかな後輩なのに、大変な迷惑を自然界の生物に与えてしまっているのだね。


 余談。

 こうして迷い込んでくる虫たちは、その世界での、「問題行動の多い虫」なのだそうだ。模範的行動の虫は、決してこんなところに入り込んだりはしない。

 しかし、虫を進化させるのは、こういう虫なのだそうだ。環境に順応している生き物は、進化という側面では、何の役割も果たすことはできない。(そう言い切ってしまっていいのかな。)


にほんブログ村 教育ブログへ

 今日は軽い話題にしてみました。いかがだったでしょう。今日も、1クリック、お願いできますか。

 
人気blog ランキングへ
 
 こちらも、よろしく。



rve83253 at 07:58│Comments(4)TrackBack(0)エッセイ | 自己啓発

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by lunar_cat   2006年07月12日 22:02
おひさしぶりです。こんばんは。
昨日,一番乗りでコメントをつけたと思ったのですが,うまく反映されていないようです。

試しにコメントさせてください。
2. Posted by くるみ   2006年07月13日 08:23
四角い建物ばかり・・・ため息交じりのちょうの女の子の気持ち、よくわかります。

その建物に迷い込む虫や鳥は、もしかすると、「挑戦者」なのかもしれないなあと感じました。

3. Posted by toshi   2006年07月14日 14:49
lunar_cat さん
 どうも、最近は、うまくいかないケースがあるようで、ご迷惑をおかけしています。
 再度コメントをいただけたら、うれしく思います。
4. Posted by toshi   2006年07月14日 14:52
  くるみさん
 今日は、小鳥が舞い込んできました。飛べなくなってしまいました。
 職員室の皆で世話をしたら、今はけっこう元気になり、もうすぐ飛べそうです。
 子どもも職員室に入ってきて、「うわあ。かわいい。」「さわっていい。」「それはだめよ。親鳥が面倒を見なくなるから。」など、にぎやかです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字