2006年09月23日

定  見(3) 東京地裁判決に関わって4

4c1d9de5.JPG 今日は、国も案外、いいことをしているかもしれないということを書く。

 しかし、ほんとうにいいことをしているのかどうかは分からない。何しろ無定見なのだから。
 
 昨日は、このことにかかわって、興味のあるニュースが流れた。このことを軸として、最初はちょっと理想論に走るかもしれないが、わたしの率直な思いを書いてみたい。


 一昨日、東京地裁は、日の丸・君が代の強要(?)を違憲とする判決を下した。教員が原告であることもあり、わたしは興味を持ってこのニュースを聞いた。

 わたしは基本的には、この判決には異を唱えたいが、そのことは後日にゆずる。


 今は、国が進めている施策と、この判決との関連を軸に、国の施策を論じていきたい。


 すでに記事にしたことがあるが、国は、学校評議員制度なるものをおし進めている。
 まだお読みでなかったら、それをお読みいただいたうえで、先へ読み進めていただけたらありがたい。

 リンクさせた記事、『学校民営化?』(もっともこの表記は、この記事以後、物議をかもした。そこで、今、わたしは、『学校、第三の民主化』と言っている。)と重なるが、
 現在、我が地域では、国の言う学校評議員制度を一歩進め、『学校長は、地域、保護者の承認を得て、学校運営を行う。』というモデル校を数校作っている。

 また、国は、裁判員制度なるものも、平成21年までに実施する運びとしている。

 
 この両者を併せ考えると、以下のことが言えるのではないか。


 国は、学校評議員制度をすでにとり入れている。地域・保護者の声を無視した学校運営は、成り立たなくなっているのだ。

 今回の判決になぞらえれば、
 各学校の卒業式に日の丸(国旗)を掲げ、君が代(国歌)を歌うかどうかを決めるのは、学校評議委員会ということになる。つまり、国でもない。まして地方公共団体でもない。また、教職員でもない。
 それでは誰か。それは、まさに、地域住民、保護者、すなわち市民が決めるのである。学校ごとに。


 さあ、読者の皆さんから、異論がでるだろう。

 『そんなことを言っても、国が決めたことについて、市民が異論を唱えること、まして、それが、国旗、国歌法制化がなされた後で可能か。』

 それは、事柄によってということはあるにしても、可能ではないか。だって、今回、東京地裁が違憲判決をだしたのだから。

 まして、裁判員制度なるものは、裁判官とともに、市民も加わって判決を下すのである。二重に市民のチェック機能が働くと言えないか。

 またまた、読者から異論が。

 『裁判員制度は、刑事事件だけですよ。』

 それはそうだが、・・・、市民が決定権を有するという機運は、その後、さらに盛り上がっていくだろうと考える。


 
 さて、これまで述べてきたことは、理想論に走り過ぎたかもしれない。


 しかし、以下述べることは、現実論である。

 それは、通知表のあり方、教育課程の問題、学校行事のとり入れ方、教員人事への要望など、従来から学校が決めていたものについては、これはもう、地域・住民が決定、あるいは、関与するところとなる。

 ただ、国が周知徹底を図っているか、マスコミはとり上げているか、学校は説明しているか、国民の意識の問題はどうかなどがあり、現状では、地域による温度差は、かなりのものがあるようだ。

 学校評議員制度など、まだ、何も知らない国民の方が多いのではなかろうか。

 国民意識の高揚を図っていきたいものである。民主主義の世の中なのだもの。
 

 最後に述べたい。

 国民主権、また、学校ごとで言えば、地域の住民主権ということだが、

 市民、地域住民が、受験教育を標榜すれば、そうなっていくということだ。
 
 教育ブログの果たすべき役割は大きくなっていく。心に留めたい。


にほんブログ村 教育ブログへ

 前にもふれましたが、これからの時代、学校の果たすべき役割は、説明責任を果たすということです。ですから、今回、違憲判決をかち取った(?)教員にしても、なぜ起立し歌わないのかの説明を、市民に対し果たさなければいけないことになります。(将来的には地域・保護者の承認を得るということになるでしょう。)
 そういう意味で、わたしが日ごろ主張する指導法、教育課程、心の教育の問題など、あるべき教育の姿を、しっかり語っていきたいと思います。
 今後とも、市民の皆さんとともに、このブログを通し、おおいに語っていきましょう。

 それでは、今日も、1クリック、お願いします。

人気blog ランキングへ
 
こちらも、どうぞ、よろしく。

   (4)へ続く。 


rve83253 at 01:51│Comments(9)TrackBack(0)学校、第三の民主化 | 教育制度・政策

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by POOHママ   2006年09月23日 13:37
お久しぶりです。

画期的な判決で、聞き間違いかと思って程です。
(帰宅途中のラジオできいたので)

でも
知事や校長の職務命令より、
憲法が勝る
という例の一つにしか
過ぎないのかも
とも思いました。

学校評議員制度については、
まだ勉強不足ですが、
良くも悪くも、
恐ろしい制度だと思います。
つまり、
第二のヒトラー(地域内での)が
可能な制度である
という意味で。
そうならないための
多くのフィルターが必要かなと。
2. Posted by くるみ   2006年09月23日 14:11
toshi先生、次々に深く広いお考えのもとの記事、有難く拝読しました。

特に今回は、裁判員制度や学校評議員制度という始まっている市民自治社会にむけての理解を深めることができました。

自分の立場で意見や考えを持つ。
そして、自分と違う立場の意見や考えを聞く。
その上でどうするか?

意見が違う。
考えが違う
立場が違う。

これは当たりまえ。
これが大前提で、上も下もなく互いをぶつけ合って
納得のいく方向性を見出す。

これが真の成熟した市民社会と理解しています。

理想論かもしれませんね。難しい事です。

でも、この想い、抱き続けていきたい、強く感じています。

私の周りには、幸いな事に実際にこの理想に向けて少しずつでも前進する方々がいます。

家庭にいても、働いていても、子どもでも、大人でも市民として誇りを持ちたい、そう思いました。
3. Posted by toshi   2006年09月23日 16:47
POOHママさん
 今回の判決が、画期的か否かは、人それぞれの思いですから、尊重したいと思います。
 しかし、学校評議員制度が、『第二のヒトラー(地域内の)が可能な制度』というのにはびっくりしました。
 主権者は国でもない、教員でもない、地域住民、保護者であるという、民主主義の、それこそ画期的な制度と思っていましたからね。
 いろいろ考えてみました。
 ことによったら、『地域ボスのような人が牛耳る恐れ』ということでしょか。
 そうでしたら、やはり地域住民がそれを許さないという自覚が必要でしょうね。かわいい子どものためですから、がんばるのではないでしょうか。
 
4. Posted by toshi   2006年09月23日 16:47
わたしが現職のとき、この制度はスタートしたのですが、
 わたしは、これぞ、真の民主主義に向かうものと感じ、モデル校になりました。
 信頼の教育をモットーに、地域住民、保護者に対し、本校教職員はよく説明責任を果たしてくれましたよ。
 大丈夫ではないでしょうか。
5. Posted by toshi   2006年09月23日 17:01
くるみさん
 そう。今回言いたかったことは、『真の成熟した市民自治社会』形成への道程にあるということだったのです。端的にいい言葉でくくっていただいたと思います。ありがとうございました。
 わたしも今の日本の市民社会を信頼しています。
ただし、何度も言うようで恐縮ですが、二極化社会でもありますから、そこは、18日の記事に書かせていただいた、『包み込む愛』を大切にしていきたいですね。
 POOHママさんへのコメントでも書かせていただいたとおり、わたしの学校は、わたしの定年間近、学校評議委員会を持つモデル校でした。今度、その実践を記事にさせていただこうと思いました。
 よろしくお願いします。
6. Posted by くるみ   2006年09月23日 21:21
余裕のないコメントで申し訳ありません。
自分が頑張るので精一杯、という情けない日々です。

でも、「包み込む愛」についても、自分はどうしたらいいのか考えて少しずつ実行しているつもりです。それでよいのか、自信はありませんが・・・。

toshi先生のブログ、仲間との連携を通じて勉強しています。

実践なさったこと、またお聞かせくださるとのこと、楽しみにしています。
7. Posted by toshi   2006年09月24日 15:13
くるみさん
 無理なさらないでくださいね。心をリラックスさせることも大切です。(ごめんなさい。釈迦に説法で。)
 わたしもブログに向かうときは、結構真剣に書いていますが、ふだんはなかなかうまくいかないことが多々あります。
『あっ。いけない。しまったあ。』と、心の中でべろを出す感じです。
 初任者に対しても、『なんか先生に向かって言っているようで、これは自分に言い聞かせている言葉だな。』などと言うこともあります。
 理屈では分かっていても、実践となると、また、別ですね。
 そんな思いを持ちながら、でも、がんばっているといったところです。
8. Posted by POOHママ   2006年09月25日 21:38
いつも言葉足らずですみません。

>『地域ボスのような人が牛耳る恐れ』
はい、そのとおりです。

学校評議員になるひとが
本当に「子どものため」
「未来の地域のため」を優先して
考えているかは、???
単純に、学校の経理が
妥当であるかだけを判断するために
学校評議員になる人もいるのでは?
これは
評議員の選出方法に問題があるのでしょうね。
モデル校は心配ないでしょうが。

また、学校評議員の過半数が、
流行ばかりを追いかけて
教育の真理を見失ってしまったら?

そういった意味で、
学校評議員制度が、
万全ではなく、
むしろ危険性もひそんでいるといいたい。

裁判員制度も同じく、
裁判員はランダムに抽出されるから、
良識的または常識的判断の持ち主とは限らない。
制度そのものや運用方法には
やはり、注視を要する。

9. Posted by toshi   2006年09月25日 22:53
POOHママさん
 よく分かりました。これはもう、民主主義の根幹に関わる問題ですね。
 民主主義だってそれほどいい制度かどうか分かったものではありません。しかし、現状、どんなに政府が批判されても、『だから、民主主義はだめなんだ。』という論を展開する人はいないと思います。
 これ、すごく大きなテーマだと思いますので、記事にさせてください。
 問題提起、ありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字