2006年12月21日

卒業アルバム3

23dbce1f.JPG 時代の移り変わりによって、盛んに行われていたものが廃止されたり、形や目的を変えて続けられたりするものは多いだろう。卒業アルバムも、目的を変えて残り続けているものの一つではないか。いや、ますます盛んになっているとも言える。

 本文に入るまえに、読者の皆さんにうかがいたいことがある。おわかりの方は、コメントをいただけたら幸いである。

 日本中の学校で長年の慣行として行われているものに、運動会、遠足、学校給食、卒業アルバムなどがあると思うが、こういったものは、日本独特の習慣なのだろうか。外国では行われていないのだろうか。


 さて、ここでは、卒業アルバムを中心に、時代による変遷など、思うところを述べてみたいと思う。

 そもそも卒業アルバムは、おおやけのものではないはずだ。保護者に買ってもらっているし、体裁、内容等は学校の自由裁量だし、だいたい、作成しなくったってかまわない。後で詳しく述べるが、わたしが卒業した小学校は、当時、卒業アルバムがなかった。

 ところが、それにもかかわらず、けっこう公的な性格をもたされているようだ。
だいたいどの学校も、卒業アルバムは永久保存だろう。
 また、いくら体裁、内容は自由と言っても、冒頭には、校長、校舎、校旗、校歌などが載るだろう。かつて、そういうことを無視したアルバム作成があって、そのときの校長は、強力に指導していた。

 変な例で恐縮だが、最近は、事件が起きたとき、犯罪者の出身校へマスコミが出向いて、卒業アルバム等から取材することも行われている。わたしは、こんなことはやめてほしいと思っているが、これも、一つ公的な面ももたされているからなのだろう。

 わたしが初任のころ、教頭先生が、次のような話をされた。
「卒業アルバムは、もう、今の時代、やめてもいいのではないですか。
 だいたい、ああいうのは、日本が貧しかったころ、ほとんどの家にカメラがなかったわけですよ。そのころにね。『家で写真を撮ることはまずないのだから、せいぜい卒業のときくらい、学校で撮ってやろうではないか。そうしないと、在学当時の写真が一枚もない子も出てきちゃう。それでは、かわいそうだ。』ということで行われるようになったのではないか。
 今は、カメラのないうちなど、まずないのだから、そこまで、学校がサービスすることはない。『撮りたければ、ご自分でどうぞ。』で、いいはずだ。近いうち、卒業アルバムは廃止する学校がふえると思うよ。」

 そのときは、『ああ、そんなものか。』と簡単に考えていたが、その後、時代の雰囲気は、まさにそれとは逆。廃止どころか、年々華美になってきた。かつての教頭先生の予言は、くつがえされてしまった。

 さて、そうではあるが、近い将来、廃止となるか。そういう予感をもたないわけではない。

1.少子化が進み、多くの学校が小規模校化している。それにより、単価がかなり値上がりしている。双子のお子さんをお持ちの方は、たまったものではないだろう。

2.今は、住所録のたぐいは、掲載しなくなったのではないか。もし住所録をつけると、写真付きの住所録となる。これは、今の時代、ものすごく高価な値が付く。卒業アルバムが売りに出されるという変な時代となった。


 わたしの卒業した小学校は、そのころ、卒業アルバムがなかった。わたしたちは、自分の学級の集合写真と、教職員の写真と、その2枚を受け取っただけだった。わたしは、みんなの名前を忘れてはいけないと思って、すぐ、写真の上に、薄紙をおき、自分で全員の名前を書いた。それを今ももっている。

 戦前の、亡母の高等女学校の卒業アルバムはある。もっとも、今のそれと比べれば、小さいし、薄い薄いものだが、あることはある。
 だから、わたしたちの幼少期、日本はどん底の時代だったと言えよう。家庭にもカメラはない。学校もあまり撮ってはくれない。そういう時代だった。

 今は、冒頭述べたように、卒業アルバムは、華やかになった。豪華だ。小学校時代の思い出として、記念として、何物にも代え難い。そんな思いで作成しているのだろう。


にほんブログ村 教育ブログへ

 電話にしても、わたしの高校卒業時ですら、家にあるうちは珍しかったです。我が家にしても、父の勤務校から緊急連絡がある場合は、100メートルほど離れたお米屋さんに連絡が入りました。すると、お米屋さんは我が家までとんで来てくれたものです。
 一般的には、電報が、よく使われていましたね。

それでは、今日も、1クリック、お願いできますか。

人気blog ランキングへ
 
こちらも、どうぞ、よろしく。


rve83253 at 02:02│Comments(2)TrackBack(1)むかし | エッセイ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 卒業アルバム  [ 名簿の功罪 ]   2007年04月23日 23:57
卒業アルバムについて。 ある校長先生のブログを読んだ。http://blog.livedoor.jp/rve83253/archives/880825.html 私は卒業アルバムはどこの学校にもあって、みんなつくっているものだと おもっていたが、実はそうではないらしい。 卒業アルバムは、その昔、カメラのな...

この記事へのコメント

1. Posted by Hideki   2006年12月21日 20:49
こんばんわ、久しぶりに早く帰宅できました

個人的には卒業写真は、
ユーミンの唄ではないですが、
そこに学校で過ごした時間の思いが
ぎゅーーっと詰まっている
残して欲しいものだと思っています

でも、
このご時勢、「個人情報保護」の観点からみると
問題視されるかもしれませんね
個人情報保護の視点から、最近は連絡網や住所録も
控えるきざしがありますが、
それはそれで別の問題もあると思うのですけどね
2. Posted by toshi   2006年12月22日 05:27
Hidekiさん
 お忙しそうですね。風邪などお引きになりませんよう。
 連絡網や住所録を控える傾向がある一方で、ネットで学校のPRをしたり、修学旅行一日目の記事や写真(個人が特定されないように撮影)を送信し、その日のうちに旅行の様子が分かるようにしたり、緊急連絡は、各人の携帯に入るようにしたりする動きは広がっているようです。
 時代は確実に変化していますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字