LIFERS

RWM by roots magazine編集長 北川克彦

二度寝から起きるよ。RWM by roots magazine

ようやく、満を持して再びスタートします!

簡単に言うと、北川日記とショップサイトです。
ショップサイトの「丸八貿易」は3/15オープン予定です。

"そろそろ答え合わせしようよ"
物書き、編集者としてコツコツやっていこうと思ってますので
末永くよろしくおねがいします。

なお、このブログはRWMへと引っ越ししますので宜しくです。


rwm

 

NINIFUNI 真利子哲也監督インタビュー

"世界は僕に気づかない"

「映画のアイデアが浮かんでから、頭を離れなかった1つのイメージ。それを自分の目で見たくて撮った…」真利子哲也


2011年ロカルノ国際映画祭で、中編映画としては異例の招待作品に選ばれ、これまでにない形で現代日本を描いていると高く評価された『NINIFUNI

真利子哲也監督のインタビュー動画をどうぞ!







何でもない男の、何でもない風景。

とある地方都市で起きた1つの小さな事件。その犯罪を犯した男の行く末。

世間に注目もされなかった小さな事件だが、その男の心境、逆に周りの事件に対する目。その男のことが知りたくてこの作品を撮ったのだろうと。言葉ではなかなか説明出来ない、不思議な作品。

2/25土曜から名古屋シネマスコーレで上映スタートなので気になった人は是非!

オフィシャルサイト NINIFUNI



09)
 ©ジャンゴフィルム、真利子哲也


2011年製作/日本/42分

配給:ジャンゴフィルム 


監督 真利子哲也

共同脚本 竹馬靖具

キャスト 宮崎将、山中崇、百田夏菜子、ももいろクローバーほか 



長編デビュー作「イエローキッド」が国内外で評価された真利子哲也監督による最新作「NINIFUNI」。茨城県で実際に起きた事件。その事件の犯人の逃避行を辿ったストーリー。犯罪者の心境とアイドルのプロモーションビデオ撮影の能天気具合が絡み合う不思議な作品となっている。主演である「EUREKA ユリイカ」の宮崎将の持つ独特な空気感、反比例するアイドルユニットのももいろクローバーに注目。 

FEARMAN 情報

先日日記にも書いたショートムービー「FEARMAN」情報をひとつ。







4/22日曜日、名駅シネマスコーレ 18時半〜上映2回(予定)


エンディング曲の「Meet Me In The Morning」について話したい。
構想段階の時点で主役の渡辺宏志(Equal)にストーリーを話したら1週間で仕上げて来た曲。
弾き語りでもありフォークソング的な、新しいラップがそこにあった。
数時間呑みながら話した事が、何倍にも膨れ上がっている歌詞。話しきれていないはずの、俺の頭のイメージの情景がドンピシャでハマっていた。恐ろしく思えた程だった。
いい感じにやさぐれてる。
この曲を聴きながら更に台本が進んでいった。
最高に楽しかった。

「Meet Me In The Morning / Equal」


夜中に聴くと心から叫びたくなる、
何年経っても色褪せない哀愁歌になるだろう。

恐れる男、恐れない男。


FEARMAN上映情報はまた、お知らせします。



主演 渡辺宏志("E"qual) 
監督 北川克彦
2010年製作






 
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ