002-1


前回、物議を醸したアトラちゃんの

「三日月と子供つくってほしいんです!」発言。

アトラちゃんの真意が明らかになりました。

やっぱり、子はかすがいってことで、クーデリアと三日月の子供ができれば、三日月もムチャをしなくなるだろうと。
そして、なぜアトラちゃんがその役目を放棄するのかという理由は、三日月はすごいヤツで、自分とはつりあわないというものでした。

アトラちゃんが子供を作れない体になっていたとしたら日曜夕方5時のアニメとして重すぎだったので、可愛い理由で良かったです。

だがしかし、そのあとでアトラちゃんがクーデリアに

どちらが三日月をつなぎとめても恨みっこなしってことで!

って言うんですけど、これもすげー発言ですよね。

かつて、正々堂々と恋のライバルに子作り競争を挑んだヒロインがいただろうか


さて、そんな微笑ましいエピソード(?)のあとは、もう退場するかと思われたイオク様が登場。

ジャスレイの嘘にあっさりとひっかかり、あろうことかタービンズにちょっかいをかけることになります。

それにしてもイオク様、禁止武器で特攻するのかと思ったら、意外に頭使ってきやがってびっくりです。
その知能があるのなら、なんでジャスレイなんぞに騙されてんのかと。

そして、そのあとの名瀬さんがかっこよかったですねぇ。

オルガの、「俺達がフラウロスレールガンを使ったから・・・」

というのは当然の言い分。

だがしかし、アニキはすかさず

そいつは関係ねぇ。たまたまだ

と言い放ちます。

ちょっとぼんくらな上司なら、「それみたことか!責任取れよ!」

と言っても不思議じゃないです。

名瀬・タービンは、もう上司にしたいアニメキャラの不動の一位になりそう。

しかし、ここまでフラグ立てたんだし、タービンズは無傷じゃすむまい・・・

特に名瀬さんはもうフラグ立ちまくりで悲劇しか見えない(T▽T;

とにかく一言だけ言いたいのは、ラフタを殺したら許さんということだ!





  1日1回の
ランキングクリックにご協力お願いします。
アトラ・ミクスタ

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ