機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第42話「落とし前」


ジャスレイ轟沈。

バルバトスルプスレクスの一撃でした。

望んでいたシーンだったけど、なんですかね、この虚しさは。

ジャスレイをもっと苦しめてから殺れば気が晴れたのか。

グシオンニッパーでつぶせばもう少し爽快感があったのか。

でも、どんなやり方でも、きっと気分は晴れなかったと思います。

とにかくもう、ラフタが失われてしまったのが悲しすぎて

ジャスレイみたいなクズを潰しても、ラフタは結局帰って来ないんだ、という気持ちは拭えないですよね。

さて、バルバトスルプスレクスがとうとうベールを脱ぎました。

期待通りの活躍で、これは爽快感がありました。

ガンプラは、きっと買ってしまうでしょう。

鉄華団は、テイワズから離れてどうすんのかなと思ったんですけど、結局マクギリスのクーデターに参加するようですね。

最期の、「こうして鉄華団は進みはじめたのでした。あの日への道を……」

ってのは何を意味してるんでしょうか。

みんなで笑える日?それとも、破滅の日か。

イデオンみたいな最期は勘弁してほしいなぁ・・・。



1/100 フルメカニクス 鉄血のオルフェンズ
ガンダムバルバトスルプスレクス 1/100スケール プラモデル






  1日1回の
ランキングクリックにご協力お願いします。
アトラ・ミクスタ

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ