May 16, 2010

業務連絡的。

ポッドキャストについてなんですが,本日,#0と#1を再収録してアップロードしています。改変点としては,問題を読んだ後に正解をきちんと読むようにしています(余談ですが,解答だけのmp3データを要所要所にうまく挿入することが現時点ではできないので,再アップロードのデータは完全に全文読み直しになっています)。ポッドキャストは今後もこういう形で作れたらいいな,と思っています。また併せて,PDFの問題原稿も誤字のアラートなどちょっとだけ手を加えていますので,こちらもご確認下さいませ。

ところで。
このポッドキャストの音声データやPDF原稿データは,ファイルストレージとして近年ポピュラーになったDropboxを利用しています。ただ,現在、私が利用できるファイルの上限の容量が無料版だと2GBしかなくて,このままでは他データのバックアップとして用いている領域も侵食しかねない状態です。そこで,私からの紹介でDropboxを始めてもいいよ!という殊勝な方を現在募集しています。
Dropboxは,すでに利用している人の紹介を受けてアカウントを作成すると,デフォルトの2GBに加えて250MBが追加されるという嬉しいねずみ講システムを用いていますので(最大8GBまで増やせるそうですね),もし興味のある方がいらっしゃいましたら,ポッドキャストのサイドバーにあるメールアドレスからご連絡いただければ,紹介をさせていただきます。ポッドキャストへのご意見・ご希望などに加えて,こちらにつきましても,宜しくお願い申し上げます。

ポッドキャストのアクセスログを見るのが毎日楽しみです。聴いてくれる人がいることが,励みになります。#2のアップ予定は来週日曜日,23日を予定しています。ご期待くださいませ。

ryahat1230 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!unclassified 

May 11, 2010

beyond the "text"

長い間放置状態でした。。。
またもやスイマセン。

特に問い読み技術解説『beyond the text』については,いろいろな方が見てくれていて,この後をどのようにするべきかというのがずっと懸案事項として,私の中にありました。実際,またパラレルの章は終わっていないんですが。。。

で,このたび,ずっと考えていたけど技術的にできなかったことに,どうにかクリアできるのではという目論見が立ったことにより,実行に移してみようと思い立ちました。即ち,beyond the textの新章を,ここに立ち上げることにします。というかとっくにアップ済みだったりしてて,こちらでお伝えするのが遅れてしまったことをお詫びいたします。

新しい章は,文字通り,「テキスト」の枠を越えていろいろな利用法が考えられると思いますので,ぜひみなさんなりの楽しみ方を見つけていただければ,と思います。たぶん,私がクイズに対してできる貢献の最終型が,こういう形になると思います。



August 13, 2009

Train of Music Lover

0c86f649.JPG夏休みと言えば旅行。
旅行と言えば鉄道。
鉄道と言えばくるり!


ということで、岡山から青春18きっぷを使ってはるばる旅行中です。写真はバカ停で降り立った身延線身延駅。そして、今日になってふと思いついた自分内企画を実行中です。題して『くるり全曲を聴きながら行く夏の鉄道旅行』。

読んで字のごとく、自分のiPodに入っているくるりの全アルバム全曲を聴きながら旅をしよう、というものです。シングルのカップリング曲は除外(持ってないから)しますが、アルバムについては『さよならストレンジャー』から『魂のゆくえ』までの全オリジナルアルバムに、『もしもし』『ファンデリア』のインディーズ盤、サントラの『ジョゼと虎と魚たち』、ベスト盤の『Philharmonic or die』『ベスト・オブ・くるり -Tower of Music Lover-』まで全部を網羅してみようか、と思っています。

ちなみに現状は『TEAM ROCK』→『さよならストレンジャー』→『もしもし』と来て、現在は『NIKKI』中。


こんな酔狂な自己満足企画、乗ってみたい方、求む!
いなくても結構!
既に俺が決行!


ryahat1230 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!music_recommend 

August 10, 2009

jubeat ripples

jubeat ripplesがいつの間にか稼動していた。ようやく仕事が落ち着いたので,本日まとめてプレーしました。まだまだ全曲はできてないけど。
jubeatの版権曲選曲センスはいつも(いい意味で)おかしいのだけど,今回もなかなかのぶっちぎれ具合で楽しいです。capsule『MORE! MORE! MORE!』やらAira Mitsuki『ロボットハニー』やら,ウルフルズ『バカサバイバー』やら怒髪天『労働CALLING』やら。konamiの中の人に乾杯。今のところの最難曲が中塚武ってところにビリビリシビレてます。
現在のグレードはBronze Tiger。まだまだ先は長そうだ。

ちなみにフレンドIDは14400003312810です。長い。
登録はお好きにどうぞ。登録した方はもれなく逆指名でライバル登録して差し上げますよ。


夏休みは青春18きっぷ東京旅行。でも最終目的地は今のところ水戸だったりするし,途中で大垣やら浜松やらに出没します。水戸は大好きな美術館がある町。1年半ぶりに訪問します。東京で会う人も,よろしくね。

ryahat1230 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!unclassified 

July 19, 2009

ペダル

644e132b.JPG自転車旅行中。
せとうち一人旅。
帰ったら追記。たぶん。

追記。箇条書きですんません。

*そもそもの発端は思いつき。去年は海の日3連休は東京に行ったけど,今年はお金をセーブしつつどっか行けたらいいなと思ったのが運のつき。おりしも自転車熱が自分の中で高まっていたのがそれに拍車をかけた。
*岡山県を脱出する手ごろな県外となると兵庫かフェリー利用の香川。しかし前者は国道2号線で県境を越えるには自転車専用道という名のほったらかし旧道(倒木が道を塞いでいるのをwebで見た)である船坂峠を越えるしかないのでアウト。
*そこで行き先は国道250号→国道30号と道がわかりやすい高松に決定。うどん食べたい。
*で,18日の午前9時前に出発。出発直前にかったばかりのHAGLOFSのデイパックに荷物をわしゃわしゃ詰めるのはお約束。
*この日の岡山は最高気温34℃。しこたま暑いので,最初は国道には出ず,新幹線の高架下をわしゃわしゃ走る。20km漕いで「雄町アクアガーデン」という,名水百選に選ばれている湧き水で県民にはそこそこ有名な公園でちょっとだけ休憩。水がめちゃくちゃ冷たくてうまいのだけど,このご時勢だからか「生水での飲用は避けてください」という岡山市のお達しの張り紙がある。んまあ問題ないでしょ。お腹壊してないし。
*つーかここはひっきりなしにポリタンクを持参した家族連れが訪れるので,たばこのみのおいらは何気に気まずい。退散。
*会社の前の道(国道53号)を経由して国道30号へ。ずっと片側2車線で歩道もきちんと整備されている。さすが2桁国道。
*かつては海の底だった干拓地にある道路なので,アップダウンがなくて非常に走りやすい。ただし風は南風なので,愛車「江渡ちゃん☆流星号」をもってしても時速30km巡行がやっと。
*わらわら走って児島半島の峠越え。Yahoo!ドライブで予め予習していたけど,実際走ってみると案外楽な坂。これなら自宅周辺の峠の方がはるかにキツイ。
*とは言っても,おいらはマルコ・パンターニにはなれないので,はあはあ言いながら標高80mの峠を征服(書いていて恥ずかしい)。頂上にある「道の駅みやま」で休憩。ここまでで走行距離50km弱。所要時間2時間半なら合格点。
*ここでペットボトルに汲み置きしていた雄町の水を飲み干す。まあこれ以上置いておいたらぬるくなるだけだし。
*本当は昼ごはんを食べたいところだけど,そこはじっと我慢。高松で,はなまるうどん以外の讃岐うどんを食うのだ,と。
*再び出発。一回峠を下ってもう一度上り。車道は車がばんばん走っているのと歩道がかなり広いため,歩道を走行。夏の暑さで当然雑草が歩道にせり出して生えていてそれが鞭のように腕に当たるのがちょっと痛気持ちいい。。。わけない。
*この国道30号のルートを選択した最大の理由は,宇野港(高松行きフェリー発着)に降りる寸前にある名物のループ橋。ついにこれを自転車で駆け下りる日が来た!
*と喜び勇んでループ橋に入る寸前で歩道が消失。よく見ると脇に「ここを通ればいいじゃない」と言わんばかりの鉄の螺旋階段。いや,歩行者はそっちでいいんだろうけど,俺自転車。。。
*ループ橋をケニー・ロバーツばりのハングオンで降りたらカッコイイだろうと思っていたけど,歩道はないし高低差はけっこうあるし,交通量もそこそこ多い。そして私は高所恐怖症。
*しかたなく,自転車を担いで螺旋階段を下りる。かっこ悪い。後で地図を見直して,このルートが間違いだったことに気付く。
*宇野港着。利用するのは往復割引がきく宇高国道フェリー一択です。
*乗船口脇のヤマザキデイリーストアの中に券売機があって,そこできっぷ購入。んじゃあまったり行きますか,と思ってたら桟橋にいた係員のおっちゃんに「おにーさん乗るの?もう船出るから急いで!」と急かされ,あわてて自転車に乗ってフェリーの中に。
*乗ると同時に船出発。
*何気にフェリーに乗るのは20年ぶり。ちょっと嬉しい。
*乗客はまばら。瀬戸大橋あるからそっち行っちゃうよね。
*船室に行くと,ゲームコーナーがあって,3台あるスロット(ゲーセンにあるようなやつ。打たないからよく知らない)が全部埋まっていて,一心不乱にベットを続ける男女の姿が。何もここでやんなくても。。。
*横にはぷよぷよ2があったけど,さすがにやらない。
*船速い。展望デッキに出てみるとものすごい風。でもしばらくすると慣れてきた。
*持参したiPodで海っぽい曲を聴こうと思って,何を思ったかPOLYSICS『PEACH PIE ON THE BEACH』。そのチョイスはどうなんだ。
*そんなこんなで四国上陸。港からとりあえず高松駅周辺を自転車でぶらぶらしつつ,ぱっと入れそうな讃岐うどんのお店をさがす。
*で,しばらくさがして,結局高松駅前のチェーンのお店。かけを頼んだら時間かかると言われて釜揚げうどん。でもおいしかったです。
*高松のメインストリートは,自転車に優しい道でした。すごい好感を持ちました。あと,道を行く女の子のレベルが岡○(伏字意味なし)よりもワンランク高い。つか○山が低いのか。
*で,木太町にとっていたホテルへ直行。地図は頭に叩き込んでいたつもりが,迷いに迷って結局携帯の地図のお世話になる始末。チェックインまで時間があったので,途中のラウワン高松で時間つぶし。
*で午後5時くらいにチェックイン。本日の走行距離は68km。
*一休みして讃岐うどんをもう一食食べに行くつもりが,気がついたら寝てしまっていた。
*で夜中に起き出して,全英オープンゴルフをテレビで堪能。
*2日目。6時には目が覚める。とりあえずホテル近辺の讃岐うどん情報を携帯で検索。すると日曜日でも午前7時からやってるお店がある!
*ついでに天気予報をチェック。一日天気は不安定。昼過ぎから本降りになる可能性高い,とのこと。この時期の天気は前日の天気予報すらあてにならず,結局当日の天気予報を見るまで天気の概況が分からないというサイコロ博打的な天気だった。
*ということで,朝食はホテル近くの「根っこ」本店に突撃。ホテルから5kmくらい走って,ほぼ迷わずに到着。店の前に自転車を止めていたら,どこからいらっしゃいましたか?と訊かれ「岡山からです!昨日高松に入って,今日はうどん行脚です!」と答える。今日行くのはここだけだけなんだけどね。
*かけ小にちくわ天。280円。安くてうまい。機会があったらまた来ます。
*空模様が怪しいので高松築港に直行。フェリー乗り場に行ったら行きとは逆でちょうどフェリーが桟橋を離れた瞬間だった。。。
*ということで次のフェリーをおとなしく待つ。
*チケット売り場はヤマザキデイリーストアの店内。店内を見ると,エグめのエ○本(自主規制)が目に付くのは,やはりトラックの運ちゃんに配慮しているからなのだろうか。
*そんなこんなで次のフェリー到着。すると,中からパールイズミのサイクルジャージに身を包んだ自転車カポーが降りてくる! ローディー同士の挨拶として軽く会釈をするのだけど,朝っぱらからひどく負けた気分になる。
*さらば高松。さらば四国。
*船内ではくるりを聴く。電車だけでなく船にもよく似合う。『アンテナ』,すごくいいアルバムと思うようになりました。
*宇野港着。30号には入らず,ループを避けて県道をしばらく走って,ループの先から30号合流。坂もキツくないので,どうやらこれが正解ルート。
*往路で休憩を取った道の駅はスルー。前方にクロスバイクに乗ったローディーを発見し,後ろにぴったりつこうとするが,すぐに引き離される。。。悲しい。
*追い風に乗って時速35km巡航。風は生ぬるいが早く家まで帰らないとフェンダーのないこの自転車は悲劇を招くことになってしまうので,ひたすらペダルを漕ぎまくる。
*途中のファミマで水とヴァームゼリーを買って休憩。ヴァーム初めて食べたけど,めちゃくちゃ喉が渇くよ。。。
*30号→250号→県道と経由して,途中でついに雨が降ってくる。JRの上道駅の構内に30分ほど避難しつつ,もう20km弱を漕いで帰宅。
*ついた瞬間に空が一気に晴れ上がったので,舌打ち一つ。
*終了。

続きを読む

ryahat1230 at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!unclassified