February 27, 2009

ちばぎんカップ 柏×千葉

もはや千葉県内はおろか、全国を見渡してもこれほどの伝統のあるプレシーズンマッチは存在しないのではないか、と言われるようになったちばぎんカップ。95年から毎年開催されているので、今年で第15回目を迎えることになる。Jリーグ開幕を2週間後に控える中、個々のコンディションや実戦感覚を養うにはよい機会だ。とは言っても負けたら負けたで厄払いというジンクスもあるのだが…。また両チームとも3月14日のリーグ戦第2節で対戦することもあってか、手の内は見せずテストの一環として臨むことが予想される。

高橋新監督を迎え、前へ前へというサッカーから脱却しボールを回しながら攻め切るポゼッションサッカーへの転換を図る柏だが、2年ぶりに復帰し攻守の軸となるはずだったアルセウが鹿児島キャンプでの練習試合中に右膝後十字靭帯損傷および右膝外側半月板損傷という重傷を負い、全治4ヶ月と診断される大打撃を喰らってしまった。そのためちばぎんカップのスタメンも昨年の主力メンバーのさほど変わることがなく、変化といえばこちらも負傷で長期離脱中の大谷に代わり、石川が左サイドバックに入った程度。

柏 スタメン
----------------------
---------フランサ---------
菅沼-----忠成-----太田
-----栗澤---杉山------
石川--------------藏川
-----小林---古賀------
---------菅野---------


ジェフは登録上は4-4-2だが、工藤が比較的自由にポジションを取るため4-5-1のような布陣になっている。第三者からすると、斉藤、福元をベンチに置いて、CBの位置に本職サイドバックの和田を使っているのは不思議な気がするが…。柏からフリーエージェントで移籍したアレックスはボランチでの起用。ユース出身でいわば鹿島から出戻りした立場の中後はベンチスタートとなった。

千葉 スタメン
----------------------
----------巻----------
谷澤-----工藤-----深井
-----アレックス--下村------
青木--------------坂本
-----ボスナー--和田------
---------櫛野---------

序盤は柏が去年のように闇雲に前からプレスを仕掛けるのではなく、一旦引いて守備ブロックを形成し、そこから連動性のあるプレスを仕掛けてジェフからボールを奪う。それが奏功したのは開始直後の7分。中盤でボールを持った杉山がミドルパスを前線のスペースに送り込むと、セルフジャッジして足を止めたジェフのディフェンスの裏をまんまとかいた菅沼がGKとの1対1を制し、柏が先制した。

先制点を取ったのは柏だが、柏のラインが下がりすぎたことで徐々にジェフが盛り返す。中盤で比較的ゆとりをもってパスを出せるようになったアレックスと下村がボールを奪うとキープする場面と手数をかけずトップの巻に当てる場面を的確に判断し、ボール回しのリズムがよくなる。個々のコンディションが今ひとつだったためにチャンスはさほど生まれなかったが、やりたいことは垣間見えた。そして前半終盤の41分には工藤の浮き球パスを谷澤が巧みな切り返しで柏のディフェンスをかわし、流し込んで1-1。試合を振り出しに戻した。

このまま後半もジェフがペースを握るかと思われたが、フランサを意識しすぎて持ち前の泥臭さを失っている忠成を右サイドに張らせ、クロスの精度がいまひとつだった藏川に代え村上を投入。そして56分、ロングパスに追いついた右サイドの忠成が前方のスペースに流し、走り込んだ村上がグラウンダーのクロス、GKが弾いたところを栗澤が押し込んで柏が勝ち越した。この得点は単純に相手の裏を取ったカウンターでなく、サイドバックが高い位置を取って決定機に絡むという、今季目指しているスタイルの一端を具現化できたものでもあった。

さらに畳み掛けるように数分後、ボールを奪った杉山が前線のポポへスルーパス。これは一回GKにカットされるが、こぼれたところをポポがループシュート気味のクロスでゴール前に送る。ここに奔りこんでいた忠成が難なく押し込んで、柏が3-1で試合を決定付けた。千葉の方も新居が至近距離から難易度の高いボレーを放つも菅野の反射神経の前に防がれ、逆に柏に何度かチャンスを許すなど反撃は及ばず。柏がプレシーズンマッチの勝利を収めた。

柏はボールを奪ってからパスを出す人間を探している状態で、守備ブロックを作ってボールを奪ってから、パスをつなぎながらゴールを奪うという今季目指しているスタイルの発露までには至らなかった。むしろ千葉の個人技にズルズルとラインを下げてしまうという失敗で同点ゴールを奪われたが、J屈指の攻撃陣を誇る開幕の川崎戦を前にいい教訓になったのではないだろうか。この試合の結果はあくまでも参考記録。ポゼッションスタイルの浸透までにはまだまだ時間がかかるし、負傷者も復帰には程遠い。序盤は結果が出なくても我慢が必要だろう。

千葉にとってはあくまでもテストのようだが、サイドバックのポジショニングが中途半端な上にセンターバックが不必要に絞ってしまい、サイドの深いスペースががら空きになってそこを使われる、攻撃時の拙攻という課題は解消できていないようだ。まだ開幕まで1週間ある中、コンディションを上げることと守備の見直しが必要だろう。

■第15回ちばぎんカップ

柏レイソル 3−1 ジェフユナイテッド市原千葉

得点者
7 【柏】菅沼 実
41 【市】谷澤 達也
55 【柏】栗澤 僚一
59 【柏】李 忠成

管理人選定MOM 杉山浩太(柏)

ryangiggs1123 at 20:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)Kashiwa Reysol 

January 30, 2009

遅くなりましたが

今年もよろしくお願いします…って遅すぎだよなw

まあ今年も月刊ペースになってしまうかと思いますが、お目に留まれば幸いです。

ryangiggs1123 at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 27, 2008

Jリーグさんよおおおお

マジふざけんな。

何が「世界一幸せなスタジアム」だ。

ryangiggs1123 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Japan Football 

November 27, 2008

新監督次第か…

石崎 信弘監督 契約終了について

 本日、石崎 信弘監督(50歳)との契約を今季限りで終了することといたしましたのでお知らせいたします。なお、天皇杯終了までは、引き続き石崎監督が指揮を執ります。
 石崎監督には、J1復帰にご尽力いただき、また昨季・今季と持ち前の指導力を発揮され、現在の柏レイソルJ1定着の基盤を作っていただきました。クラブとして感謝の意を表します。
 なお、来季の体制につきましては、決定次第お知らせ申し上げます。

株式会社 日立柏レイソル



【石崎信弘(いしざき のぶひろ)監督プロフィール】
■生年月日: 1958年3月14日
■出身地: 広島県
■指導歴: 1995年〜1998年 モンテディオ山形 監督
  1999年〜2001年5月 大分トリニータ 監督
  2001年7月〜2003年 川崎フロンターレ 監督
  2004年 清水エスパルス ヘッドコーチ
  2004年7月〜 清水エスパルス 監督
  2005年 東京ヴェルディ1969 トップチームコーチ
    (2005年7月 監督代行)
  2006年〜 柏レイソル 監督

----------

新監督が決まっていない今の段階では何とも言えないが、いかに石崎監督が愛されていようと今季後半戦の低迷ぶりを見ると契約満了もやむをえないという思いは湧く。

天皇杯で勝ち進み、1月1日に監督を胴上げしたいですね。

ryangiggs1123 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Kashiwa Reysol 

October 07, 2008

大宮×柏

実に前回この大宮と対戦してから10戦、リーグ戦での勝ち星がない柏。ディフェンスの要古賀が鹿島戦の退場で不在だったホーム国立で川崎に5失点、ガンバ戦でも奮闘していた石川の負傷退場から2失点、さらにポポ、藏川、小林が出場停止とここで負ければ残留争いで巻き込まれるであろう大一番に向けて危機的状況に陥っていた。

ポポが不在ということで前節ベンチスタートだったフランサがスタメンに復帰。小林、藏川の代役としてセンターバックには川崎戦の不甲斐ないプレーを払拭したい鎌田、右サイドバックにはリーグ戦初出場の村上が入った。そして驚きはここまで負傷で様子見の起用が続いていた杉山の先発。

柏 スタメン
----------------------
---------フランサ---------
菅沼----アレックス-----太田
-----栗澤---杉山------
大谷--------------村上
-----鎌田---古賀------
---------菅野---------

こちらも4連敗中の大宮は小林慶、吉原、デニス・マルケスという中軸を怪我で欠く苦しい展開。柏相手に相性が良い藤本をFWで起用し、大型フォワードのラフリッチとコンビを組ませる。

大宮 スタメン
----------------------
-----藤本----ラフリッチ----
小林大------------金澤
-----片岡----佐伯-----
波戸--------------田中
-----富田---レアンドロ----
---------江角---------

柏の猛然と相手選手に突進するプレスを大宮がかわし、立ち上がりは大宮ペースと思われた。しかし、ひとつのプレーが流れを大きく変える。10分、栗澤のCKから太田が粘って再び獲得したCK。これをアレックスがファーに送ると、フランサがヘッドで中央へ折り返す。ここに待っていた村上が波戸と競り合いながら頭で流し込み、先制点は柏が手に入れる。直後にカウンターから藤本が際どい左足シュートを放つが、大宮の気勢は14分、アレックスのCKを村上が再び波戸のマークを引きずって頭で叩き込んだ1点目のリプレイのような得点で完全に削がれてしまうことになった。

大宮はボールを持っても無駄な横パスばかりでゴールに直結するパスが少なく、また大きなサイドチェンジもないため簡単に柏にボールを奪われてしまう。逆に柏は杉山がボールを奪ってダイレクトで大きく展開しチャンスを広げるなどこれまでの鬱憤を晴らすかのような好プレイを連発。栗澤もよくボールに絡み、後方から攻撃を組み立てた。3試合ぶりに復帰した古賀の好影響も大きく、レギュラーふたりを欠くディフェンス陣もラフリッチや藤本に落ち着いて対処する。

柏優位の流れが決定的なものとなったのは前半ロスタイム。ボールを奪った村上がボールを味方に預けそのまま突進。フランサからのスルーパスに反応すると、GKの飛び出しを見て遠目の位置からループ気味に浮かせるシュートを放つ。ボールは弾こうとしたGKの手に触れるも、そのままゴールネットに吸い込まれ、村上の新人としてはJリーグ初となるデビュー戦でのハットトリックが決まった。

後半も柏の勢いは止まらず。開始早々にはアレックスのパスを受けた菅沼がドリブルで突進し、中に切れ込んでGKの動きを見極めて右足で冷静に流し込む。試合を決定付ける4点目が決まると、大宮はラフリッチへのロングボールかアバウトなクロスしか攻撃の手段を作れず。ラフリッチもエリア内でのボールキープから反転して強烈なシュートを放つが菅野に弾かれ得点できず。逆に村上が何本も決定的なクロスを供給し、北嶋や大津など交代選手が果敢にゴールを狙った柏が大きな勝ち点3を手に入れた。

出場停止と負傷欠場の選手が5人と不安視される状況の中、代役として出場した選手の大活躍で勝利を収めた柏。これで一息つけるのは事実だろうが、次の試合に負けてしまては何の意味もない。中断期間中に、好調時のプレスを取り戻せるような取り組みをしてほしいものだ。大宮はこれで5連敗、ジェフ、磐田が勝った事で順位も17位に交代してしまった。先発のベテラン選手たちはいいところなく終わっただけに、思い切った若手の起用も必要ではないだろうか。

■J1 第28節

大宮アルディージャ 0−4 柏レイソル

得点者
10 【柏】村上 佑介
14 【柏】村上 佑介
44 【柏】村上 佑介
48 【柏】菅沼 実

採点

菅野6.0 常にラフリッチにハイボールを触らせず。俊敏な反応でピンチを防ぐ。
村上8.0 デビュー戦でハットトリック。それ以外にも好クロスを何本も前線に送る。
古賀6.5 守備が落ち着きを取り戻したのはこの人の復帰が大きい。
鎌田6.0 自身正念場となる試合を無失点で終わる。
大谷6.0 終始周囲の状況を判断してバランスを取るプレイ。
太田5.5 決めたかったチャンスもあったが、相手ラインの裏を再三にわたって突いた。
栗澤6.0 長短のパスを振り分け、後方から攻撃を組み立てた。
杉山7.0 激しい当たりと展開力を併せ持ち、陰のMVPとも呼べる活躍。
アレックス6.5 多少フランサを見すぎる癖はあったが、CKから2点に絡みよくボールを散らした。
菅沼6.5 3戦連続となる得点で試合を完全に決めた。積極性が完全に復活。
フランサ6.5 高い最終ラインの裏を突くパスを連発し村上のハットトリックをお膳立て。

永井6.0 杉山の退場で急遽出場となったが、ロングパスで前線の選手をうまく走らせた。
大津5.5 相手に当たり負けずボールを奪うシーンも。初得点も近いか。
北嶋5.5 サポーターの大きな声援を受けたが、決定機を逃す。

石崎6.5 村上、杉山の起用が大当たり。次節で台頭した戦力をどう組み込むか。

管理人選定MOM 村上 佑介(柏レイソル)

ryangiggs1123 at 11:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Kashiwa Reysol