5/16の「G-Session Live 巻之六 忍者大戦」で、4月に亡くなられたベーシスト:江藤勲さん追悼の意味も込めて「忍風カムイ外伝」('69)ED「しのびのテーマ」を演奏した件。

●元ブルー・コメッツの江藤勲さん急死
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000002-dal-ent

低音と高音が協調されたピック弾きのベースは、60年代後半から70年代前半にかけての江藤勲さんの特徴的な音色で、歌謡曲のバックはもとより、当時のテレビ音楽の中にもその録音が多数存在します。ただし、そのほとんどが、正式なプレイヤー情報が記録として残っていないため、「想像」の域を出ません。

●しのびのテーマ(01:00あたりからステレオ)



当日のMCでも少しお話ししましたが、以下、「しのびのテーマ」とともに、私が音色やフレーズから勝手に想像している、「江藤勲さんが演奏しているのではないか、と思われるTV音楽の例」です。

「しのびのテーマ」のベース音と聴き比べて頂くと、この音なくしては成立しない「70年代のあの頃の音!」の感覚が、なんとなくわかって頂けるのではないかな、と。

そして、江藤さんが亡くなり、この音が永遠に失われたことに対して、私が感じてる巨大な喪失感が少しでも伝わればなぁと。

ニュースタイトルの「元ブルコメの江藤さん」では、ほとんどの人はピンときませんよ。多くの人々の心に「永遠の音楽」として沈んでいるこういう名もなき作品にこそ、本当の功績はあると思うのです。

あらためて合掌です。

----------------------------------------------------

●「デビルマン」('72)BGM 魔将軍ザンニン / 襲撃



●「あしたのジョー」('70)BGM 力石徹のテーマ


●「ルパン三世」('71)BGM
  LUPIN WALKIN' / LIGHTING TIME



●サザエさん('69)


●アテンションプリーズ('70)


●ミラーマンの唄('71)