7/10(金)19:30〜23:30 「薬酒Bar高円寺」さんで開催されたDJパーティー『大野雄二ナイト』にDJとして参加させて頂きました。
http://yakusyu.net/kouenji.html

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。主催のロボ石丸さん、店主さん、スタッフの皆さま、ご一緒させていただいたDJの皆さま、大変お世話になりました。私の出番は50分間。今回は自分より若いDJさんが多かったので、王道・テッパンは譲って、埋もれた名曲披露を中心に裏街道を歩きました。あげく、17曲かけてルパンは1曲のみに(笑)
ジャズピアニスト時代から現在まで、ほぼ編年体で追いました。70%はアナログ盤をかけましたが、やはりレコードの音は力強いなぁ……と、1971年録音の大野雄二トリオの初リーダー作「Mr.Happy-gon」のピアノの粒立ちを感じながら、つくづく思いました。こういう機会にはやはり出来る限りアナログをかけたいなぁ、とあらためて思いましたねー。

簡単ですが、自分の出番でかけた曲を整理しました。
-------------------------------------------------
●01:山田康雄&大野雄二の会話
from LP『山田康雄ファーストアルバム せ・しゃれまん』山田康雄 & YOU(1979)
IMG_6193
せっかくの大野雄二ナイトなので、ドラマの中に酒場のピアニストとして出演している大野先生の肉声から。ルパンであってルパンでない山田康雄の魅力が詰まったアルバム『せ・しゃれまん』より。「山田康雄&YOU」とクレジットにあるように、このレコードは山田さんと大野雄二先生のコラボ盤。ここでの山田さんのセリフ、「おいユウジ、その曲は弾くなって言っただろう……」を忘れないように。
○CD『ルパン三世 クロニクル BOX LUPIN THE REMASTER』収録
http://www.amazon.co.jp/dp/B0001DD0SA/



●02:「NICA'S DREAM」(作曲:Horace Silver 編曲:大野雄二)
from LP『SOUND ADVENTURE ACT.1』大野雄二オーケストラ(1975)
IMG_6194
ソニーのオーディオ購入者にプレゼントされたという「オーディオ・スペシャリティ・シリーズ」非売品LPより。1975年8月5日新宿厚生年金大ホールでのコンサート実況録音。昨年世を去ったホレス・シルヴァーの名曲を、杉本喜代志のギターをフィーチャーしたジャズオケアレンジで。めまいがするほどの名演。
○未CD化



●03:「Mr.Happy-gon」(作曲:大野雄二)
from LP『My Little Angel』大野雄二トリオ(発売:1976/演奏:1971)
IMG_6199
1971年の大野雄二トリオ(大野雄二(p)、岡山和義(ds)、池田芳夫(b))による演奏。近年の大野先生の演奏とは全く違ってかなりアグレッシブなピアノ。このキレ味のするどさがひたすらカッコいい。プレイヤーとしての大野先生の実力がヒシヒシと伝わってくる曲です。
○CD 『My Little Angel』 http://www.amazon.co.jp/dp/B00L9EL4CY/




●04:「ソウル・キングコング Part.1」(作曲:ジョン・バリー 編曲:大野雄二)
from EP『ソウル・キングコング』大野雄二とキング・コング・バンターズ(1976)
IMG_6195
1976年公開の映画『キングコング』に絡めた(便乗した?)企画盤。この頃、世界を席巻した「怪物ディスコ系」企画モノの日本側最右翼(笑) 会場でも騒然となりましたが、翌年誕生の「ルパン三世のテーマ」のアレンジアイディアが既にココに出現しています。
○未CD化




●05:「やすらぎの世界」成田賢(作詞:山川啓介、作編曲:大野雄二)
from ソノシート MJBコーヒーCMソング集『時を忘れて』(1972?)
IMG_6196
成田賢歌唱によるMJBコーヒーCMソング。まだカーペンターズやバカラックのアレンジ技法に首ったけだった頃の、「若き日の大野アレンジ」が味わえる名曲。このソノシートには3曲収録。他の2曲は「陽気にいこう」(光井章夫)、「やさしいものたち」(シンガーズスリー)。
○(上記の盤とは別ですがここにも収録)CD『汚れた街にいても』成田賢
  http://www.amazon.co.jp/dp/B001TC9ADG/




●06:「風よロマンに針路を向けて」富田伊知郎(作詞:荒木とよひさ 作編曲:大野雄二)
from EP『風よロマンに針路を向けて』(1979)
IMG_6197
サッポロ「びん生」1979年CMソング。富田伊知郎=mojoとして、この5年後に「星雲仮面マシンマン」で再開する2人です。大野雄二ナイト主催者のロボ石丸氏の戦隊魂へリスペクトを込めて、戦隊歌手経験者&大野雄二を2曲連続で。
○未CD化





●07:「ペッパー警部」大野雄二&ゴダイゴ(作曲:都倉俊一 編曲:大野雄二)
from LP『NTVM AFTER 10 YEARS』(1979)
IMG_6200
日本テレビ音楽創立10周年を記念して制作された非売品2枚組LPより。当時、日本テレビ音楽に所属していた大野雄二とゴダイゴ、夢の競演です。この「ペッパー警部」の演奏主体(リズムセクション)はゴダイゴで、ミッキー吉野のハモンドに大野雄二のシンセリードが激突する凄まじい迫力です。市販版LP「OUR FAVOURITE SONGS」(1979)にも収録。
○未CD化




●08:「おいらは淋しいスペースマン」ヒデ夕樹(作詞:野田昌宏、作編曲:大野雄二)
from LP『キャプテンフューチャー音楽集』(1979)
IMG_6201
客席から「キャプテンフューチャーかけて!」と声が上がっていたのでコレ。私にとっては、この曲こそがキャプテンフューチャー。今までのDJイベントでも、カラオケでも、とにかくコレ(笑)
○CD『キャプテンフューチャー オリジナル・サウント・トラック-完全盤-』
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00005OLNJ/




●09:「SPACE KID」大野雄二(作編曲:大野雄二)
from LP『SPACE KID』(1979)
IMG_6202
「カリオストロの城」の北の塔への2段ジャンプでおなじみの、あの「みゅぃ〜↑〜〜ん」の音から始まるタイトルチューン。クロスオーバーからフュージョンへ、日本で最もタイミングよくシフトチェンジしたアーティストの一人:大野雄二。超絶ハイクオリティの演奏&浮かれリゾート気分のナンパ感 ……という、当時フュージョンを取り巻く空気を圧縮したかのような曲。
○CD『SPACE KID』 http://www.amazon.co.jp/dp/B00C1BQD9I/




●10:「犬笛のテーマ」(作編曲:大野雄二)
from EP『犬笛のテーマ』(1978)
IMG_6198
1978年の日本テレビ系ドラマ『犬笛』のメインテーマ(劇伴は市川秀男)。タイトルにちなんだ、笛の音を連想させるシンセリードが迫る大テーマ。名曲ながら未だにCD化されていない大野雄二テレビテーマの一つ。
○未CD化





●11:「永遠の一秒」(作詞:山川啓介、作編曲:大野雄二、歌:STEVANY)
from LP『アンドロメダ・ストーリーズ ドラマ編』(1982)
IMG_6203
光瀬龍原作、竹宮惠子作画のSF漫画を元にしたアニメ作品主題歌。1982年の日本テレビ系「24時間テレビ・愛は地球を救う5」のスペシャルアニメドラマ編レコードより、物語ラストのジムサ(古谷徹)のアフル(小山茉美)のセリフから主題歌へのシークエンス。24時間テレビで毎年恒例だった「手塚アニメ」がなくなった、ほぼ唯一の年がこの1982年。これもまた、名曲ながら未だにCD化されていない大野雄二テレビテーマの一つ。
○未CD化




●12:「NORAに好きだと言ってくれ」(作編曲:大野雄二)
from LP『NORA』(1985)
IMG_6205
御厨さと美原作漫画のOVA化作品のサントラより。80年代中盤に入り、コード&アレンジの複雑化によって、よりサウンドに厚みを増していく過渡期の大野サウンド。
○未CD化





以上、ここまですべて、アナログレコードに針を落として聴いてもらいました。
----------------------------

●13:「オープニング/ヨーロッパの風」(作編曲:大野雄二)
from CD『ヨーロッパ戦線』(1991)
IMG_6209
数少ない、大野雄二ゲームミュージックより。しかも光栄の戦争シミュレーションゲーム。ゲーム自体はやってないのでよくわかりません(^_^;
○CD『ヨーロッパ戦線』 http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FDDP





●14:「Opening Theme」(作編曲:大野雄二)
from CD『外科医 有森冴子II オリジナルサウンドトラック』(1992)
IMG_6208
三田佳子主演のドラマ『外科医 有森冴子』シリーズのサウンドトラック盤より、印象深いメインテーマ。いつもの「大野風」が若干抑えられた、アメリカのTVドラマテーマのようなさわやかさ。また違った方向性の洗練を見る思い。
○CD『外科医 有森冴子II オリジナルサウンドトラック』
http://www.amazon.co.jp/dp/B000UV2VOC/




●15:「The Theme Of 003」 SMAP(作編曲:大野雄二)
from CD『003』(1993)
IMG_6211
SMAPです。まだ森くんがいる頃の、『夢がMORIMORI』で森脇アニキに世話になってた頃のSMAPです。アルバムの1曲目、メインタイトル曲を大野先生が書き下ろしています。豪華大編成ビッグバンドサウンド。サントラファンのサーチライトの範囲とは全く違った方向にポツンと輝く、知られざる名曲です。
○CD『SMAP 003』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005GWUT/




●16:「ザ・サイコガン(M-18)」(作曲:大野雄二、編曲:羽田健太郎)
from CD『スペースコブラ・コンプリート・サウンドトラック』(発売:2004/演奏:1982)
IMG_6207
2004年に縁あって選曲・構成をさせて頂いたCDより。『スペースコブラ』には、放映当時のサントラレコードには収録されなかった「幻の名曲」が何曲もあり、コレもその一つ。短縮編集されて予告編音楽にもなっていました。コブラ勝利の瞬間を飾るビクトリーテーマとして、「ザ・サイコガン」という曲名も付けさせて頂いた、自分にとって一生忘れられない1曲です。大野雄二×羽田健太郎という、師弟にして盟友のお二人のコラボという点にもご注目を。
○CD『スペースコブラ・コンプリート・サウンドトラック』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00018H0OK/




●17:「monologue:8(BGM=またひとつ恋が終った・JOY OF Life)」 〜
「Memory Of Smile」山田康雄(作詞:有川正沙子 作編曲:大野雄二)
from CD『Lupin The Third / Tokyo Transit 〜Featuring Yasuo Yamada』(1993)
IMG_6206
最後の最後に1曲だけルパン。しかも正編ではありません。TVスペシャル時代に入って、CD発売がVAPに移った後、コロムビアから発売されたオリジナル企画盤から1曲。山田康雄さんの一人芝居から、自身が歌う「Memory Of Smile」まで。この日、1曲目でかけた『せ・しゃれまん』のセリフ「おいユウジ、その曲は弾くなって言っただろう……」が、14年の時を経て、レコード会社の壁を越え、このアルバムでよみがえるんですよ。このCD発売の2年後、山田さんは亡くなりますが、この時既にかなり体調が良くないようで、声には往年のハリ・ツヤがありません。それでも気を張ってルパンを演じる山田さんに胸が締め付けられます。ラストソング「Memory Of Smile」は、文字通り「山田康雄&YOU」の最後のコラボ。稀代の大名盤です。未聴の方は、前年に出た同じくコロムビアオリジナルの企画盤『ルパン三世/聖夜泥棒〜LUPIN THE THIRD IN CHRISTMAS』とともに、ぜひとも手に入れてください。

○CD『Lupin The Third / Tokyo Transit 〜Featuring Yasuo Yamada』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005EN21/
○通販限定CD-BOX『ルパン三世 ミュージックトレジャーズ』にも収録
http://shop.columbia.jp/contents1/lupin_preview.html

---------------------------------------

以上です。聴きに来てくださった皆さん、ありがとうございました。

大野雄二先生の作品を大音量で、しかも大勢で聴く、聴きまくるという超絶楽しい一日でした。10月には新作ルパンの放映もあるし、このイベントはぜひ末永く続けてほしいです!