1

当社ではTopsolid TOPcamを使っています。

使っていて一番役に立つのがシュミレーション。

事前に穴の干渉が分かります。

今回も危うく干渉してはならない穴と干渉するところでした。


設計段階ではタップ深さは、有効深さ=穴深さと考える設計者が多いですがそれでは干渉する事が多々あります。


これに事前に気付き、設計にフィードバックしています。

これが当社が選ばれる理由の一つでもあります。