そもそもiPhoneの純正イヤフォンの性能の悪さが悩みのタネでした。ホールド感の全くないユルユルのイヤーパッド、何処で鳴ってんの?と思うようなスカスカな音。キックなのかスネアなのか分からないようなトストスいう音に我慢なりません。さらに音漏れもヒドイので、通勤電車のなかでPodcastや落語などを聴くような僕としては音漏れでまわりに迷惑をかけていないか、神経をすり減らしているところでした。


こういう純正のイヤフォン。音スカスカだよね。

KOTORIがグンバツにイイ!

 そんなような事情もあり、音漏れもなくイヤーパッドもガッチリしていて且つ音が良い、僕のリクエストを叶えてくれるようなイヤフォンを探していました。
 
 インナーイヤータイプのイヤフォンを中心に、各価格帯と各メーカーのマトリクスでいろいろ試してみました。1,500円から5,000円くらいの価格帯で5つほどでしょうか。その結果、こりゃグンバツだ!と感じたのが、KOTORIでした。


KOTORI」とは、こういうやつ。

 「楽しいほうの、ヘッドフォン」というコピーで売り出しているKOTORIは、カナル型イヤフォン2 件を構成する17パーツ(イヤーパッド/ベース(前部)/ベース(後部/リング/カバー/ロゴプレート/プッシング/スライダー/コード/プラグキャップなど)の全てのカラーリングを細かに変更することができる(左右違いもOK)というもので、その仕様だけをみると何か軟派なイヤフォンじゃねぇか、と思わず悪態をついてしまうような第一印象なのですが、さにあらず。
 
 然に非ずなのです。音も非常に良いのです。低音にはパワーがあるし高音もクリアだし。知らずに使っていたのですが、KOTORIってフォステクスの製品なんですね。納得。


なんか妙にスタイリッシュな「KOTORI」のサイト。カッキーンっつって。


卓球もこんな感じでリコメンドする「KOTORI」。

ただ、不満もあります

 で、KOTORIスゲーぜ!最高にdopeだぜ!って使っているのですが、ひとつだけ満足出来ない、というかiPhoneの純正イヤフォンの後塵を拝する点があります。それはリモコンが付いていない、という点。
 
 なんだかんだ言ったってリモコンって便利ですよね。特に自転車に乗っているときや、ギュウギュウ詰めの電車内とか。リモコンがあればなぁー、というシーンって日常に結構な頻度で現れます。そんなわけで、仕方なく「リモコン付ヘッドホンアダプタ」というようなものをイヤフォンとiPhoneの間につないでお茶を濁していたりました。


こういうヤツ。Amazonで1,200で購入しました。たぶん、コレだったと思います。


レッツiPhoneに接続、そして否めない残念な感じ。

 ですがそんな「リモコン付ヘッドホンアダプタ」も買った時点で既に不自然なネジレがあったからなのか(そんなの気にせずに使っていたけど)断線したようで、購入からおよそ3ヶ月で右耳から音が聞こえないという災難に見舞われました。アダプタ外して直接KOTORIつないだらフツーに聴けるので、アダプタの断線説は濃厚。
 
 しょうがないので、しばらくの間アダプタなしで、曲を飛ばす場合はiPhone本体から、という生活を続けていたのですが、KOTORIにリモコンが付いたらしいという話を聞きました。これは買うしかない!ということで購入することにしました。
 

テーマごとに分かれたデザインパターンから選ぶことも出来ますし・・・


自分で1から色を選ぶ事もできます。


実際に購入してみた

 色を選べるということで、当初はNikeTerminatorのシアトルカラーみたいなイヤフォンを作ろうと息巻いていたのですが、選べる色がほとんどパステル調でしたので、何だかイメージした通りにいかず、結局既製の色を選んで注文することにしました。

img03
シアトルカラー。こういう配色。でも挫折。

ショッピングカート - KOTORI たのしいほうの、ヘッドフォン。
結局、既製の色から注文することにしました。5,000円!そこそこするよ。それでもAppleの純正イヤフォンよりはコストパフォーマンス優れていると思います。


到着まで4週間かかりました

 注文したのち到着までは2〜4週間ほどかかるそうです。結構かかりますね。


届きました。左の一回り大きい箱が、リモコン付き「KOTORI」のケースです。


開けるとこんな感じ。いちいちシャレオツ。手前の鉄アレイみたいな形しているのがリモコン部分です。


ケースから中身を引き抜いて、裏返すとこんな感じで、くるくるっと梱包されているわけです。


イヤーキャップも大・中・小とバリエーションありますので、耳のサイズに合せて使えます。


実際に届いてみて気づいたのですが、リモコンはApple純正のイヤフォンと同じ位置、つまり左右のイヤフォンからのびた線が1本に集約する前の、顔の脇んとこにぶら下がっているんですね。Apple純正のイヤフォンはiPhoneのマイクも兼ねているから、顔の近くっていうのは理解できるんですが、これはどうしてなんですかね。邪魔だと思うんですが、仕方ないのかな。
[追記]マイクとしての機能もありました。ぜんぜんそー見えない。スゴイな「KOTORI」


けど、まあ、イイ感じにまとまりました。グンバツだ。

DESIGN YOUR HEADPHONES | KOTORI たのしいほうのヘッドフォンはこちら。