VTJ GRAPPLERS CROWN

October 05, 2014

昨日は朝から大田区体育館でグラップラーズクラウンでした。
VTJ6が行われる脇のサブアリーナで2階級のトーナメントとワンマッチ2試合。
VTJ実行委員会から頂いた企画で何度かミーティングしながらD-NETでやらせて頂くことになりました。
ルールや運営、募集にかけてもD-NET仕切りです。

D-NET大会とは違いカテゴリーはエキスパートのみ。
賞金や豪華参加賞が付きました。

D-NET大会では沢山の好勝負を見てきました。
果たしてこれがプロフェッショナルレベルでも見れるのか?
ルールに自信はあったのですがこれは賭けの部分でもありました。
10:20頃開始。
が、いきなり膠着試合連発。
商品に目が眩んで硬くなってるのか?朝一の運動で体が動かないのか?
坂本さんの見守る中D-NETルールを勧めた私には一種の不安がよぎりました。

しかし場内が温まってくるに連れ好試合が連発、私の不安はなくなりました。
バンタム級で優勝したのはうちの清水清隆。
テイクダウンで得点リードしてそのまま勝つと言うスタイル。
タックルは私が教えてるランニング式。
いろいろコツがあるのですがこの日の参加選手には極まりやすい法則がありました。
MMAスタイルで勝利できたのには意味があると思います。
o0480032013087365576

ライト級優勝は徹肌イ郎こと鈴木徹。
徹はTRIBEの近所に住んでいてちょこちょこ練習に来ます。
そこで自分が試合に誘って出勤日をずらしてもらい参戦決定した経緯があります。
経歴から行っても順当優勝でしたが決勝で戦った竹内選手との試合は素晴らしい内容だったと思います。

今のMMAでは競技レベルが上がり、極め合いや一本がなかなか見る事が出来ません。
グラップリング好きのファンの方もいらっしゃるのでVTJの同日にこれをやったのは価値があるのでは?と思います。

時間通りにグラップラーズクラウンが終わると撤収して練馬に戻って一般から選手まで指導しました。
D-NETの仲間達はそのまま観戦していて羨ましかったです。
凄く疲れた日でしたがD-NET一丸となって面白い大会をプロデュース出来たのではないでしょうか?
勿論課題もあります。今後やるような事があれば更に良い大会をやれると思います。
このような機会を与えて下さった坂本さん、杉田さん、大会を見に来てくれたお客様ありがとうございました。

アマチュア、一般普及はブレずにこれからもしっかり継続していきます。  
Posted by ryo_chonan at 13:03

TTF CHALLENGE 03

October 01, 2014

unnamedやっぱり中2カ月ピッチの興行は専門家じゃない私にとっていろいろ大変です。
が、しっかり頑張りたいと思います。

カードもだいたい決定しました。
2か月前には決めておきたいものですね。

TTF映像クルーも今回は滋賀まで行ってもらいます。
来月からバンバン動きますよ。
合わせて協賛募集します。
TTFと頑張っている選手を応援したいという方、いましたら宜しくお願い致します。
チケットはぴあにて絶賛発売中です。

TTF CHALLENGE 03協賛募集中

協賛金は一口30000円からの募集となります。(物品提供も含む)
基本は業種内容は問いません。一口につき協賛招待席1名、パンフ広告を掲載させて頂きます。
個人名でも構いません。

コーナーポスト広告は1本10万円、協賛招待席2名分、大きめのパンフ広告掲載。
リングマット1箇所 10万円(複数回希望の方)協賛招待席2名分

その他、ホームページのバナーリンク、煽り映像への掲載など内容は柔軟に対応しますのでよろしくお願いします。
問い合わせ先はこちらで宜しくお願いします。

ttfight.com



  
Posted by ryo_chonan at 20:34

TTF UFC D-NET VTJグラップラーズクラウン

September 23, 2014

まずは9/13TTF CHALLENGE 02沢山の来場ありがとうございました。
沢山の応援と選手の頑張りがあって良い大会になったと思います。

それからUFC。
うちのは残念な内容になりましたがアリーナは大盛り上がり、TRIBEからも沢山会場に行ったようでまだまだ格闘技に可能性がある事を実感しました。

その翌日は朝からD-NET。私はストライキングでレフェリーデビューしました。一般の方達が休日に熱い戦いを繰り広げてくれてTTFやUFCに負けない良い大会思い出になったと思います。

そして今は10/4のVTJグラップラーズクラウン、11/3TTF CHALLENGE 03に向けて動いています。

家庭には迷惑かけまくりです。
自分の体も帯状疱疹がでたり口内炎になったりやばくなってきてます。
11/3が終わったらジム以外の活動は自粛しますがそれまでしっかり頑張ります。
  
Posted by ryo_chonan at 11:27

TTF02協賛募集中

August 22, 2014

前回に引き続き大会スポンサー募集しています。
TTF CHALLENGEに興味のある方、若い格闘家を応援したいという方。
宜しくお願い致します。

協賛金は一口30000円からの募集となります。(物品提供も含む)
基本は業種内容は問いません。一口につき協賛招待席1名、パンフ広告を掲載させて頂きます。
個人名でも構いません。

コーナーポスト広告は1本10万円、協賛招待席2名分、大きめのパンフ広告掲載。
リングマット1箇所 10万円(複数回希望の方)協賛招待席2名分

その他、ホームページのバナーリンク、煽り映像への掲載など内容は柔軟に対応しますのでよろしくお願いします。

問い合わせ先はこちらで宜しくお願いします。

ttfight.com  
Posted by ryo_chonan at 16:25

TTF CHALLENGE 02 完売間近

August 20, 2014

これといってブログでは煽っていませんでしたがTTFC02のチケットがなくなってきました。
4000円はプレイガイドに置いてる分だけです。

FACEより若干集客数が少ないのですが公共施設なので消防の方で人数が決まっていてパンパンには出来ません。その分皆さん安心して安全に観戦できると思います。

TTF02_0811ol (1)今回も煽り映像スタートしました。
見てもらったうえで試合を楽しんでいただけたらと思います。





「TTF CHALLENGE 02」
練馬 Coconeriホール
2014年9月13日(土)OPEN17:00 START18:00

●フライ級(56.7kg) 5分3R
清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A) vs 石神保貴(和術慧舟會東京本部)

●バンタム級(61.2kg) 5分3R
齋藤曜(和術慧舟會トイカツ道場) vs 岡田遼(パラエストラ千葉)

●フライ級(56.7kg) 5分2R
古賀靖隆(Lotus世田谷) vs 渋谷莉孔(フリー)

●パラエストラ東京 vs TRIBE TOKYO M.M.A 対抗戦第2試合
フライ級(56.7kg) 5分2R
蛭川高重(TRIBE TOKYO M.M.A) vs 己吏人(パラエストラ東京)

●バンタム級(61.2kg) 5分2R
狸瑪猿シュン(リバーサルジム東京スタンドアウト) vs 古間木崇宏(パラエストラ八王子)

●バンタム級(61.2kg) 5分2R
瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト) vs 山本哲也(SUBMIT MMA)

●パラエストラ東京 vs TRIBE TOKYO M.M.A 対抗戦第1試合
フェザー級級(65.8kg) 5分2R
渡辺謙明(パラエストラ東京) vs 安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A)

会場:Coconeriホール
〒176-0001 練馬区練馬1丁目17番1号 Coconeri 3階
練馬区立区民・産業プラザTEL:03-3992-5335

チケット
SRS:8,000円
A:4,000円 (別途ドリンク代500円がかかります)
当日500円増
販売プレイガイド: ぴあ http://pia.jp/t/
e+ イープラス http://eplus.jp/glory/

主催 / 問合せ先:TRIBE TOKYO M.M.A 03-6914-9497
協力:D-NET

  
Posted by ryo_chonan at 18:46

TTF CHALLENGE 02

August 03, 2014

業界的な話で最近格闘技界の親父である佐伯さんと喧嘩しました。
正直喧嘩といっても直接やりあったわけじゃなくメール的なもので自分の意見を言いました。
直接会って話せば?とう意見もあります。

今まで酒飲んでたり感情的なもので争い一気に修復不能になる人間関係で多々見てきました。
なので揉めたら解決はメールが一番いいと自分は思ってます。
自分がキレて会話したら関係を終わらせてしまう自信もありますし、言った言わないという話が嫌なので文字に残るものなら発言が証拠となって残ります。

なんで喧嘩したかと言うととある雑誌の対談を見た自分がキレたというのが発端でしたが一番足りてなかったのはお互いのコミュニケーションだったと反省しています。

ジムを始めてから大会以外はほぼ練馬に篭もりっきり。
選手や会員さんと接するも佐伯さんと話す数はだいぶ減ってました。
その間、自分には背負うもの守るものが増えました。
選手だったり会員さんだったりこの競技を好きでいてくれる人達です。
自分も引退して立場が変わり佐伯さんとの考えに大きなズレが生じたことは否めません。
だからこそもっと話さなければいけなかったのかと。

現状の格闘技界の問題や停滞を考え取り組んでいるのがTTF CHALLENGEです。
佐伯さんやパンクラスの酒井さんにも説明して始めたはずです。
そもそもどっかで活躍する選手を引き抜いたりしませんし若手やプロモーター側がチャレンジするという意味でチャレンジという題名にしました。
チャレンジするというのは前に進むという事です。
現状に甘んじることなく業界を進化させるのが自分の考えですので、親父である佐伯さんとこれからは一緒にいろいろ考えながら、俺だから言えることもあるだろうし話してより良い格闘技界にしていきたいです。

そういう信念を持ったイベントTTF CHALLENGE 02 今週正式発表します。  
Posted by ryo_chonan at 14:47

釜石と吉朗と大沢ケンジ

June 27, 2014

あまり更新しないからって溜まっていた話ではありません。
1日での出来事でした。

1週間前、私は単身練馬から岩手県釜石市に向かいました。
新幹線で新花巻に向かい汽車に乗り換え練馬から6時間、曇り空の釜石に到着。

きっかけはD-NETで勝村と知り合った事でした。
彼らが釜石のグラアカというジムと交流を続けボランティアだったりイベントやってる事は知ってたのでD-NETの打ち合わせ時にタイミングが合ったら混ぜて欲しいという話をしました。

自分は震災直後、石巻に物資を運び仙台市内でチャリティーイベントをやった経緯があります。
イベントも2回目もやりたかったのですが自分がジムをやって一杯一杯の状況で被災地の事を思いながらも自分の職務を全うする日々です。
難しいものと感じながらも淳さんとの交流は続いていますよ。

ちょうど金曜は私が休みだったので前入りして格闘技の指導させてもらう事にしました。
これが自分の今出来る事だと思ったのです。
200人会員がいるジムの代表ですので格闘技の指導は自信がありますし人とコンタクトスポーツならでは言葉はなくても交流出来るのではと考えました。
アメリカ滞在時がそうでしたから。

練馬で子供にボディブロー喰らわせながら怒ってる私にとって田舎の真面目な子達への指導は癒しでした。
親父柔術も白帯ながら指導させて頂きましたが私も親父ですので楽しかったです。

IMG_1550いろいろ書くととても長くなりそうなので中省させて頂き2日後のニコニコグラップリングではガチのグラップリングマッチをさせて頂きました。
相手は東北在住最強のグラップラー鹿糠智樹さんです。
沢山の人が見ている事もあり自分がやるべき事はガチの戦いを見せるという事でした。
昨年まで現役だったのでまだ動けます。
一生懸命やって本気を見に来てくれた人達に感じてもらえたらと思い久々の殺モード。
早朝運転して釜石に来てくれた鹿糠さんを付き合わせて申し訳なかったですが良いパフォーマンスは見せれたと思います。
平野代表初め釜石の皆さんいきなり現れ連日お騒がせしましたがありがとうございました。
また会える日を楽しみにしています。
IMG_1553


メインの6人タッグが終わると会場のイオンモールから駅に直行して東京目指しました。
約1ヶ月うちで修行した前田吉朗のセコンドです。
「今成やられたからいかなあかんでしょ?」
と言い元谷という若手の強豪に挑む吉朗。
作戦はヒートし過ぎない事と総合の試合をやる事でした。

今成やられたらの今成さんが前の試合でまたやられてました。流れが良くないです。
吉朗の調子はとても良くアップの時点ではとても期待出来る感じでしたが、思っていた以上に元谷が強い。いつまでもつかは解りませんが元谷の打たれ強さは異常ですしグラップリングも結構強いです。
吉朗はフィニッシュの前のバッティングでダメージを負ってそのままグランドでやられた形になりましたがそれ以前に流れは向こうに傾いていたので言い訳はしません。
私たちは敗北しました。

IMG_1559若い世代が活躍してくれる事は嬉しいですがこの試合の直後、同級生である大沢の引退セレモニーがあり吉朗の悔しさを晴らすべく再びリングに上がり大沢をボコリました。
リングに上がる事の辛さを大沢に叩き込んでやりました。

冗談はさておき吉朗の試合から大沢の引退まででとても寂しい気持ちになりました。
あまり寝てなかったのですがそのまま打ち上げに参加してジムに泊まろうとしたら鍵がない事に気づき中に入れず始発で入間に帰ってタフな日々が終了しました。



IMG_1569日記が纏まらなくなってきましたが喜びの反対に残酷さ、勝者と敗者、格闘技によって様々な感情に出会います。
後悔のないようこれからも全てを注いでいく事でしょう。

また立ち上がる時は再び一緒に。

  
Posted by ryo_chonan at 15:45