久しぶりの

November 19, 2014

10417731_582533005209108_1928374183843971892_n久しぶりのセミナーが30日、大阪で行われます。
最近はイベントプロモートの仕事が多かった為、自分は指導者としての印象が薄れた感がありますが指導は欠かしたことがありませんし、常に選手が勝てるよう研究しています。
TRIBEの勝率は非常に高いですし自信を持って勝つ為の技術を紹介出来ればと思います。

セミナー内容で今考えてるのはタックルとエルボーです。
他所でやっていない事をやらないと意味が無いのでそこら辺から攻めたいと思っています。

関西地区で興味がある方はご参加宜しくお願い致します。

日時:2014年11月30日(日)14:00〜16:00(2時間)
場所:パラエストラ大阪
参加費:4000円
申込方法:下記宛に、
,名前
⊇蠡哀献
参加人数
ぢ任曽紊音臆辰硫槌
ゥ瓠璽襯▲疋譽
を明記の上、upset.kansai@gmail.com まで送信ください。セミナー中に希望する技・テクニック等あれば合わせてお知らせください。  
Posted by ryo_chonan at 18:57

前回の内容とは真逆の

November 10, 2014

11.3新宿FACEの後半イベントDEEPジュエルス。

うちから唯一の女格ファイター、三浦ゾンビが出場。
相手は藤野恵実。
ゾンビは総合を去年から始めた2戦目の選手なのに相手はベテランのタフな強豪。
何故こんなマッチメイクが組まれたかというと一つは女子格の人材不足、もう一つはこんなに人が少ないのに相手を選んで格好付けようとする選手がいたりする事です。

実はゾンビも過去に相手が決まらずグラップリングマッチになってしまった事がありましたが、そんなところが自分の女子格を好きになれなかった理由です。
頑張っている選手もいるので女子格と言えど一括りには出来ないですが、そういう話は嫌だねとゾンビと話した経緯がありました。

佐伯さんと別件で電話で話している際に佐伯さんが「藤野さんの相手がいなくて困ってるんだわ」と言ってました。
だったらうちのがやるんじゃないですか?
という話を自分がしたのですがもし戦ってくれるならイベント的に助かるという事でした。

その後、9.13TTF練馬大会終了後に藤野ゾンビ戦の正式オファーが電話で来てそれを本人に伝えたのですが、ゾンビから返ってきたのは「私にはまだ早いです」という予想していなかった返答でした。
あれだけ毎日練習して試合がしたいと言ってたくせに藤野が相手だとまだ早い?
「じゃあ相手がもっと弱かったらやるの?そんなのおかしいから今回は試合ないよ。がっかりだ」とゾンビに電話で伝えDEEP側に謝罪し私はオファーを断りました。

これを聞くと長南残酷だなとか厳しいとか言われそうですが私は女子の選手を抱えた時から技術指導に関する身体能力的な部分以外は男女差別しない事を決めてました。
今の話がうちの佐藤天とかだったら誰も可哀想と思いません。だから私が正しいのです。
ゾンビは一晩中泣いてたようですが翌日の日曜の早い時間から練習に来て私に謝罪してから一日中練習してました。
そして吹っ切れたのか帰る時に「私はもう試合を断りません」と自分に向かって決意表明をしました。
断ったの昨日だからまだ余裕で間に合うんじゃね?という事で佐伯さんに再度電話して昨日の電話を撤回し藤野恵実戦が決定しました。
そこには昨日オファーにビビって泣いてた時より明らかに強くなったゾンビがいました。

長くなりましたがこれが試合決定までの経緯です。
ちょうど自分が須田さんやマッハさんに挑戦した時のように喰って欲しいそう思いました。
年齢はあの頃の自分と一緒です。

ここからが地獄の始まりです。
彼女は整骨院で働く昼休みに週3回私とマンツーマンで苦手な打撃の練習だったりフィジカルもあわせたテイクダウンの練習を行いました。それ以外の平日も必ず来ます。
夜も来て若手や会員さん達とスパー中心の練習を重ねます。

ミットでは防御が甘いとすかさず返しの攻撃を打ち込みました。腹を打たれてダウンしたり、足を蹴られて倒れたりする事もよくありました。
体調が悪くてうまく動けない時には必ず泣き出しますが毎日2部連を重ね試合まで気持ちと体を作りました。約2ヶ月近く逃げずに攻め続けやり切りました。

そして迎えた本番。
1R後半にチャンスを掴むもの2Rは藤野のプレッシャーに潰され判定で敗れました。
最後までトライし最後もタックルをがぶられ潰されたところから立ち上がってゴングが鳴りました。

IMG_0015もっとやれたのになぁとは思いましたが立派に戦いました。
決して合格点ではないし反省の残る内容でしたがスタートから考えると技術も進歩し人間的にも大きくなれたと思います。試合をしてくれた藤野には本当に感謝です。
試合後に沢山の選手、関係者からゾンビの試合に関するお褒めの言葉を頂きました。
自分が付けたゾンビという名前にも納得いってもらえたようです。
本人は負けて悔しかったのに沢山の人から激励されその夜もずっと泣いていたそうです。
試合を断って泣いていた夜とは真逆の涙でしょう。

本人に試合した事が良かったかどうかと聞くと「試合して良かったです」と顔を腫らしながらも胸を張って言ってきました。
逃げたり迷ってたら得られなかった充実感とこれからモチベーション。
まだまだこれから強くなります。


格闘技やってみたいとかちょっと怖そうだからどうしようとか思っている方がいましたら是非TRIBE TOKYO M.M.Aに体験に来てください。
きっと悩んでた事が馬鹿らしいと思えるくらい楽しく汗流せますから。


TRIBE TOKYO M.M.A
http://www.tribetokyo.com
03-6914-9497
随時会員募集中です。
  
Posted by ryo_chonan at 23:54

TRIBE道

November 07, 2014

TTF CHALLENGE 03 沢山の来場ありがとうございました。
参加選手も沢山の熱い戦いとドラマをありがとうございました。

前回のブログで記したように今回のイベントは私にとって試練でした。
潤鎮魂歌選手の欠場、メインのカードも決まらずやはりイベント屋でもない私が2ヶ月ない期間に連続でイベントするのは難しかったです。

そんな中で修斗の坂本さんの協力ありKODO選手が手を挙げてくれたり、TTFに参戦したいと急遽代打出場してくれた小堀選手がいたり地方の選手からも注目されるイベントに成長してきたことは嬉しい限りです。
思えば01のモンキー選手の出場を提案した時、チケット販売と渡航費を考えると割にあわないという助言を周りからもらった経緯があるのですが、若くて実力のある選手に出場して欲しいと押し切り、しっかりイベントを締めモンキー選手は応えてくれました。
これからもTTFは日本全国格闘技を志す者達が試合する場所になれればと今回改めて思いました。

今大会はTRIBEから若手が3人出場。

小川はあんまり強いとは思いませんがいつも熱い試合で特攻かましてくれます、弱点は結構ありますが試合は非常にプロ向きだと思います。今回もアグッレシブな戦いで勝利しましたが相手の大場選手はまだ若くこれから頑張れば上に行ける可能性があるのかなとこれからを期待しました。

安藤はアマ修関東大会、D-NETグラップリング、前回の試合等でプロ2戦目にして相手が決まらないという状況に陥ってしまいました。
そんな中、連勝中の高橋選手が手を挙げてくれましたが、ファールカップを忘れて入場するたわけ者のラッシュに沈んでしまいました。安藤は粗相も自らの試合でカバーした形になり注目度は上がったと思います。勿論今度ファールカップ忘れたらどうなるかは彼は解ると思います。

新宿ファイター天は29秒の秒殺劇。
彼のパンチ力はいつもミットを持って知っています。モロに当たるとああいう結果になってしまいます。
実はこの試合に付く予定だったセコンド1名が当日ドタキャンしてくれました。白井がいたから良かったものの日頃のそいつの練習態度やチームメイトへの対応など私を怒らせる要素があり過ぎて今でも怒っています。これについては後ほど…


メインのKODO選手、サステイン坂本代表が見守る中、果敢に攻め1Rをジャッジ3名共10-9の内容で奪いました。
2Rになると反対に小島が追い上げKODO選手を削りチョークで仕留めました。
非常に良い試合でした。


終了後にバックステージでKODO選手が涙ぐみながら試合のお礼と引退の報告に自分のところへ来ました。
予期せぬ出来事で「こんな場所でいいんですか?」と修斗愛の強いKODO選手に聞きました。
本人負けたら辞めると決めていたそうです。
自営業しながらジムの代表を務め家庭では父親でもあるKODO選手、それがどんなに大変かを解る私はそれ以上何も言えません。前回大会ではうちの蛭川が、今回はKODO選手がTTFのリングで現役を終えました。
私にはそういう選手の気持ちに応えるべく若い選手を発掘し業界を盛り上げなければいけません。
KODO君は自分にこれからは自分の弟子達を宜しくお願いしますと言いました。
彼が鍛えた選手がいつかTTFの舞台で勝利してくれれば凄い物語になります。
STG神戸のこれからに期待しましょう。
KODO君現役生活お疲れ様でした。
http://ameblo.jp/tofu-kodo/entry-11948087405.html


今大会はK-1の裏に隠れながらも大盛り上がりで終了しました。
苦しんだイベントだけにあってこのまま打ち上げでパーっとやりたい気分でしたがうちのゾンビ三浦の試合が同会場である為そのまま新宿で待機。
TTFを手伝ってくれたDEEPスタッフの皆さんももう一踏ん張りです。

そしてセコンドばっくれ野郎の話に戻します。

ゾンビの試合があるのにTRIBE選手、トレーナー達は打ち上げに行ったり帰宅したりで、どんどん姿を消していきました。打ち上げで遠方から応援来ている人がいるのも解るので近場で集まって試合時だけちょい抜けして応援に戻ってくればいいのではないでしょうか?
勿論代表の自分がいるから大丈夫だろう的な考えだったと思います。
残ったのは会員さん達の応援団とデビューもしてない若手達でした。
怒るところではありませんが彼女の不安や日頃の練習姿勢を知ってるはずなのにそりゃねぇだろ?って思いました。
全て自分に置き換え、周りを思いチームメイトや仲間の事を考えなければいけないはず。人にした事は自分のターンで返ってきます。
自分の試合が終わればいいんじゃない。格闘技の練習は1人じゃ出来ないのだから。
うちの選手達に特にルールはありませんし人としてちゃんとして練習して試合すればいいだけのですが、自分さえ良ければいいの駄目です。アウトです。

最近そんな事を飲み仲間の会員さん達と話して20代中盤までは背中で見せたり指導をして、若いのが駄目な部分も自分達に責任を感じるべきだという結論になりました。
ただアラ30で当たり前の事をちゃんと出来ない奴はもう手遅れだという話にもなりました。

先ほどのばっくれ野郎はいつも自分の試合が終わると練習場所から姿を消し今回は後輩の試合のセコンドまでドタキャン。
こんなのを下の世代が見たらどう思うのでしょうか?
皆の前で語って言葉で説明するのも嫌なので所属選手全員このブログを読んで感じて欲しい。

自分の現役時代は人種問わず沢山の仲間に支えられ反対に仲間を支え選手を続ける事が出来たと誇りに思っている。
それは財産であり引退した今でも繋がっている。
若い世代にも格闘技を通じてそれを知って欲しい。ただ殴り合う、強い弱いで終わる世界じゃなくもっと奥深いものだと知って欲しい。そこは武道なのかなと思います。


そもそも来なかったのであんまり変わりませんがばっくれ野郎はジム出入り禁止処分にしました。
今後どうするかは保留です。
同階級の練習相手が減ってしまっていた白井をもう一度チャンピオンにする為に私が練習復帰します。
せっかくゆっくり出来ると思ったら明日からまた大変です。


内輪ネタでお恥ずかしいですが私も代表と言えどまだまだ未熟者で大会日からずっとこんな事を考えてます。
もっとドライに生きるべきなのどろうか?文章と睨めっこしながら考えています。

次のブログはゾンビ編に続きます。
  
Posted by ryo_chonan at 00:44試合

チームM.A.D

October 27, 2014

TTF03のメインタイトルに使っている蘇り。
ポスターになっている潤鎮魂歌選手がまさかの交通事故で欠場の煽りを受けイベントは大ダメージを受けていますがこんな時こそ踏ん張らねばと営業しています。

そんな中で昨日は中西の試合があって指導終わってからTDCホールに直行。

相手は自分が2度戦っている桜井隆多選手。
自分より年上なのに未だにDEEPミドル級のトップ戦線で戦っている尊敬すべき選手。

前回は中西が軽量オーバーで調整を大失敗してスタミナ切れの末、十字で負けました。
自分はその日白井のセコンドで海外行ってて中西に付いてやる事が出来なかったので自分にとってもリベンジの回です。

試合は中西が圧倒しての判定勝ち。
本人は途中から安全運転しちゃったそうです。
自分的にはメインイベンターだしもっとやれただろうと思っていたのですが見ている人に強さや迫力は伝わったようでした。
桜井選手も凄いタフでした。

その結果12月21日は中村和裕のタイトルに挑戦することになりましたが同日、白井もウェルター級タイトルマッチが決まっています。
白井も巻いてましたがどちらも元々は自分が巻いていたベルトです。

TRIBE結成前、我々は道場も無く出稽古させてもらうジプシー軍団でした。
アライアンスや吉田道場でお世話になりカズと悠太も練習仲間。
何とも言えない気持ちになりますがきっと凄い大会になるでしょう。
TEAM M.A.DからTRIBE TOKYO M.M.Aと進化した我々は負けないし必ず勝たせたいと思います。
IMG_1745

  
Posted by ryo_chonan at 15:28

VTJ GRAPPLERS CROWN

October 05, 2014

昨日は朝から大田区体育館でグラップラーズクラウンでした。
VTJ6が行われる脇のサブアリーナで2階級のトーナメントとワンマッチ2試合。
VTJ実行委員会から頂いた企画で何度かミーティングしながらD-NETでやらせて頂くことになりました。
ルールや運営、募集にかけてもD-NET仕切りです。

D-NET大会とは違いカテゴリーはエキスパートのみ。
賞金や豪華参加賞が付きました。

D-NET大会では沢山の好勝負を見てきました。
果たしてこれがプロフェッショナルレベルでも見れるのか?
ルールに自信はあったのですがこれは賭けの部分でもありました。
10:20頃開始。
が、いきなり膠着試合連発。
商品に目が眩んで硬くなってるのか?朝一の運動で体が動かないのか?
坂本さんの見守る中D-NETルールを勧めた私には一種の不安がよぎりました。

しかし場内が温まってくるに連れ好試合が連発、私の不安はなくなりました。
バンタム級で優勝したのはうちの清水清隆。
テイクダウンで得点リードしてそのまま勝つと言うスタイル。
タックルは私が教えてるランニング式。
いろいろコツがあるのですがこの日の参加選手には極まりやすい法則がありました。
MMAスタイルで勝利できたのには意味があると思います。
o0480032013087365576

ライト級優勝は徹肌イ郎こと鈴木徹。
徹はTRIBEの近所に住んでいてちょこちょこ練習に来ます。
そこで自分が試合に誘って出勤日をずらしてもらい参戦決定した経緯があります。
経歴から行っても順当優勝でしたが決勝で戦った竹内選手との試合は素晴らしい内容だったと思います。

今のMMAでは競技レベルが上がり、極め合いや一本がなかなか見る事が出来ません。
グラップリング好きのファンの方もいらっしゃるのでVTJの同日にこれをやったのは価値があるのでは?と思います。

時間通りにグラップラーズクラウンが終わると撤収して練馬に戻って一般から選手まで指導しました。
D-NETの仲間達はそのまま観戦していて羨ましかったです。
凄く疲れた日でしたがD-NET一丸となって面白い大会をプロデュース出来たのではないでしょうか?
勿論課題もあります。今後やるような事があれば更に良い大会をやれると思います。
このような機会を与えて下さった坂本さん、杉田さん、大会を見に来てくれたお客様ありがとうございました。

アマチュア、一般普及はブレずにこれからもしっかり継続していきます。  
Posted by ryo_chonan at 13:03

TTF CHALLENGE 03

October 01, 2014

unnamedやっぱり中2カ月ピッチの興行は専門家じゃない私にとっていろいろ大変です。
が、しっかり頑張りたいと思います。

カードもだいたい決定しました。
2か月前には決めておきたいものですね。

TTF映像クルーも今回は滋賀まで行ってもらいます。
来月からバンバン動きますよ。
合わせて協賛募集します。
TTFと頑張っている選手を応援したいという方、いましたら宜しくお願い致します。
チケットはぴあにて絶賛発売中です。

TTF CHALLENGE 03協賛募集中

協賛金は一口30000円からの募集となります。(物品提供も含む)
基本は業種内容は問いません。一口につき協賛招待席1名、パンフ広告を掲載させて頂きます。
個人名でも構いません。

コーナーポスト広告は1本10万円、協賛招待席2名分、大きめのパンフ広告掲載。
リングマット1箇所 10万円(複数回希望の方)協賛招待席2名分

その他、ホームページのバナーリンク、煽り映像への掲載など内容は柔軟に対応しますのでよろしくお願いします。
問い合わせ先はこちらで宜しくお願いします。

ttfight.com



  
Posted by ryo_chonan at 20:34

TTF UFC D-NET VTJグラップラーズクラウン

September 23, 2014

まずは9/13TTF CHALLENGE 02沢山の来場ありがとうございました。
沢山の応援と選手の頑張りがあって良い大会になったと思います。

それからUFC。
うちのは残念な内容になりましたがアリーナは大盛り上がり、TRIBEからも沢山会場に行ったようでまだまだ格闘技に可能性がある事を実感しました。

その翌日は朝からD-NET。私はストライキングでレフェリーデビューしました。一般の方達が休日に熱い戦いを繰り広げてくれてTTFやUFCに負けない良い大会思い出になったと思います。

そして今は10/4のVTJグラップラーズクラウン、11/3TTF CHALLENGE 03に向けて動いています。

家庭には迷惑かけまくりです。
自分の体も帯状疱疹がでたり口内炎になったりやばくなってきてます。
11/3が終わったらジム以外の活動は自粛しますがそれまでしっかり頑張ります。
  
Posted by ryo_chonan at 11:27