エスフォルタアリーナ大会

April 06, 2015

昨日はたくさんのご来場、応援ありがとうございました。
TTF CHALLENGEを始めて4回目、自分の引退興行から数えると5回目。
仙台のStand upや自分の田舎のイベントを加えると8回目の自主興行。

今までうまくいっていたので全く縁のない土地でもなんとかなると特攻したのですが興行的に初の赤字でした。
たいした額ではないので金額云々ではないのですがこれが続くようだと継続は出来ないし今回はプロモーターとして学ばせて貰ったと思っています。

そんな中でも音響に力を入れたり選手のモチベーションが上る努力は今までと変わらずやってきました。
そして実際に出場選手達は頑張っていたと思います。
しかしながら後楽園だったら盛り上がっているはずの内容も昨日はいまいち盛り上がりませんでした。
空間が広すぎて伝わらない感じです。
超人のお客さんとうちのお客さんが真っ二つに分かれてしまったのも盛り上がらない要因でした。
うちが終わって帰る人が多かったのですが同じように入れ替えで入ってくる人も多かったです。
せっかく一枚で2興行見れるに勿体ない感じでした。

セミの石川英司vs中村大介は好試合でした。
英ちゃんは練習時から新人のように練習に取り組み自分を追い込んでいました。
大介はいつものようにポーカーフェイスです。
試合はテイクダウン狙いの英ちゃんに大介が切り返しのアームロックや十字を狙い続ける展開が続きました。
英ちゃんのセコンドについた八隅君の支持が見事に的確でした。
両者スタミナを使うスタイルなので3R目はまさに勝負のラウンドでしす。テイクダウンに成功した英ちゃんは泣きそうな顔しながら必至に抑え込んでいました。
しかし大介は変わらずポーカーフェイスです。
勝利の勝ち名乗りを受けた英ちゃんは大喜び。リングの周りには沢山の仲間が集まっていました。
大介はあまり悔しがっていないようでした。
大介は私の後輩だから思うのですがモチベーションの違いが練習から試合まで全部出ていたのかと。
彼がこのまま続けるのかどうか私も解りませんが最近試合を楽しいと思っていないのか?と気になります。
そこら辺は両選手ともにそれぞれ飲んで語り合いたいと思います。

メインの清水(以下少年)vs中村優作。
先に一つ言っておきたいのが自主興行である限り私は選手のセコンドに付きません。
いろいろ考え方はあると思いますが自分の興行でセコンドしてその選手が勝って喜ぶのは私には自慰行為にしか見えないのです。
なのでTRIBEの選手たちは過酷です。自惚れるわけではありませんが練習をずっと見ている私が側にいないのです。
加えてマッチメイクも自分のところの選手が勝てそうなのを選ぶ真似はしません。

少年目線からこの試合見ると中村優作戦に自信を持っているようでした。
実際にたくさんの関係者から「清水は普通に勝つでしょ?」と私も言われ練習仲間でさえもそんな雰囲気ではありました。ただ自分は危険だと思い続けていました。試合とはチェスみたいなもので自分の持っているものをどううまく使うかで試合が変わります。武器の数は少年のほうが多いけどその選択によっては多数の駒を残したまま敗北することがあると。
マッチメイク段階で少年にはこの壁を乗り越え真のチャンピオンになって欲しいと思っていました。
結果は判定で敗北。
IMG_7297一瞬ピンチになると少年はブチ切れモードになる事があり元谷戦とか渡辺戦とか正にそれでしたが昨日はブチ切れモードにもなりませんでした。
簡単に言うと敗因は完全に相手と同じ戦い方をした事です。間合いまでが相手の間合いです。
それでよく打ち合ったなと思いますが例えば剣道の選手が竹刀を持ってフェンシングの選手とフェンシングルールで試合して勝てるのでしょうか?
それぐらい間違った戦い方をしていました。
途中何度か叫びたくなりましたが最後まで少年のブチ切れモードを期待しながら見守りました。
泣いて喜ぶ優作選手と泣いて悔しがる少年。
イベント収支の話を前述しましたがここにイベントを開いた価値がありました。
最近の試合を見ていると独り立ちしても大丈夫かと思っていましたがやっぱり少年は俺がいないと駄目だと解りました。
次は私と共に危険で強い少年が帰ってきます。
ご期待ください。

TTF CHALLENGE 04沢山の協賛の方々、支援して頂いた方々のおかげで今回もTTFは開催することができて無事に終了しました。
今回選手、関係者の思いを届けきれなかったのは私の未熟さです。

また少し時間を頂いて選手同様、私もイベントもパワーアップして帰ってきます。
IMG_0257








  
Posted by ryo_chonan at 16:57

TTF CHALLENGE 04

March 04, 2015

unnamed新年1発目の興行をエスフォルタアリーナ八王子で行います。

初のケージ大会となる今大会はDEEP八王子 超人祭りと2部興行になります。
1枚のチケットで2大会観戦可能です。
長島自演乙選手や今成選手、幕選手も見れる豪華なチケットです。
絶対凄い大会になりますので是非足を運んで下さい。




今大会も協賛を募集します。
TTF CHALLENGE 04

協賛金は一口30000円からの募集となります。(物品提供も含む)
基本は業種内容は問いません。一口につき協賛招待席1名、パンフ広告を掲載させて頂きます。
個人名でも構いません。

コーナーポスト広告は1本10万円、協賛招待席2名分、大きめのパンフ広告掲載。
リングマット1箇所 10万円(複数回希望の方)協賛招待席2名分

その他、ホームページのバナーリンク、煽り映像への掲載など内容は柔軟に対応しますのでよろしくお願いします。
03-6914-9497 長南まで。
TTF CHALLENGE 04




  
Posted by ryo_chonan at 22:07

2015開幕

February 09, 2015

年明けから悲しい事があったり政治的に頭にくる事が多くて文章を打つ気がしなかった。
小さい発信はTwitterやFacebookの方をご参照ください。

今日はグランドスラムで2015年度TRIBE TOKYO M.M.Aプロの試合の開幕でした。
ここ最近自分は新年会とかで飲んだりしながらも指導に明け暮れていたら体調を崩し、急性腸炎にかかってしまったようで下痢が止まらなくなってしまいました。
そんな中でも嬉しい事に入会者が多く気力で日々を過ごしていましたが、こんなに体調が悪いのは久しぶりです。

今日もジムに行って指導をしてから車でディファまで。

ベテラン坂下と新人安藤のセコンドです。
会場に到着後間もなくして坂下さんのアップを行いミットを持って息上げの指示を出します。
スタミナが鬼で順調に仕上がってました。

続いて試合間隔があまりないので安藤のミット持ち。

ここで恐ろしい出来事が起こりました。
安藤の動きの切れが凄まじくタックルの出入りが非常に早い。
パンチを受けながらどんどん試合形式でミットを持ち私がパウンドを受けようとガードでミットを構えたところエキサイトしたあいつは構えたミットではなく私の顔面にパウンドを叩き込んできました。

ただでさえ体調の悪かった私でしたが全力のパウンドでコンクリの床で頭がバウンドし顔と後頭部を負傷しました。
更には入れ替わって組み技の相手をしていた少年までも殴られていました。
対戦相手の芦田選手の応援しようかと思いましたがちょっと手が滑っただけだと思い、負けたり不甲斐ない試合したら殺そうと決心しました。

そして坂下さんの試合。
相手の荒々しい打撃を搔い潜りテイクダウンして攻め続け3-0の判定勝ち。
坂下さんは自分より一つ年上で仕事をしています。
忙しい中でキツい練習を若手達に混って行い、その若手達に負けない動きをします。
正直器用な選手ではありませんが練習姿勢と男気は我がTRIBEおいて皆の見本です。
まだまだ発展中の39歳。
今回もしっかり勝ってくれました。

そして安藤。
練習では強くて誰もが認める存在。
デビュー後3戦目だからと言って甘ちゃんなマッチメイクを組みたくないし試練を乗り越え強くなって欲しいので、この芦田戦のオファーを受けさせて頂きました。
周りにまだ早いとかいろいろ言われましたが勝つ可能性は十分あると私は思っていました。

ただそれ以上に本人は言葉こそにはしませんが自信過剰で楽勝だと思っているようにも感じました。

1Rボディへの膝でダウンを奪うと滅茶苦茶なラッシュ。試合が終わるんじゃないかというぐらいの猛攻。
凌がれインターバルに戻ると力み過ぎたのかやたら疲れています。
私も取り外したマウスピースを入れ忘れるミスを犯しましたがそれは控え室でのパウンドのダメージでした。

2R上になるも何度も三角に捕まりその度に使っていたバスターのパワーもなくなりました。
キャッチが入った状態で万事休すかと思いやなんとかゴングに救われました。

悪い流れになってきましたがインターバルで「お前ここで終わる人間じゃないだろ?」と言い幾つかの基本的なアドバイスをしました。

最終Rはお互いヘロヘロになりながらも安藤はレスリングで圧倒しました。
結果3者29-28、3-0の判定勝ち。

駄目なところもあるのは解った上で彼のこれからに大きな期待を持てる内容でした。
沢山あった弱点はこれから修正出来ます。
そして自信過剰の彼が3戦目にして苦しみ、試合の辛さを知ってくれた事が今回何よりの収穫でした。
彼はこれからもっと練習して強くなるでしょう。

ディファから練馬に戻って荷物を下ろし、入間まで関越を車を走らせながら独りで考えました。
自分の元に何か目的を求めて人が集い、人生に置いてただの通過点のような時間かもしれないが人が本気で取り組んでるところを共に戦い日々過ごす。
前途した辛い事や頭にくる事、世の中の不条理に腹を立てながらも、生き甲斐を感じ幸せを感じれてる今、俺は最高に幸せな人間だと思う事が出来ます。
まだまだ今いる奴らといろいろ感じて頑張って共に成長していきたいものです。

本日応援して頂いた方々、この場を用意してくださった相原さん、勝村、ありがとうございました。
IMG_0018



  
Posted by ryo_chonan at 00:07試合

2014

December 31, 2014

久しぶりの更新が今年最後になってしまいましたが2014年は弟子、後輩達が最高の形で締め括ってくれました。

DEEPもパンクラスも修斗も関係なく今日の為に選手達は練習を続け堂々と戦いました。
その中で我々は勝利を掴む事が出来たのですが勝敗とは点のようなもので結果を受けてどうあるべきかドラマが線となってこれからも続いていきます。
今日本気で挑んだ選手達全員が漢でした。

吉朗はずっと結果が出なくて申し訳なくて、でもずっと自分を信頼してくれました。
そして家族をはじめ応援してくれる人達はずっと変わらず応援し続けてくれました。
今日なんとか競り勝った時は泣きそうなりました。
しかし控え室でパンツ一丁ではしゃぐ奴を見て冷めましたが…

セコンド付いた3名以外にも練習に来る後輩達が全員勝利。
10年前アンデウソンにスーパーアリーナで勝った時の何倍も嬉しかった。

来年も走り続けますので皆さん宜しくお願い致します。
IMG_1928
  
Posted by ryo_chonan at 23:55試合

久しぶりの

November 19, 2014

10417731_582533005209108_1928374183843971892_n久しぶりのセミナーが30日、大阪で行われます。
最近はイベントプロモートの仕事が多かった為、自分は指導者としての印象が薄れた感がありますが指導は欠かしたことがありませんし、常に選手が勝てるよう研究しています。
TRIBEの勝率は非常に高いですし自信を持って勝つ為の技術を紹介出来ればと思います。

セミナー内容で今考えてるのはタックルとエルボーです。
他所でやっていない事をやらないと意味が無いのでそこら辺から攻めたいと思っています。

関西地区で興味がある方はご参加宜しくお願い致します。

日時:2014年11月30日(日)14:00〜16:00(2時間)
場所:パラエストラ大阪
参加費:4000円
申込方法:下記宛に、
,名前
⊇蠡哀献
参加人数
ぢ任曽紊音臆辰硫槌
ゥ瓠璽襯▲疋譽
を明記の上、upset.kansai@gmail.com まで送信ください。セミナー中に希望する技・テクニック等あれば合わせてお知らせください。  
Posted by ryo_chonan at 18:57

前回の内容とは真逆の

November 10, 2014

11.3新宿FACEの後半イベントDEEPジュエルス。

うちから唯一の女格ファイター、三浦ゾンビが出場。
相手は藤野恵実。
ゾンビは総合を去年から始めた2戦目の選手なのに相手はベテランのタフな強豪。
何故こんなマッチメイクが組まれたかというと一つは女子格の人材不足、もう一つはこんなに人が少ないのに相手を選んで格好付けようとする選手がいたりする事です。

実はゾンビも過去に相手が決まらずグラップリングマッチになってしまった事がありましたが、そんなところが自分の女子格を好きになれなかった理由です。
頑張っている選手もいるので女子格と言えど一括りには出来ないですが、そういう話は嫌だねとゾンビと話した経緯がありました。

佐伯さんと別件で電話で話している際に佐伯さんが「藤野さんの相手がいなくて困ってるんだわ」と言ってました。
だったらうちのがやるんじゃないですか?
という話を自分がしたのですがもし戦ってくれるならイベント的に助かるという事でした。

その後、9.13TTF練馬大会終了後に藤野ゾンビ戦の正式オファーが電話で来てそれを本人に伝えたのですが、ゾンビから返ってきたのは「私にはまだ早いです」という予想していなかった返答でした。
あれだけ毎日練習して試合がしたいと言ってたくせに藤野が相手だとまだ早い?
「じゃあ相手がもっと弱かったらやるの?そんなのおかしいから今回は試合ないよ。がっかりだ」とゾンビに電話で伝えDEEP側に謝罪し私はオファーを断りました。

これを聞くと長南残酷だなとか厳しいとか言われそうですが私は女子の選手を抱えた時から技術指導に関する身体能力的な部分以外は男女差別しない事を決めてました。
今の話がうちの佐藤天とかだったら誰も可哀想と思いません。だから私が正しいのです。
ゾンビは一晩中泣いてたようですが翌日の日曜の早い時間から練習に来て私に謝罪してから一日中練習してました。
そして吹っ切れたのか帰る時に「私はもう試合を断りません」と自分に向かって決意表明をしました。
断ったの昨日だからまだ余裕で間に合うんじゃね?という事で佐伯さんに再度電話して昨日の電話を撤回し藤野恵実戦が決定しました。
そこには昨日オファーにビビって泣いてた時より明らかに強くなったゾンビがいました。

長くなりましたがこれが試合決定までの経緯です。
ちょうど自分が須田さんやマッハさんに挑戦した時のように喰って欲しいそう思いました。
年齢はあの頃の自分と一緒です。

ここからが地獄の始まりです。
彼女は整骨院で働く昼休みに週3回私とマンツーマンで苦手な打撃の練習だったりフィジカルもあわせたテイクダウンの練習を行いました。それ以外の平日も必ず来ます。
夜も来て若手や会員さん達とスパー中心の練習を重ねます。

ミットでは防御が甘いとすかさず返しの攻撃を打ち込みました。腹を打たれてダウンしたり、足を蹴られて倒れたりする事もよくありました。
体調が悪くてうまく動けない時には必ず泣き出しますが毎日2部連を重ね試合まで気持ちと体を作りました。約2ヶ月近く逃げずに攻め続けやり切りました。

そして迎えた本番。
1R後半にチャンスを掴むもの2Rは藤野のプレッシャーに潰され判定で敗れました。
最後までトライし最後もタックルをがぶられ潰されたところから立ち上がってゴングが鳴りました。

IMG_0015もっとやれたのになぁとは思いましたが立派に戦いました。
決して合格点ではないし反省の残る内容でしたがスタートから考えると技術も進歩し人間的にも大きくなれたと思います。試合をしてくれた藤野には本当に感謝です。
試合後に沢山の選手、関係者からゾンビの試合に関するお褒めの言葉を頂きました。
自分が付けたゾンビという名前にも納得いってもらえたようです。
本人は負けて悔しかったのに沢山の人から激励されその夜もずっと泣いていたそうです。
試合を断って泣いていた夜とは真逆の涙でしょう。

本人に試合した事が良かったかどうかと聞くと「試合して良かったです」と顔を腫らしながらも胸を張って言ってきました。
逃げたり迷ってたら得られなかった充実感とこれからモチベーション。
まだまだこれから強くなります。


格闘技やってみたいとかちょっと怖そうだからどうしようとか思っている方がいましたら是非TRIBE TOKYO M.M.Aに体験に来てください。
きっと悩んでた事が馬鹿らしいと思えるくらい楽しく汗流せますから。


TRIBE TOKYO M.M.A
http://www.tribetokyo.com
03-6914-9497
随時会員募集中です。
  
Posted by ryo_chonan at 23:54

TRIBE道

November 07, 2014

TTF CHALLENGE 03 沢山の来場ありがとうございました。
参加選手も沢山の熱い戦いとドラマをありがとうございました。

前回のブログで記したように今回のイベントは私にとって試練でした。
潤鎮魂歌選手の欠場、メインのカードも決まらずやはりイベント屋でもない私が2ヶ月ない期間に連続でイベントするのは難しかったです。

そんな中で修斗の坂本さんの協力ありKODO選手が手を挙げてくれたり、TTFに参戦したいと急遽代打出場してくれた小堀選手がいたり地方の選手からも注目されるイベントに成長してきたことは嬉しい限りです。
思えば01のモンキー選手の出場を提案した時、チケット販売と渡航費を考えると割にあわないという助言を周りからもらった経緯があるのですが、若くて実力のある選手に出場して欲しいと押し切り、しっかりイベントを締めモンキー選手は応えてくれました。
これからもTTFは日本全国格闘技を志す者達が試合する場所になれればと今回改めて思いました。

今大会はTRIBEから若手が3人出場。

小川はあんまり強いとは思いませんがいつも熱い試合で特攻かましてくれます、弱点は結構ありますが試合は非常にプロ向きだと思います。今回もアグッレシブな戦いで勝利しましたが相手の大場選手はまだ若くこれから頑張れば上に行ける可能性があるのかなとこれからを期待しました。

安藤はアマ修関東大会、D-NETグラップリング、前回の試合等でプロ2戦目にして相手が決まらないという状況に陥ってしまいました。
そんな中、連勝中の高橋選手が手を挙げてくれましたが、ファールカップを忘れて入場するたわけ者のラッシュに沈んでしまいました。安藤は粗相も自らの試合でカバーした形になり注目度は上がったと思います。勿論今度ファールカップ忘れたらどうなるかは彼は解ると思います。

新宿ファイター天は29秒の秒殺劇。
彼のパンチ力はいつもミットを持って知っています。モロに当たるとああいう結果になってしまいます。
実はこの試合に付く予定だったセコンド1名が当日ドタキャンしてくれました。白井がいたから良かったものの日頃のそいつの練習態度やチームメイトへの対応など私を怒らせる要素があり過ぎて今でも怒っています。これについては後ほど…


メインのKODO選手、サステイン坂本代表が見守る中、果敢に攻め1Rをジャッジ3名共10-9の内容で奪いました。
2Rになると反対に小島が追い上げKODO選手を削りチョークで仕留めました。
非常に良い試合でした。


終了後にバックステージでKODO選手が涙ぐみながら試合のお礼と引退の報告に自分のところへ来ました。
予期せぬ出来事で「こんな場所でいいんですか?」と修斗愛の強いKODO選手に聞きました。
本人負けたら辞めると決めていたそうです。
自営業しながらジムの代表を務め家庭では父親でもあるKODO選手、それがどんなに大変かを解る私はそれ以上何も言えません。前回大会ではうちの蛭川が、今回はKODO選手がTTFのリングで現役を終えました。
私にはそういう選手の気持ちに応えるべく若い選手を発掘し業界を盛り上げなければいけません。
KODO君は自分にこれからは自分の弟子達を宜しくお願いしますと言いました。
彼が鍛えた選手がいつかTTFの舞台で勝利してくれれば凄い物語になります。
STG神戸のこれからに期待しましょう。
KODO君現役生活お疲れ様でした。
http://ameblo.jp/tofu-kodo/entry-11948087405.html


今大会はK-1の裏に隠れながらも大盛り上がりで終了しました。
苦しんだイベントだけにあってこのまま打ち上げでパーっとやりたい気分でしたがうちのゾンビ三浦の試合が同会場である為そのまま新宿で待機。
TTFを手伝ってくれたDEEPスタッフの皆さんももう一踏ん張りです。

そしてセコンドばっくれ野郎の話に戻します。

ゾンビの試合があるのにTRIBE選手、トレーナー達は打ち上げに行ったり帰宅したりで、どんどん姿を消していきました。打ち上げで遠方から応援来ている人がいるのも解るので近場で集まって試合時だけちょい抜けして応援に戻ってくればいいのではないでしょうか?
勿論代表の自分がいるから大丈夫だろう的な考えだったと思います。
残ったのは会員さん達の応援団とデビューもしてない若手達でした。
怒るところではありませんが彼女の不安や日頃の練習姿勢を知ってるはずなのにそりゃねぇだろ?って思いました。
全て自分に置き換え、周りを思いチームメイトや仲間の事を考えなければいけないはず。人にした事は自分のターンで返ってきます。
自分の試合が終わればいいんじゃない。格闘技の練習は1人じゃ出来ないのだから。
うちの選手達に特にルールはありませんし人としてちゃんとして練習して試合すればいいだけのですが、自分さえ良ければいいの駄目です。アウトです。

最近そんな事を飲み仲間の会員さん達と話して20代中盤までは背中で見せたり指導をして、若いのが駄目な部分も自分達に責任を感じるべきだという結論になりました。
ただアラ30で当たり前の事をちゃんと出来ない奴はもう手遅れだという話にもなりました。

先ほどのばっくれ野郎はいつも自分の試合が終わると練習場所から姿を消し今回は後輩の試合のセコンドまでドタキャン。
こんなのを下の世代が見たらどう思うのでしょうか?
皆の前で語って言葉で説明するのも嫌なので所属選手全員このブログを読んで感じて欲しい。

自分の現役時代は人種問わず沢山の仲間に支えられ反対に仲間を支え選手を続ける事が出来たと誇りに思っている。
それは財産であり引退した今でも繋がっている。
若い世代にも格闘技を通じてそれを知って欲しい。ただ殴り合う、強い弱いで終わる世界じゃなくもっと奥深いものだと知って欲しい。そこは武道なのかなと思います。


そもそも来なかったのであんまり変わりませんがばっくれ野郎はジム出入り禁止処分にしました。
今後どうするかは保留です。
同階級の練習相手が減ってしまっていた白井をもう一度チャンピオンにする為に私が練習復帰します。
せっかくゆっくり出来ると思ったら明日からまた大変です。


内輪ネタでお恥ずかしいですが私も代表と言えどまだまだ未熟者で大会日からずっとこんな事を考えてます。
もっとドライに生きるべきなのどろうか?文章と睨めっこしながら考えています。

次のブログはゾンビ編に続きます。
  
Posted by ryo_chonan at 00:44試合