新年度スタート

May 20, 2016

年が明けてからチーム的にも個人的にも大きく変わった事があります。
2/27に一番弟子の白井祐矢が引退。
3/6に坂下さんが引退。
融資を受けてジムの内装工事を行い朝の営業をスタート。

現在TRIBE TOKYO M.M.Aは新たな挑戦を始めたところです。

白井の引退試合に遡ります。
白井は自分の引退後、ずっと選手達を引っ張ってきました。
チーム以外にも出稽古に来る選手にとっては強く存在し続けてくれたので練習のレベルを保つことができました。
お互いTEAM MADとして行動を共にし、ジムも何もない頃からRIKIX、アライアンスや吉田道場を中心にバイクで走り回り苦楽を共にしてきました。
試合で勝ったり負けたりの中、我々が共通してやり続けたのは練習を続けると言う事だけでした。
途中からTRIBEが出来て後輩もできて白井はどんどん成長していきました。
自分の記憶では親父さんを癌で亡くしてしまった頃から人間的にまた大きくなったのではないかと思ってます。
そんな引退する白井を次のステージに送ってやりたいと最後の試合はスポンサーを集いチケットを沢山売って皆で盛り上げました。
白井が仕事でお世話になっている吉田秀彦さんも別で動いてくれて白井には格闘技の退職金を渡す事ができました。
自分の背中を追いかけてついてきた男に練習以外で自分が出来る事でした。

試合の時入場から引退セレモニーまでの間白井に合計3回も抱きつかれました。
ちょっとキモかったのですが慕う気持ちが強過ぎるようで照れくさいところでもありました。

引退試合、自分の時もそうでしたが後楽園に沢山の笑顔があり幸せな感じになります。
殴り合いの仕事なのに不思議ですが良き出会いと粘って歩んできた道が間違っていないという証拠にもなります。
これからの道何があっても送ってくれた人たちに顔向け出来るよう頑張らないとですね。
それを再確認して自分にも言い聞かせます。

その翌月は同チームの坂下さんが引退しました。
自分の1つ上の年で定職に就きながらハードな練習をこなしてました。
家族の反対もあり戦い続けるのが困難となり最後に強い選手に勝って終わりたいと言う事でHEATさんにあげてもらう事が出来ました。
狙うは強豪エンリケ・スギモト選手の持つミドル級タイトルです。
坂下さんは不器用なのですがとても真面目でラグビーで培ったパワーは強烈です。
ダッシュ力を生かしたテイクダウンで相手を封じるのが作戦でしたが、何故か打撃勝負を繰り返し最後は相手の強打に沈んでしまいました。
セコンドしていた自分にとっても謎の打撃戦でしたが最後に懸ける思いが爆発したのでしょうか?
ケージを降りると床に膝をつき自分達に「すいませんすいません」と涙を流して謝ってました。
謝んないでくださいと言いながら自分も泣きそうになりました。
応援に来てた若手達は坂下さんのような努力はしていません。彼らにその姿がどう映ったのでしょう?
それから1週間ぐらい坂下さんの試合と最後の姿が頭から離れませんでした。
そして坂下さんは試合のない日常に帰って行きました。
ジムの方も退会とばかり考えて事務処理しておいたのですが先日ひょっこり現れてまた練習させてくださいと再入会して今は会員さんとしてTRIBEで汗を流してくれています。
忙しい合間を縫って練習に来てくれる坂下さんはやっぱり尊敬します。

そう言えば引退した蛭川も同じ感じでジムに戻ってきて汗を流してくれています。現役時代に接触しなかった若手達にウェイト教えてる姿は微笑ましいものでした。
白井も手伝いに来てくれているのでジムの絆みたいなものを感じます。
もっと前に引退した大類宗次郎は今のところ全く現れませんがいつかきっと来るのでしょうw

坂下さんの引退試合辺りの時期に自分はハンマーを振るいながらジムの改装工事をしてました。
もともとあったカウンターと自分の部屋を壊してシャワーとマットスペースを増設しました。
今は平日の午前中の営業も始め忙しい日を送ってます。
新規入会や上京して格闘技をやりたいという新しい子達もTRIBEに入りました。

4周年迎えましたが変わらず攻め続けています。
訪れた人が格闘技で人生がより楽しく価値のあるものにできるよう日々考えながら今年度も前進したいと思います。


Posted by ryo_chonan at 16:48