マイミクさんでしりあった若い映画ファンのみなさんと、きのうは川崎でオフ会をしてきました。もちろん、映画の題材は、「ザ・マジックアワー」。私は、(そういう嬉しい誤算で)見られなかったのですが、マイミクさんたちは、TOHOシネマズ川崎で観ることができ、それもまた本当にうれしい限り。「大満足です!すごく面白かったです!」という第一声の言葉に、思わず涙が出そうになりました。きっとこれなら超大ヒット間違いなし!私は、ゆっくり、のんびり、落ち着いた頃に楽しませていただくことにいたしましょう♪もちろん、三谷さんの映画なので具合が悪くなる、なんてことはおきないでしょう!(具合が悪くなるということは、きっとそれはあまり私個人にとっては、面白くない映画だったからに違いないですね^^;・・作った方々ごめんなさい)

三谷さんが連日テレビにご出演されるたびに、舞台裏で奮闘しているいろいろな人の苦労が伺いしれて、本当に「ヒットしているのだろうか?」「映画は面白いのだろうか?」と案じていただけに、だるまの両目が開いたような思いで、すっかり幸せなひとときをすごしておりました。私はといえば、映画業界に身をおいた経験談や、いろいろな映画の舞台裏ネタをいろいろ、若いマイミクさんたちに聞いていただきました。いちばん我ながらおかしかったのは、パリのグランドホテルに宿泊した際の経験談です。本当に『THE 有頂天ホテル』の世界でしたから・・・。

「いやぁ、不思議な世界ですね。本当にエンターテインメントに徹せられているんですね!」と仰って頂き、これはこれで、楽しくきいていただけるので、私の今までの悩みも、どこかへすっとんでしまい、なんだか植木等さんの映画の世界だな、と思えてくるのが不思議です(^^)若いマイミクさんたちから握手を求められたときにはビックリしましたが、こうした映画ファンの方々に出会うと、「いやぁ、本当にいままでなんとか突っ走ってきた甲斐があったものだ」と思え、いいお休みをいただけたことに感謝したくなりました。また、今度いろいろ楽しいお話をできたら、とおもっております。

きのうも書きましたが、本当に川崎でヒットしている、ということは、凄いことなので、三谷さん、関係者のみなさん、どうぞご安心いただきたいと思います。たくさんの方々へ「ザ・マジック・アワー」への応援をよろしくお願いいたします!

帰宅すると、21時半を回っており、きのうの「篤姫」はみられなかったので、土曜日の再放送を録画しておこうと思います。タイトルはわかりませんが、香取慎吾くんと生瀬勝久さんのNHKの深夜ドラマがとにかく愉快で、不思議な笑いに満ちたドラマでした。帰宅してからも、まさに「ザ・マジック・アワー」な一日となりました。