誤食外傷

2015年07月08日

猫回虫症

本日は来院したネコちゃんが回虫(成虫)を吐いたことがあったので、猫回虫についてです。
↓吐いたものがこちら
IMG_1994
猫回虫症は、猫に寄生する回虫というおなかの虫によって引き起こされます。
犬・猫では感染した母犬(猫)と子犬(猫)との間での母子感染や糞便中に含まれる虫卵が原因で感染します。
感染していても症状が現れない「不顕性感染」がほとんどです。しかし、幼若動物に多数の成虫が寄生した場合は、お腹の異常なふくれ、吐く息が甘い、異嗜(いし:食べ物ではないものを食べること)、元気がない、発育不良、やせる(削痩)、貧血、皮膚のたるみ(皮膚弛緩)、毛づやの悪化、食欲不振、便秘、下痢、腹痛、嘔吐を起こします。体内に幼虫が寄生している雌犬が妊娠すると、胎盤や乳汁などを通して子犬にも感染します(母子感染)。
有効な抗線虫薬を投与する事で治療することが可能です。

駆虫薬による予防も可能なので日頃から定期的に駆虫することが重要です。

万が一、人に犬や猫の回虫が誤って侵入した場合、成虫にまで発育することはできず幼虫のまま体内を移行して内臓や眼などに侵入して、幼虫移行症とよばれるさまざまな障害を引き起こします。

ヒトの安全のためにもペットの健康のためにも日頃からの検査や予防が大切です。


ryo_petclinic at 21:14│Comments(0)消化器科 | 予防

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
誤食外傷