80’を懐かしむオヤジRB1の部屋

これといった特技がない。 唯々、なんとなく生きている。 生きていることを実感したい! できることなら、小粋に生きたい!

コロナの嵐が世間に吹き荒れている2021年1月。

外出自粛が続く中、そろそろメンタルの限界が来ている。
(走りたい! 出掛けたい! 大自然の空気を満喫したい!)

と、いうことで、「密」を避けるべく、原付で十分なソーシャルディスタンスを保ちつつツーリング。

オジさんは、空豆さん邸からのスタート。
DSCN3466

集合場所は清見寺の駐車場。
DSCN3467
やってきたのは、長老のK90改(100ccらしい)と兎ちゃん!
DSCN3468
レストアなどしていない歴史をナチュラルに感じさせてくれるボディーが可愛い

今回は、CHさん、Tさん、長老、空豆さん、オジさんの5人。

5人揃ったところで、簡単なミーティング。

早速、スタート。
DSCN3470
気合いの入ったこの勇姿!

DSCN3472
空豆さんとCHさんがいいペースで先導して行きます。
(兎ちゃんとK90改が、だんだん離されていく・・・・。)

途中、路肩に雪が・・・・。
雪が珍しいちびまるこ共和国民は、一端停止。
DSCN3475

こうしているうちに、2台がやってきました。
今度は、後ろから付いていきます。
DSCN3482
DSCN3484


(途中、画像が乱れますが、御愛嬌)

途中、食材を仕入れて、目的地に到着。
DSCN3486
この広い河原に、5人だけ。

オジさんは、唐揚げに豆板醤を絡めて、ピリ辛に!
DSCN3487

向かえ側では、長老、CHさん、Tさんが準備中。
DSCN3489
DSCN3488

長老さんが作った絶品パスタ。
DSCN3490

それぞれが作ったメニューをシェアして、ランチタイム!

オジさんは、食後のコーヒーを振る舞います。
DSCN3492

楽しい会話と美味しいランチで大満足!

片付けをしたら、帰路につきます。

DSCN3496
DSCN3498
颯爽とスタートを切る長老さん。渋い~!

楽しいツーリングと美味しいランチ、近々、また行きたいな!

約20年間、サイクルハウスの片隅で放置プレーの刑に処されていたドカの350F3。

娘が興味を持っているようなので、復活させることにした。
(とは言っても、ポンコツ・ガレージは時間と技能が不足している。)
と、いうことで、昨年の秋にCH氏の工房に期限無しで復活の依頼をした。

年末にはナンバーが取れ、里帰りしていたが、任意保険を掛けるまで試乗を控えていた。
DSC_0065

年の瀬が迫った頃にネットで保険を掛け、試乗準備が出来ていた。
年が明け、やっと試乗のチャンスがやって来た。

空を見上げると、ちょっと危なげな雲があるが、思い切って出撃。

流れの良い県道から東名高速に入り、浜名湖SAで小休止。
DSC_0063

浜名湖SAは、トイレの改修が終了し、ちょっとお洒落に。
DSC_0061
浜名湖の絶景を見ながら、心静かにリラックスタイム。

うっかりマスクを忘れてしまったので、売店方面には行かずに再スタート。
三ヶ日ICに向かっている途中で、パラパラと雨粒が・・・・。
迷わず、料金所を出てUターン。

少し濡れたぐらいで帰着。
DSC_0064

F1と比べれば、力強さは無いが、エンジンは素直だし、フィーリングはいい。
(まあ、排気量が半分だから、当然か。)

まだ、フロントブレーキが馴染んでいない感じで、利きが甘い。
当たりが出るまで走ってから、娘に乗らせてみよう。

でも、その前に少し小綺麗にしなくては・・・・。

フレームを交換し、チョイ乗りに使っているスカッシュ。
相変わらず、絶好調!
DSCN3505

以前入手した部品取り用の車両。
書類があるのでもったいないから、復活させることに。
エキゾーストのスタッドボルトが片方、ボルトになっている。
DSCN3465
コイツは、ちゃんとしたい。
モンキー用を流用して・・・・。
DSCN3499
DSCN3500
(組み込み作業中の写真を忘れました。

カバー類もここまで装着。
DSCN3504

次はシートです。
穴の開いている純正シートを剥がし、汎用のシートに張り替えます。
DSCN3506

素人の庭先作業で張っていきます。
DSCN3508
タッカーの調子が悪く、えらく苦労しましたが、何とか張ることが出来ました。
DSCN3509
コイツを装着したら、テールランプを付けて作動の確認です。

一通りチェックが済んだら、ナンバー登録&自賠責ですね。
試乗して、いい感じだったら、くるくるハンドルに変更して、車載お出かけ仕様にしたいと思います。

思惑通りにいくか少し不安ですが、力業で押し切っていこうかな!?

↑このページのトップヘ