高橋亮平 中央大学特任准教授 元最年少市川市議会議員 元最年少自治体部長職 世の中を変えるブログ!

地方から世代から世の中を変える!
最も身近な民主主義の現場から新しい政治と自治の仕組みを創ります!
高橋亮平の毎日の活動報告とアツイ想いです!
Official Homepage: http://www.ryohey.net/  twitter:ryohey7654 facebook:/ryohey7654もよろしく!

著書『20歳からの社会科』(日経プレミアシリーズ)、『世代間格差ってなんだ』(PHP新書)、『18歳が政治を変える!』(現代人文社)ほか

テレビ朝日『朝まで生テレビ』ほか、NHK、TBSなど多数出演。

2016年の最新データを元に算出 今回は、高橋亮平(中央大学特任准教授・元市川市議)が毎年コラムでも紹介している自治体の転入転出超過について最新の2016年のデータを元に紹介していきたいと思う。 自治体にとって人口問題は最も大きな課題の一つであり、2014年に全国896 ...

2月7日の日経新聞の記事に高橋亮平のコメントが掲載されました。 小池新党や小池都政についてなどのコメントしました。 以下掲載記事 (日経新聞 2017.2.7) 迫真HAKUSHIN 小池都政 とめどなき戦い 「ここまで圧倒的とは…」 有権者数わずか5万人弱。小さな区長選 ...

2月6日の毎日新聞の記事に高橋亮平のコメントが掲載されました。 小池百合子東京都知事の「東京大改革」や、都議会の課題について書かれた新聞一面を全て使った大きな特集記事です。 以下掲載記事 (毎日新聞 2017.2.6) 特集ワイド 日本一の報酬・政務活動費、肖像 ...

先日、小田原市の生活保護担当職員が、「生活保護なめんな」と印刷されたジャンパーを受給世帯訪問の際に着ていたことが問題となり、大きなニュースとなった。 これを受け小田原市は、担当部署の部長以下7人を厳重注意処分とし、謝罪会見を行った。 社会福祉法では、ケースワ ...

鹿児島県西之表市長選が法定得票数満たず再選挙になった! 今月1月29日に実施された鹿児島県西之表市長選で6候補の得票が、法定得票に当たる有効投票者数の1/4である2,543票に届かなかったとして再選挙を行う事となった。 この後、西之表市では50日以内に市長選挙を実施する ...

都知事は官邸の敵なのか、味方なのか 1月17日、時事通信が「小池都知事「衆院選は自民支援」=安倍首相に明言」と報じ、政界で大きな話題となった。 同記事によると、「首相が10日の首相官邸での会談で『都議選への対応をはっきりさせてほしい』と切り出したところ、小池氏は ...

1月24日配信のAbemaTIMESの記事に高橋亮平のコメントが掲載されました。 1月23日にテレビ朝日で行われた「AbemaPrime」に生出演した際の様子が記事化され配信されたもののようです。 出演直後の様子 水も可愛い♬ 友人たちから「見たよぉ」の声 以下掲載記事 (A ...

高橋亮平がコメントした記事が共同通信から配信され、1月16日の全国各紙に掲載されました。 全国の議会から意見書が提出されている議員の厚生年金加入に関する記事です。 掲載記事の一つとして、佐賀新聞の記事を掲載しておきます。 ※注:「指揮者」とされていますが「識 ...

昨年、「保育園落ちた日本死ね」で話題になった「待機児童」問題だが、保育園に入れなかった保護者たちが恨むべきは、国ではなく、むしろ待機児童対策を行ってこなかった自治体ではないかと思う。 「自治体に何かを要求しても解決できないから国に」という声をよく聞くが、実 ...

アスリートや芸能界などでは既に10代など若手が活躍している 成人の日を過ぎ、TV各局でも全国各地で行われた成人式の様子などでも取り上げられているようだ。 昨年はオリンピックイヤーという事もあって、若いスポーツ選手が活躍した。 今年、新成人となったスポーツ選手と ...

あけましておめでとうございます。 今年もまた高橋亮平へのご支援をどうかよろしくお願いします。 毎年の恒例ですが、2016年の「高橋亮平」の活動と実績の報告です。 2015年は、高橋亮平にとってこれまでの活動の一つの集大成にもなりました。 ご無沙汰の方もいらっしゃると ...

12月26日の日経新聞の記事に高橋亮平のコメントが掲載されました。 東京都知事選挙や原発問題で注目された鹿児島県知事選挙、新潟知事選挙など2016年に行われた首長選挙を振り返る記事の中で、松下政経塾塾長と並んでコメントしています。 以下掲載記事 (日経新聞 201 ...

政局に衝撃を与えた、公明党の「自民党との連携見直し」 今月10日に開催された小池百合子政経塾の中での小池都知事は、「立候補したいという素晴らしい人材を、形はどうあれ後押ししたい」と述べ、来夏の都議選で、自身が設立した政治塾「希望の塾」から候補者を擁立するこ ...

12月18日の朝日新聞の記事に高橋亮平のコメントが掲載されました。 記事自体はワンイシュー議員の問題についてですが、その背景には特にベットタウンのような街における政治への無関心や低投票率の問題があるとの指摘をさせてもらいました。 18歳選挙権の導入もまた、民主 ...

小池知事のカードとは? 週末12月10日の土曜日に第3回の小池百合子政経塾「希望の塾」が開催され、週明けからマスコミはこぞって「小池新党」と報道している。 これまで「新党までは…」と消極的に捉えていた人たちも一転、「小池新党」と言い始めている。 筆者は、都知事選 ...

↑このページのトップヘ