高橋亮平 中央大学特任准教授 元最年少市川市議会議員 元最年少自治体部長職 世の中を変えるブログ!

地方から世代から世の中を変える!
最も身近な民主主義の現場から新しい政治と自治の仕組みを創ります!
高橋亮平の毎日の活動報告とアツイ想いです!
高橋亮平 公式サイト  twitter:ryohey7654 facebook:/ryohey7654もよろしく!

著書『20歳からの社会科』(日経プレミアシリーズ)、『世代間格差ってなんだ』(PHP新書)、『18歳が政治を変える!』(現代人文社)ほか

テレビ朝日『朝まで生テレビ』ほか、NHK、TBSなど多数出演。

出典: 一般社団法人生徒会活動支援協会 高校生徒会リーダー夏合宿2019in松下政経塾 今月末、9月27日に、「高校生徒会オンラインリーダー研修 with 松下政経塾」というオンラインイベントが開催される。 全国の生徒会に関わる高校生たちや、その育成に携わる教育関係者の ...

先日、7月5日に行われた都知事選、都議補選について高橋亮平コラムでも『データで見る都知事選と、永田町で噂される9月解散総選挙・小池総理の可能性』、『自民4戦全勝だった都議補選、来年の都議本戦に向け本当に勝ったのはあの政党』と書かせてもらい、自民党にとって追 ...

都知事選については先日、高橋亮平のコラムでも『データで見る都知事選と、永田町で噂される9月解散総選挙・小池総理の可能性』と書かせてもらったが、今回は、同日に実施された東京都議会議員補欠選挙について、データから来年実施される都議選の本選などについて想定しなが ...

336万票を獲得して小池知事が圧勝で再戦 7月5日、任期満了による東京都知事選挙の投開票が行われ、現職の小池百合子氏が2回目の当選を果たした。 今回の選挙でも小池氏は、政党の支援を受けませんでしたが、自民党は、独自候補の擁立を断念し、二階幹事長が支援する考えを ...

人口の転出超過については、これまでも高橋亮平のコラムでも、何度も自治体レベルにおける最も考えていかなければならない重要課題として紹介してきたが、今回は、2019年の最新データを元に、あらためて自治体の人口流出について全国815市区のデータまとめてみたので、紹介し ...

新型コロナウィルスの経済対策の10万円の給付金、議員は受け取るべきか 5月14日、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言が39県で解除となったが、一方で、東京や大阪など8つの都道府県では引き続き緊急事態宣言が解除されていない。 一方で、解除となった39県も含め、経済的 ...

新型コロナウィルスの感染からの出口が見えない状況が続いている。 ワクチン開発には早くても1年以上はかかるとの指摘もあり、表面化していない感染者からの感染が復活し、北海道のように感染第2波、第3波を引き起こす可能性もある。 こうして考えると、現在の日本の対策では ...

人口4,000万人以上の国31カ国で日本は子どもの割合が最低 図表: 世界における子どもの割合ランキング(人口4,000人以上の国) 出典: 総務省統計トピックスNo.125から筆者作成 総務省が5月5日の「こどもの日」に合わせて、15歳未満の子どもの推計人口を発表した。 前年 ...

2月7日、「未来投資会議」(第35回)が開催され、「新たな成長戦略実行計画策定に向けた今後の進め方のたたき台」について議論された。こうした成長戦略の今後の進め方については、政治行政分野の方々だけでなく、ビジネスに関わる皆さんにとっても関係するところが多い。と ...

被選挙権も18歳に引き下げると45万人の若者が立候補する 2000年から選挙権年齢・被選挙権年齢引き下げと政治教育の充実から若者の政治参加を促進しようと活動してきたNPO法人Rightsは、2019年9月、全国の18〜25歳を対象に、若者の政治意識や立候補意欲に関するアンケート ...

候補者の平均年齢が一番若かったのは公明党、2位は共産党 政党別候補者平均年齢(参院選2019) 出典: 各政党ホームページ等からNPO法人Rightsが調査 いよいよ参議院選挙が公示となった。イマイチ盛り上がらない参院選挙ではあるが、思い返してもらいたいのは、3年前の2 ...

10月29日、インド首相の来日を記念して、ナレンドラ・モディ首相による講演やパネルディスカッションなどを実施するイベントが日本経済新聞社と日本貿易振興機構(ジェトロ)主催により帝国ホテルで開催されました。 このイベントの「デジタル・パートナーシップ」セッション ...

GDP世界2位、日本の2倍以上の経済力を持つ中国の現状とは 先日、世界一キャッシュレスが進んでいるとも言われるようになった中国のインターネットサービスやフィンテックサービスを現地で活用する機会に恵まれました。今回は、先日、メルカリの政策企画ブログである「merp ...

待機児童数ワーストは明石市、岡山市、世田谷区、江戸川区、西宮市… 今月、2018年4月1日時点の最新の全国の自治体別待機児童数を厚生労働省が発表した。 この最新データを見ると、一連の待機児童問題がクローズアップされて来たこともあり、保育所等の利用定員は2017年度か ...

↑このページのトップヘ