高橋亮平カバー写真
※ 年明け体調を崩して、公開し忘れていましたが、今になってですが、公開したいと思います。
以下、年始に書いていた文章です。


あけましておめでとうございます。
今年も高橋亮平へのご支援をどうかよろしくお願いします。
近年は、あまり活動報告をしっかりとできていませんでしたが、民間の立場など、様々な立場で、相変わらず積極的に活動を行っています。
これを持って、高橋亮平の近況報告とさせていただきます。


■01 寄付文化を醸成するために「ものを売って寄付する」という新たな仕組みを構築

2018年6月に株式会社メルカリに社長室政策企画参事としてジョインし、民間の立場から、政府と連携した成長戦略への提案や、自治体と連携した公民連携モデルの構築などに取り組んできました。
こうした取り組みの1つとして、メルカリに加わった直後から提案してきた「メルカリ寄付」を、9月1日にローンチすることができました。
「メルカリ寄付」は、自分にとって役目を終えたものを次の役目を果たしてもらうためにお譲りするという循環型社会に向けた取り組みとともに、そこで得た売上金を自治体などに寄付することでさらに社会貢献をしようという新たな取り組みです。
「ものを売って寄付する」という新しい寄付の形となることで、日本にはなかなか根付かない寄付文化を欧米のように醸成させるきっかけにできないかと思っています。
第1段は、自治体への寄付で開始し、盟友でもある松尾崇 鎌倉市長とのご縁もあり、鎌倉市と瀬戸市、そして10月から都城市が加わり、現在、3自治体で実施をしています。
この「メルカリ寄付」については、編集長を務めるメルカリの政策企画ブログ「merpoli」にも記事を書いています。こちらもご覧ください。
https://merpoli.mercari.com/entry/2020/09/01/070000


■02 自治体と連携したDX推進と働き方改革を含めたモデル構築に向けた自治体からメルカリへの職員受け入れ

メルカリに加わった初年度から、1人で初めた自治体との連携プロジェクト。少しずつ社内でも理解が広がってきました。2020年2月には、鹿嶋市とメルカリ、鹿島アントラーズが包括連携協定を締結しました。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/02/19/070000
メルカリでは、これまでに、鹿嶋市を含め、神奈川県、福岡市、神戸市、千葉市、仙台市、岐阜市、鎌倉市、箕面市の9自治体と包括連携協定など協定を締結しました。
そのうち、岐阜市からは、市の職員を1年間メルカリに派遣研修に来てもらっています。
https://merpoli.mercari.com/entry/2019/10/10/070000
新型コロナウイルスの感染拡大長期化などを受けて、メルカリでは4月の時点でいち早く、取引先との契約締結時に必要な捺印および署名手続きを、権限者の署名による対応や電子署名サービスでの契約締結に切り替えていく方針を決定しました。
メルカリの政策企画チームでは、これまでに経産省からの職員派遣なども受け入れてきましたが、こうしたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進や、働き方改革の推進に向けた取り組みについても行っています。


■03 民間からのルールメイキングの構築と成長戦略への提案など、政府、自治体などとの連携

今年も多くの大臣初め政府関係者、国会議員、首長などと意見交換をさせていただくなど、公私含め、大変お世話になりました。
2020年2月に実施したメルカリのカンファレンスでは、西村康稔 経済再生担当大臣からメッセージをいただきました。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/02/21/070000
メルカリに入ってから、これまでもメルペイファンレンスでは、西村大臣のほか、世耕弘成 経済産業大臣、平井卓也 IT・科学技術担当大臣など、都度、関わりの高い大臣からのメッセージをいただいてきました。
民間企業には、これまで政府との連携などという発想はあまりありませんでしたが、政府側からしても成長戦略については、民間企業からの提案を期待している部分もあります。
これまでシンクタンクなどとして様々な成長戦略などを提言してきましたが、実態の経済成長につなげていくため、産業転換や新しい産業の構築につなげて行くための成長戦略にしていくために、民間の立場から提案していくことは、非常に重要だと思っています。メルカリに入った目的の一つでもある、民間の立場から関わるルールメイキングのあり方についても、そのモデルを構築して発信していきます。
今年も外資系大手や上場ベンチャーなど何社からもヒアリングを受けたり、全国から講演に呼んでもらいました。
民間における政策企画の意義やあり方についての対談記事も書いたので、是非ご覧ください。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/06/10/070000
昨年はまた7月には、オンラインによるカンファレンスを企画、DXについて、担当の内閣府副大臣であった平将明 議員と先進自治体である千葉市の熊谷俊人 市長、スタートアップ政策について担当の経済産業副大臣であった牧原秀樹 議員などに登壇依頼し、パネルディスカッションを実現し、社会に新たなモデル提示もできました。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/06/19/120000
三重県知事、文京区長、千葉市長、岐阜市長、鎌倉市長など多くの首長の皆さんとも面談をさせていただきました。今年は、さらにこうしたご縁の成果を形にしていきます。


■04 経団連に入会し、経済界を通じた政策提言なども実現

メルカリに加わった2018年に提案して、メルカリは経団連に入会しました。経団連担当としても取り組んできた中で、2月のメルカリカンファレンスには、経団連の中西宏明 会長からのメッセージをいただくこともできました。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/02/27/070012
コロナ以前の2020年1月には、経団連、日本・東京商工会議所、経済同友会の経済3団体が都内のホテルで開催した「2020年新年祝賀パーティー」にも参加した他、2019年に新たにできた経団連のスタートアップタスクフォースでは、DX推進を含むスタートアップ支援策を提言を行うこともできました。(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/05/21/070000
また、経団連と大学側による採用と大学の未来に関する産学協議会のSociety 5.0人材育成分科会委員として参画したほか、経団連雇用政策委員会人事・労務部会でメルカリの事例の講演なども行いました。


■05 PBLやオンライン授業など次世代教育プログラムの実践

今年は、次世代の教育プログラムの実践をと、多くの学校との連携にも取り組みにも携わらせてもらいました。
熊本市教育委員会と連携しての取り組みで、昨年に続き熊本市立千原台高等学校で、タブレットを貸出し、実際にメルカリで売り買いも体験する「メルカリPBLプログラム」を実施した様子は、地元ケーブルテレビや熊本日日新聞にも取り上げられました。
授業の様子は、熊本市立千原台高等学校HP(http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/sch/h/chiharadai/juniorhighschoolstudent/mercari.html)に動画で紹介してくれています。
また、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインによるPBLの取り組みも進めました。
オンライン学習の先進校でもある学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校と組み、同校のN高通学コース課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」の授業にて、未来の価値交換を支えるビジネスやサービスを創造する「Project 2040 – 20年後の価値交換を考える」(https://merpoli.mercari.com/entry/2020/06/22/070000)を実施し他、熊本市立北部中学校においてもこのオンラインPBLプログラムを実施しました。
またこの取り組みは、Kumamoto Education Week 2020で先進事例として報告されました。


■06 サーキュラー・エコノミーの今後についてパナソニックのシンポジウムに登壇

サーキュラー・エコノミー(循環型経済)の取り組みについても新たな取組を仕込んでいます。
年末の12月、パナソニック未来戦略室主催の「未来FORUM 2020 Online」(https://eventregist.com/e/miraiforum2020?lang=ja_JP)で、今年示された経産省の循環経済ビジョン2020の作成にもあたった循環経済ビジョン研究会委員でもあるパナソニックETソリューションズの田島章男 企画部総括部長と共にパネリストとして登壇。「日本の"もったいない"をシンカさせる−日本におけるサーキュラーエコノミーとは」と題して、日本におけるサーキュラー・エコノミーの今後について議論しました。
新政権では、2050年に向けた脱炭素社会の実現を掲げており、単にエネルギー問題やこれまでの単なる環境活動ではない、成長戦略としてサーキュラー・エコノミーの仕組みを創っていこうと取り組んでおり、今年は、小泉進次郎 環境大臣や環境省などとの意見交換なども行いました


■07 Yahoo!ニュース、BLOGOS、アゴラなどでの発信と、編集長を務める「merpoli」での発信

今年はYahoo!ニュース、LINEの運営するBLOGOS、アゴラなどに12本のコラムを掲載してもらいました。仕事の合間に書いているため、例年に比べて本数は少ないですが、2本のコラムが10万PVを超え、5万PV以上も5本ありました。
特に都知事選・利補選などのあった7月には、PVが伸びないと言われる政治分野において、個人のコラムだけで1ヶ月で30万 PV近くになりました。
ちなみに2020年に書いたコラムのうち読まれたものBEST5は以下のものになります。

1位 データで見る都知事選と、永田町で噂される9月解散総選挙・小池総理の可能性(2020/7/9配信)
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200709-00187216/

2位 自民4戦全勝だった都議補選、来年の都議本戦に向け本当に勝ったのはあの政党(2020/7/14配信)
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200714-00188002/

3位 【自治体ランキング】転出超過ワースト3は小山市、成田市、長崎市…新宿区が11位の驚き(2020/6/1配信)
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200601-00181282/

4位 18歳選挙権なら実現していた「大阪都構想」。若者が投票すれば社会が変わる初の選挙となるか!(2020/10/31配信)
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20201031-00205710/

5位 新型コロナでも下がらない地方議員の報酬を全国815市区ランキング。最高額は横浜市の1,658万円(2020/5/20配信)
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200520-00179338/

また、編集長を務めるメルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」でも25本の記事を書きました。

メルカリの政策企画ブログ「merpoli(メルポリ)」
https://merpoli.mercari.com/


■08 滋賀大学で講師として授業も実施

今年から滋賀大学での講師も兼務しました。前期の「現代の経営」と、後期の「アントレプレナーシップ1」で講義、コロナ禍による影響で、オンラインでの授業になりましたが、久しぶりに大学の教壇に立つことができました。


■09 千葉県知事選挙に向けて、熊谷俊人 千葉市長と登壇

4月に千葉県知事選挙を控え、既にこの千葉県知事選挙への挑戦を表明している熊谷俊人 千葉市長、内閣府地域活性化伝導師の松村拓也 氏と共に、鴨川で行われたシンポジウム「鴨川市における若者の政治参画と地方創生・国づくり」にパネリストとして登壇しました。
また、熊谷 千葉市長からの依頼を受け、地元、市川市内において、千葉市長との意見交換会なども主催しました。地元における千葉県、市川市の未来を考える取り組みも引き続き行っています。


■10 各界の有識者と新型コロナウイルス対策で、命と経済の双方を守る戦略の必要性を提言

新型コロナウイルスの感染からの出口が見えない状況が続いていた2020年5月、秋山昌廣(秋山アソシエイツ代表、元防衛事務次官)、青木玲子(一橋大学名誉教授、元九州大学副学長)、朝比奈一郎(青山社中株式会社代表CEO)、稲垣誠一(元厚生労働省)、小笠原泰(明治大学教授)、小黒一正(法政大学教授、鹿島平和研究所理事)、小原凡司(笹川平和財団上席研究員)、神谷万丈(防衛大学校教授)、亀井善太郎(PHP総研主席研究員、立教大学大学院特任教授)、小林慶一郎(慶應義塾大学客員教授、東京財団政策研究所研究主幹)、渋谷健司(キングス・カレッジ・ロンドン教授、元東京大学教授)、島澤諭(公益財団法人中部圏社会経済研究所研究部長)、瀬尾傑(スマートニュースメディア研究所所長、スローニュース代表取締役)、関山健(京都大学准教授)、高橋亮平(NPO法人Rights代表理事、一般社団法人 日本政治教育センター代表理事、一般社団法人 生徒会活動支援協会理事長)、徳田安春(群星沖縄臨床研修センター長)、田中秀明(明治大学公共政策大学院教授)、徳地秀士(政策研究大学院大学客員教授)、中里透(上智大学准教授)、浜田敏彰(関西大学客員教授、岩手保健医療大学理事)、原岡直幸(一般財団法人国際経済交流財団専務理事)、松井孝治(慶應義塾大学教授、一財・創発プラットフォーム理事)、森信茂樹(東京財団政策研究所研究主幹、ジャパン・タックス・インスティチュート理事長・所長)、山本秀男(中央大学戦略経営研究科教授)、渡部恒雄(笹川平和財団上席研究員)というメンバーで提言を行いました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200511-00177931/


■11 シティズンシップとしての新しい生徒会の提示と、リーダー研修など生徒会活動支援の取り組み

理事長を務める一般社団法人 生徒会活動支援協会で、今年も全国の生徒会活動の好事例を表彰する「日本生徒会大賞2020」(https://seitokai.jp/archives/4986)を実施した他、例年は、松下政経塾での高校生徒会リーダー合宿を開催していますが、今年はコロナウイルスによる影響もあり、オンラインでの「高校生徒会オンラインリーダー研修with松下政経塾」(https://seitokai.jp/aboutus/summer2020)を開催し、松下政経塾の金子 一也 塾頭による特別講演「松下幸之助とリーダーシップ」を行ってもらったほか、日本生徒会大賞2020大賞受賞者によるプレゼンテーションと総評、高橋亮平による「Withコロナにおける「新しい生徒会」、生徒会のあり方はどう変わるのか」と題した研修を実施するなど、全国の生徒会活動の支援を実施しました。


■12 子供・若者育成支援推進大綱の見直しに向けた勉強会の実施

日本における若者政策の今後の指針となる子供・若者育成支援推進大綱が2021年に見直し
になることを控え、代表理事を務めるNPO法人Rightsで、スタディセッション『若者の社会参加施策のこれからとこれから』を実施
これまでの日本における若者政策、とくに若者参画政策についての整理をすると共に、先進事例である欧州の取り組みを紹介した上で比較し、今後の日本における若者参画政策の課題について指摘と提言を行いました。
当日の動画はこちらご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?fbclid=IwAR0qR61iwUGqDEkFqXWvWmLRF3FYPI1YI7i70Zg85ZnssOoSWD23oTYX28Y&v=QDIrNik14xQ&feature=youtu.be


■13 母校、千葉県立国府台高等学校同窓会理事長やマンション管理組合等による地域活動も積極的に活動

2019年度から母校である千葉県立国府台高等学校同窓会理事長に就任しました。コロナ禍ということもあり、なかなか自由に活動するというわけにはいきませんが、2023年には創立80周年を迎える伝統ある母校の中で、責任ある立場となり、多くの諸先輩方の力も借りながら、母校をよりよい学校にしていくために、お役に立てればと、新たな取り組みなどもはじめています。
またマンションの管理組合の住宅部会長になるなど、地域の活動についても役割を担っていこうと思っています。
行政や政治という立場ではない立場からもどう地域を盛り上げていけるか、誇りを持てる街にできるかと取り組んでいるところです。


■14 各種講演・研修講師活動等

[2020/01/09] 加賀市長・市管理職特別講演会で講演
[2020/02/06] 経団連雇用政策委員会人事・労務部会で講演
[2020/03/26] 第8回全国高校生徒会大会で講演
[2020/03/26] 滋賀大学「現代の経営」で講義
[2020/07/08] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/07/15] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/07/22] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/07/29] 宇佐美典也×おときた駿サロンで講演
[2020/07/29] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/09/09] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/09/16] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/09/16] ソフィアくらぶ経営塾で講演
[2020/09/18] 船橋西ロータリークラブで講演
[2020/09/25] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/09/27] 一般社団法人 生徒会活動支援協会「高校生徒会オンラインリーダー研修with松下政経塾」で講演
[2020/10/07] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/10/14] 熊本市立北部中学校で授業
[2020/10/27] NPO法人Rights主催スタディセッション『若者の社会参加施策のこれからとこれから』を実施
[2020/11/06] 熊本市立千原台高等学校で授業
[2020/11/13] 熊本市立千原台高等学校で授業
[2020/11/20] 熊本市立千原台高等学校で授業
[2020/11/26] 滋賀大学「アントレプレナーシップ1」講義
[2020/12/04] 熊本市立千原台高等学校で授業
[2020/12/11] 熊本市立千原台高等学校で授業
[2020/12/19] シンポジウム「鴨川市における若者の政治参画と地方創生・国づくり」で熊谷俊人 千葉市長、松村拓也 内閣府地域活性化伝導師とパネリスト登壇
[2020/12/21] パナソニック主催「未来FORUM2020」でパネリスト登壇


■15 主なメディア出演・掲載実績等

今年は、メディアへの出演はあまりありませんでした。
<テレビ>
[2020/01/16] テレビ東京「カンブリア宮殿」のメルカリ特集でメルカリで実施してきた取り組みや多彩な人材が集まる象徴として高橋亮平も取り上げられる。
[2020/12/18] J:COM熊本に高橋亮平の取り組みが紹介 熊本市立千原台高校での「メルカリPBLプログラム」実践について
<新聞・雑誌>
[2020/10/00] 熊本日日新聞に高橋亮平の取り組みが紹介 熊本市立中部中学校でのオンライン授業実施について
[2020/12/12] 熊本日日新聞に高橋亮平の取り組みが紹介 「メルカリ」で課題解決学ぶ


■16 コラム掲載等

今年書いたコラムについては、Yahoo!ニュースの高橋亮平ページ(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/)などからご覧ください。

以下掲載コラムです。

[2020/02/14] 未来投資会議で議論された「成長戦略」の今後の進め方は、ビジネスにも大きな影響があるので要チェック!(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200214-00163005/
[2020/02/22] 「生徒会の全国大会」参加高校生を募集!18歳選挙権時代「新しい生徒会」の可能性とは(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200222-00164210/
[2020/05/07]  【自治体ランキング】世界で最も子どもの割合が低い日本。自治体ワースト50には23区から4区…(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200507-00177352/
[2020/05/11]  新型コロナの出口戦略「命も経済も守る出口戦略」や「V字回復プロジェクト」を提言(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200511-00177931/
[2020/05/20]  新型コロナでも下がらない地方議員の報酬を全国815市区ランキング。最高額は横浜市の1,658万円(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200520-00179338/
[2020/06/01]  【自治体ランキング】転出超過ワースト3は小山市、成田市、長崎市…新宿区が11位の驚き(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200601-00181282/
[2020/07/09]  データで見る都知事選と、永田町で噂される9月解散総選挙・小池総理の可能性(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200709-00187216/
[2020/07/14]  自民4戦全勝だった都議補選、来年の都議本戦に向け本当に勝ったのはあの政党(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200714-00188002/
[2020/07/17]  都議補選4連勝後の鹿児島県知事選敗北で自民に逆風と言われるが野党も逆風。真に勝ったのは無党派層の民意(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200717-00188458/
[2020/09/20]  総理や大臣の輩出を続ける松下政経塾と高校生リーダー養成、未来を担う生徒会とは?(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20200920-00199131/
[2020/10/31]  18歳選挙権なら実現していた「大阪都構想」。若者が投票すれば社会が変わる初の選挙となるか!(https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20201031-00205710/

編集長を務めるメルカリの政策企画ブログ「merpoli」でも25本の記事を書きました。
記事についてはこちらhttps://merpoli.mercari.com/)からご覧ください。

以下、主な掲載記事です。

[2020/01/15] 経済3団体共催2020年新年祝賀パーティーにメルカリも初参加
[2020/01/17] 「カンブリア宮殿」でメルカリ特集。政策企画での取り組みも紹介
[2020/01/20] 「merpoli(メルポリ)」をより良くするための声を募集
[2020/01/31] 「財務省幹部向けトップセミナー」でメルカリ取締役会長の小泉が講演
[2020/02/06] 経団連雇用政策委員会人事・労務部会でメルカリの事例を講演
[2020/02/13] 「新たな成長戦略実行計画策定に向けた今後の進め方のたたき台」を読んでみた
[2020/02/19] 鹿嶋市とメルカリ、鹿島アントラーズが包括連携協定を締結
[2020/02/21] 「メルカリカンファレンス」に西村康稔 経済再生担当大臣がメッセージ
[2020/02/26] 東京経営者協会で小泉会長が「メルカリが創造する未来」講演
[2020/02/27] メルカリカンファレンスに経団連の中西宏明 会長がメッセージ
[2020/03/02] 小泉会長が小池都知事との子育てシンポジウムでメルカリの育休施策などを紹介
[2020/03/26] メルカリ政策企画チームも在宅勤務(WFH)実施中。経団連等でもリモート会議を実践
[2020/04/27] メルカリ、在宅時間を豊かにする出品1点につき10円を新型コロナウイルス感染対策へ寄付開始!
[2020/05/12] 電子署名による契約締結推進と「 #取引先にもリモートワークを 」等の取り組み
[2020/05/21] 経団連スタートアップ政策TFがDX推進を含むスタートアップ支援策を提言
[2020/06/05] 神戸市の公民連携パンフレットにメルカリの自治体連携についても掲載されました
[2020/06/10] 【政策企画メンバー対談】 メルカリ政策企画チームってどんなチーム?Withコロナの「新しい政策企画」の可能性は?(前編)
[2020/06/15] 【政策企画メンバー対談】 メルカリ政策企画チームってどんなチーム?Withコロナの「新しい政策企画」の可能性は?(後編)
[2020/06/19] 【告知】7/2オンライン・カンファレンス開催。DXやスタートアップ政策について牧原 議員・平 議員・熊谷 千葉市長などをゲストに迎え、議論します。
[2020/06/22] メルカリがN高で「20年後の価値交換を考える」PBL授業を実施中!
[2020/09/01] 売上金等からチャージされたメルペイ残高を寄付できる「メルカリ寄付」鎌倉市・瀬戸市からスタート!