先日無事に発表会を終えることができました。ご来場のみなさま、参加者のみなさま、そしてステージスタッフのみなさま、ありがとうございました。

さて、発表会終了後、恒例の反省会ができなかったので、参加者のみなさまは以下の5項目をチェックしてみてください。

【発表会後にしておきたい5つのこと】

(1)良かった点を書き留める
(2)直したい点を書き留める
(3)録画・録音したものがあればチェックする
(4)直したい点についての改善策を考える
(5)次の発表会に向けて気持ちを切り替える

(1)良かった点を書き留める
どんなことでも良いので良かった点を書きならべてみましょう。ちなみに私は15個ありました。昨年の発表会は直したい点が15個ありました。今回良かった点の15個には、そのうちの5個が含まれています。

(2)直したい点を書き留める
直したい点は次の発表会をより良くするための材料だと考えてください。傷口に塩を塗るような行為かも知れませんが、記憶が新しいうちにぜひ書き留めましょう。ちなみに私は直したい点が31個ありました。来年の発表会に活かします。

(3)録画・録音したものがあればチェックする
発表会後は誰しも大なり小なりナーバスになります(私も!)そんな時こそ録音・録画をチェックして、自分の演奏を正当に評価しましょう。思っていたよりは悪くないものです。仮に、思っていた通りだったり、思っていた以上に良くなかったとしても大丈夫です。(2)で申し上げたとおり、より良くするための材料だと思って前に進みましょう。

(4)直したい点についての改善策を考える
例えば、今回直したい点の一つとして、レコーダーのトラブルがありました。途中で録音が止まっていました。原因を色々と調べたところSDカードの劣化(もしくは不良)だと判断。改善策は2つ。1つは、信頼のできる新品のSDカードを用意する。もう1つは、予備のレコーダーを用意する。ここまですれば来年は大丈夫かと思います。反省するだけではなく、具体的な改善策を考え、次回までにしっかりと準備を進めていきましょう。

(5)次の発表会に向けて気持ちを切り替える
発表会の日程は、発表会当日の半年くらい前に決まります。当教室の発表会は9月〜11月の間に行なうことが多いので、早くて来年の3月頃、遅くても5月頃に決まります。そう考えると、来年の発表会まであっという間なのです。発表会が終わったばかりだからこそ、次の目標に向け、基礎練習の強化、新しい曲を覚えるための準備を始めてください。