オルガニストRのひとりごと

オルガニスト山口綾規のブログです。演奏会のお知らせ、レポート、その他…たまーーーに書きます。 ホームページはこちら: http://www.ryoki.org/

image

マルタ・アルゲリッチの「ベートーヴェン ピアノ協奏曲第2番」を聴いてきました。

お母さんが子どもに弾いて聴かせているような気楽さと、活き活きとした遊び感。ずーっと聴いていたかったです。
アンコールはないだろうなと思っていたら、なんとソロでスカルラッティでした。
アルゲリッチ女史が弾くと、高音までも音楽がブイブイうなるのです。今もなお音色がアタマの中を駆けています。
来月で75歳を迎えるそうですが、見るからにまだまだお元気。きっとまた聴く機会がありそうです。

終演後は、居合わせた知り合い4人で初台のビストロへ。いい音楽と楽しい食事。
ステーキに添えられた「生こしょう」が美味しかったのなんのって。朝から何かとついてないなと思っていた1日も幸せな後味になりました。

image

13082645_10209750525462567_4065297713367390546_n


13096307_10209750525582570_6887444383783723959_n


13087467_10209750526022581_5740707663317174074_n


連休前半は鬼怒川温泉の「あさやホテル」で演奏していました。
日中の空き時間には、のんびり散策しながら写真でも撮ろうかと、いつもよりいいカメラを持参したものの、
風は強いし、曇り空だし、昨年夏の台風の爪痕も予想以上に残ってるし…撮影したい気分はどこへやら。
鬼怒川の水面に近い遊歩道が崩落し、立ち入り禁止になっていたのも残念でした。

13103293_10209750526142584_3652929916724325138_n


13096007_10209750526262587_9210942646669383177_n


本を読んでも時間は余るし…というわけで滞在最終日は、道の駅「日光街道ニコニコ本舗」へ。
熊本地震の募金活動で、ゆるキャラ「日光仮面」くんがお出迎えです。
連休中とあって店内は大にぎわい。品数も試食も多く、何時間でも楽しめそうです。
おやつやら乾物やらをたんまり買いましたとさ。

13083221_10209750526382590_3167205701470280734_n

IMG_2043



黒塗りのお盆の上に、白い砂をまいて、小さなハケや羽で流れをつけて景色を描き、そして石を置いて・・・
「盆石」、初めて拝見しました。
砂の濃淡で描かれた世界は、盆の上とは思えないほど深い奥行きがありました。

ひと通り作品を鑑賞したあと、盆石の実演を見ました。
適度に散らした砂を手際よく羽で寄せていくうちに、絵が浮き上がってくるのが、見ていても楽しいのです。
感心していたら、なんと盆石体験をさせてくださると…。
そもそも絵心が足りない私は、最初は体験を遠慮していたのですが、わかりやすく教えてくださり、山と月を描けました。こんな感じ。

IMG_2053


画像がぼけてアラが隠れて、ちょうどいい感じでしょうか。体験して初めてわかる、難しさと楽しさ。。。

右手にある羽やハケなど、道具類が小さくかわいらしいのです。動物愛護から、羽が手に入らないのだとか。

盆石展は明日が最終日です。ご興味のある方はぜひ。

「細川流盆石展」
4/20(水)〜4/24(日)明日まで
最終日、16時で終了。
東京銀座画廊・美術館8階 C会場
中央区銀座2-7-8 銀座貿易ビル8階
(銀座2丁目メルサ8階)
TEL 03-3564-1644

image


大地震が起こってからというもの、連日、見るのも辛い映像が流れていて、さすがに平常心ではいられませんでした。

そんな中、今日は前々から予定していた椎名雄一郎さんのオルガンリサイタルへ。東京芸術劇場の3タイプのオルガンでバッハの作品を弾き比べる聴き比べる興味深いプログラムでした。

アンコールの際に、皆さまと共に祈りを合わせて…とおっしゃったのが印象的でした。
演奏を聴きながら祈ったわけではありませんが、オルガンの音色がすーっと耳へ身体へと入ってきて、穏やかな気持ちになりました。行ってよかったです。

地震の被害、これ以上拡大しませんように。

image


今夜はミューザ川崎へ。初めてポリーニの演奏を聴いてきました。

昔CDで聴いた、潔癖なまでに整ったイメージとは変わっていて、齢を重ねた魅力か、決して無理ない音量、極めて上品なバランスとフレージングに大満足。

アンコールにドビュッシー「沈める寺」、ショパン「バラード第1番」の2曲。
ステージをたどたどしく歩く姿からは想像もできないスタミナを備えているのでしょう。

会場は熱狂。スタンディングオベーション。
年老いたポリーニさんには申し訳ないほど、舞台袖から何度も登場させました。

ぜひまたお元気に来日してほしいなー!

年明けにローマのショッピングモールで食べたシチリアの郷土菓子「カンノーロ」、リコッタチーズとドライフルーツの爽やかな甘さが忘れられません。
IMG_2488


帰国してから、都内でいくつか食べてみました。現時点で、最もローマで食べた味に近いのは、とある店のこれ。
IMG_1945


映画「ゴッドファーザー PART3」では、カンノーロが毒殺に使われます。そのくらいイタリアで愛されているお菓子。
広く愛されていて、毒入りを疑わず食べてしまいそうなお菓子、わが国だと饅頭や大福でしょうか。

美味しいカンノーロ探しはまだまだ続きます! ぜひとも作りたてを食べたいものです。

IMG_1942


ハモンドオルガンのドローバーのハンダ付けをしました。毎日のように動かす部分なので、時々とれてしまうのです。ハンダ付け自体はたやすい作業でも、オルガンの足鍵盤を外して本体を動かして、背板のネジを10本ばかり外して開けるのは何かと面倒で、ついつい後回しにしがち。ひと月くらい放置してしまいました。
これでやっと気持ちよく操作できます。ついでに溜まったホコリも掃除機で吸い取って、きれいになりました。

新刊も無事に出版できホッとしたところで、先日無理矢理に休みをとって、毎年この時期恒例の伊勢神宮。後厄の1年も、事故や怪我病気もなく乗り切れたので、お礼参りでした。
IMG_1926


ずーっと深呼吸していたくなるほど、きれいな空気が満ちています。
お参りの際、何をお願いしたやらしてないやら…覚えてもいません。今年もここに来られたことだけで心から満足できるほど、素晴らしいところです。
天候にも恵まれ、気持ちのよいお参りでした。
IMG_1928

本日よりamazonにて、Organ Favoritesの販売が始まりました。
ここまでの手続きや作業を通して、世の中の仕組みがよくわかるといいますか、いい社会勉強になっております。
明日はこの本のセミナー。弾いてくださる方が少しずつ増えていくのが、とても嬉しいです。

image


image


先日お知らせしたオルガンの曲集が、印刷屋からあがってきました。明後日にはさっそくこの本を使ったセミナー。万が一、取り返しのつかないミスがあったらどうしようかと、ここ数日は不安を抱えていましたが、まずは大丈夫でした。明日からamazonを通じての販売スタート、お世話になっている楽器店さんへのお知らせも来週早々には…。どうぞよろしくお願いします。

そして本日はこれから吹奏楽団と共演します。
パワーみなぎるブラスサウンドに、オルガンが太刀打ちできるのか気がかりではありますが、楽しく演奏してこようと思います。

image

IMG_1883


電子オルガン譜を出版します。ホントはもっと早くに出す予定だったのですが、選曲を迷っていたのと、著作権の手続きが手こずったため、計画は遅れに遅れ、やっと本日入稿完了。そして来週早々には、出来上がります。夜なべ仕事からも解放されます。

基本はハモンドオルガンのドローバーで弾けるよう、オーソドックスにアレンジしてありますが、他社のオルガンでも弾けるようレジストレーションのデータをダウンロードできるようにする予定です。
最近あまり元気のない電子オルガン業界。しかし、私が今パイプオルガンを弾いている経緯も、音楽を仕事にして生きていく知識や経験の源も、電子オルガンなしには語れません。その素晴らしい(と思う!)教育効果を絶やさぬよう、そしてオルガンを弾く人が減らぬようにと、今回出版に至りました。
準備が整ったら、amazonで販売します。懇意にしている楽器店さんにも置いていただけるよう、追ってお願いするつもりです。半期に1冊は無理かも知れませんが、2年間に3冊くらいのペースで続けられたらと思っています。

写真は最後の校正の用紙。表紙は鮮やかなブルーになる予定です。
発刊にあたり、3月6日(日)株式会社ハモンドスズキ東京支店にて、セミナーを催していただきます。出版記念というほど大げさなものではないのですが、最初のお披露目の機会です。ご興味あるかたはぜひどうぞ。当日会場で楽譜を購入できます。
https://www.suzuki-music.co.jp/product_category/hammond/

このページのトップヘ