オルガニストRのひとりごと

オルガニスト山口綾規のブログです。演奏会のお知らせ、レポート、その他…たまーーーに書きます。 ホームページはこちら: http://www.ryoki.org/

IMG_6364

IMG_6376


IMG_6372


マスタークラス、しめくくりのコンサートが終わりました。演奏の約15分間、オルガンの優しい音色に助けられて、うっとり夢のような時間。次にこのようなオルガンを弾く機会はいつになるのでしょうか。心から喜びを噛みしめて演奏しました。

終演後は関係者で食事会。一同すっかり満腹でへべれけになった午前0時前に修了証が授与されるという、なかなか面白い修了式でした。こういうのもいいですね。日本のように両手で受け取る習慣がないのか、ただカジュアルなのか、左手で証書を受け取り右手で握手という形。なるほど。覚えておきましょう。

オルガン浸けの1週間もこれでおしまいです。感じたこと学んだこと、また次に弾きたい曲もたくさん。帰国してからの練習が楽しみになりました。

食事会にて。米と豚肉を焼きおにぎり風にした「モルシージャ」は初めて。香ばしくて美味しかったです。
IMG_6346

IMG_6162


サン・セバスティアンでのマスタークラスも、残すところ1日となりました。若きオルガニストたちと共に学ぶ1週間は、学生に戻ったようで楽しく充実しています。日本人は私ひとり。これも居心地のよい要因かも知れません。東京の日常から解き放たれて気持ちもゆったり、そして朝から晩までオルガンとオルガン音楽に浸れるなんて、幸せです。

明日の夜のコンサートで、マスタークラスはしめくくりです。私はセザール・フランクの「コラール第2番」を演奏します。
コンサートのウェブサイト(英語版)

1863年に作られたサンタマリア教会のオルガンは、ほぼ当時のまま残されています。鍵盤のアクションの不揃い、また現代のオルガンとは勝手が違うこともありますが、その音色の素晴らしさから学ぶことが多く、またペレッティ先生の明解な説明から、実にたくさん収穫がありました。しっかり記憶に刻んでおきたいところです。

素敵な椅子。IMG_6245


レッスンのない時間は、サン・セバスティアン周辺のオルガン探訪ツアーに出かけました。その画像も載せておきます。パイプの横にコミカルな絵が書いてあったり、すべての鍵盤がA音(ラ)から始まる楽器があったり…。


IMG_6191


IMG_6295


IMG_6301

IMG_6058


C20F8BB3-769E-4680-9958-E3D154D5A6B5


B9373C58-078B-408F-B6CD-49A65CA13B4F


まもなく始まるマスタークラス受講のため、昨夜サン・セバスティアン(スペイン)に着きました。直前に立ち寄ったバルセロナとはずいぶん雰囲気が違っています。気温も10度以上低く、日中でも21度。半袖短パンではさすがに肌寒く感じられます。

明日から天気が崩れるそうなので、今日のうちに散策しておきます。美食の街、サン・セバスティアン。いたるところにバルがあり、どの店もにぎわっています。名物は色とりどりのピンチョス(串に刺さったおつまみ)。バルをはしごして選ぶのも楽しく、もちろん美味しいのですが、そろそろスタミナのつく食事が欲しくなりました。

7/26と7/27の2日間、愛知県芸術劇場のオルガンコンサート、
大人向け、幼児向け、子ども向けと計3公演に出演しました。

各回ともたくさんのお客様で、和やかなコンサートになりました。御礼を申し上げます。
本来はここにしっかりレポート記事を書くべきなのでしょうけれど、自分で写真を撮れるわけでもなく、終わってしまうと記憶もおぼろげになってしまったりで、毎回難しいところです。

愛知県芸術劇場のfacebook記事があったので、リンクを掲載しておきます。
THE オルガン NIGHT

THE オルガン DAY

《裏話をひとつ》
この夏のコンサートシリーズ、3年目(3回目)の出演となると、正直なところ衣装にも困るのでした。。。
以前買ったまま一度も着ていなかった水色チェックのジャケット(オルガンDAY)と、なんと今回名古屋へ向かう途中にSALEでチャチャッと衝動買いしたもの(オルガンNIGHT)でした。

forum2b


私が携わっている団体、一般社団法人Japan Music Excellence Associationのイベントのお知らせです。
8月4日(金)神戸市・東灘区民センター「うはらホール」にて。

■11:00〜第1回 ABRSM合格者による演奏会。
これまでに検定に合格された皆さんの演奏です。おひとりで7曲も弾いてくださる方もいらして、
それぞれにちょっとしたリサイタル風のプログラムです。

演奏はもちろんのこと、検定の課題曲がどれも素晴らしく、楽しく聴いていただけることと思います。
すでに演奏される方の申込は終了していますが、どなたでも自由に入場できます。
約2時間の予定です。

■14:00〜、第1回ABRSM指導者フォーラム。
今回は検定試験の、オーラルテスト(口答による、ソルフェージュ試験)に向けた指導法を皆さんで学び、
さまざまなアイデアを出し合いましょう。
検定試験の準備だけが目的でなく、日頃のレッスンの中にさりげなく盛り込める内容がたくさんあります。
生徒さん方のレベルアップを目指します。
参加料2,900円。

お申込は、https://jmea.jp/seminar/ 申込フォームより。〆切は7月31日。

今回は神戸にて開催ですが、いずれ東京でも開催できるよう、準備を整えていきたいと思います。




IMG_5764


今夜はフェリスホールにて、リオネル・アヴォさんのレクチャーとコンサート。オルガンが客席後方にあり、私たちはステージ上に座って演奏を楽しみました。流暢な演奏に魅了されて、すっかりいい気分で帰宅中です。

20年ぶりに訪れたフェリスホール、当時はオルガンの良し悪しもよくわかっていなかったのでしょう。こんなに素晴らしいオルガンだったとは…学生が羨ましいです。

IMG_5758


生徒が出場するコンクール、応援に行ってきました。
アクトシティ浜松の素敵な空間でピアノを弾けるなんて、それだけでも羨ましいです。

午前で客席に人が少なかったこともあり、予想をはるかに超えた残響の量に驚きました。あー、本番前に一度はどこかのホールで練習させてあげればよかったと後悔。ドキドキしながら出番を待ちました。

どちらかというと派手目な曲が続く中、ハイドンのソナタを軽く爽やかに、そして何より響きを意識して間を取りながら弾いてくれたことに、私は大満足。最後のレッスンより良い出来映えで、子どもの集中力には毎度感心します。皆さんの演奏に、新たに気づいたこと、勉強になったこともたくさん。
結果発表は夜だそうですが、私は先に帰京です。

9月から「幼児のリトミック・ソルフェージュ」少人数のグループレッスンがスタートします。

2歳〜6歳が対象です。様々な角度から音楽の基礎力を養います。

小学3年生の終わりには中学受験準備が始まる今時のお子さん方は、いかに効率よく導入期の教育をするかが、その後の上達を左右すると思います。この講座は、ピアノの個人レッスンにスムーズに移行できることを目標に、カリキュラムが工夫されています。

8/23(水)に説明会と体験レッスンを開催しますので、ご興味のある方はお申込みください。

http://www.ryoki.org/images/ritsolfe.pdf

IMG_5748


IMG_5749


明日は川崎市の「麻生合唱団」の演奏会。
http://www.asao-chorus.com

伴奏でオーケストラに潜んでいます。本日午後は、本番と同じ会場、多摩市民館でリハーサルでした。

名曲揃いのフォーレとモーツァルトの「レクイエム」を一気に演奏できるとはなんと幸せなんでしょう。さらには指揮の今村先生のアドヴァイスに、オルガン(ソロ)演奏にも役立ちそうなことが満載で、忘れないようにメモしておきたいところ。

今回は小さな電子オルガンとスピーカーをクルマに積んで出動。広い会場ですが、なんとか音量のバランスは取れているようです。スピーカーをわざと反響板に向けてみました。

小田急線「登戸」駅の近くです。休憩時間に腹ごしらえをと駅までぼんやり歩いたら、なんと隣の「向ヶ丘遊園」駅でした。普段ご縁のないエリア、イマイチ地理がわかっていません。

IMG_5727


最近、ひょんなことから入手したオルガン。合唱の伴奏のリハーサルに、初めて持ち出しました。本体重量は15kg。5階にある仕事場から(階段で)下ろすのも、積み込みもラクでした。これまでに運んでいたのは25kg。何よりもケガをする心配が減るのが嬉しいところ。

基本はハモンドオルガンのドローバーの音色ですが、おまけの機能でパイプオルガンのストップ、そしてカプラーも付いていて重宝しました。

こうして気軽に持ち出せるなら…何か企画したくなります。
IMG_5701

このページのトップヘ