日本宇宙旅行協会代理店

掘骨砕三の広報ブログ(+最近は雑談も少し)

41になりました(ないしょよぉ 続報)

cc8b5138.jpg
fab32bc8.jpg
bf5ebd8a.jpg
ええと

ないしょよぉの作業終わりました
これで確実に4月30日に出ます

一応 収録作品のタイトルくらい列挙しておきます

ちんこ姫
秘密の冒険
お買い物!お買い物!!
夢魔の石
小瓶の神様
祟る便所
おしっこちゅうちゅう
おしりカパカパ
みじかいの
バイブ禁止
あたしは犬に吠えられている

これ全部初出で読んだことのある人(ちんこ姫だけ書き下ろしなので省く)いるのかなぁ?

ホモと漫画

4d1f0afd.jpg
とりあえず
『ないしょよぉ♡』のカバー廻りが出来たのでチラ見せ

ホモ漫画と云うモノがあります
BLや同性愛をテーマにした一般漫画まで入れるとかなりの数になりますが
ショタや女装、シーメール(ニューハーフ)なども入れれば大変な数のジャンルとなります

しかし ホモ向けの漫画というとどうでしょうか?
それほど多い印象はありません

先に挙げた多くは女性や異性愛者に向けたモノで 男性同性愛者のみに向けたモノではありません
しかしながら男性同性性愛者に向けた漫画は存在します 知っている方も(このブログを御覧になられる方々なら)多いことでしょう が数は少ないはずです 5〜10冊も知っていればかなりのものです

それは単独の『ホモ向けホモ漫画雑誌』が長続きしないからです
多くのホモ向けホモ漫画は 男性同性愛者用の総合ポルノ誌に二、三本併載される形で存在します
しかし数多いそれらの雑誌(一般書店だけではなく専門店置きを含めるとかなりの数になります)全てに漫画が載るわけではありません コレではホモ向けホモ漫画の数が多くなるわけないですね

では?漫画雑誌の維持が出来ないほど男性同性愛者は数が少ないのでしょうか?
BLを愛購する女性や 同性愛をたしなむ男性異性愛者より少ないのでしょうか?
実数はデータ不足から判りませんが 経済規模を推し量るに 決して数の少なさが原因とは思えません
全国にあれだけ発展場が存在し 関連チェーン店も複数にのぼるのに 金離れが悪いわけでもなさそうです

では何故 ホモ向けホモ漫画雑誌はBL誌ほどの数が存在していないのでしょうか?

推測ですが 男性同性愛におけるSEXまでの平易さがその原因なのではないかと考えています
ポルノ漫画と云うモノは性交相手の細かなデータから状況、設定、ストーリーライン 全て、どんなにリアルっぽく見えるものでもファンタジーを享受させるモノだと考えています

BLを愛購する女性にとっては本当にファンタジーです
描かれている事柄の現実性が問題なのではなく 自身にとって再現性がないと云う意味でファンタジーなのです

同性性愛もたしなむ男性異性愛者にとっては現実に再現される方々もいますが その多くは現実に我が身のこととは考えずファンタジーとして受けとっていることでしょう

しかし男性同性愛者にとってはリアルであればあるだけ現実での再現が簡単なのです
漫画でスゲー好みの相手が描かれていても 現実に引っ掛けたそこそこ好みの相手に勝てるわけがありません
しかも好みの相手に限らず ポルノにおいて重要な『体型』も自身での再現が可能な方々がかなりいらっしゃる様です

だから 日本のホモ文化の中において漫画は ホモ向けのモノが育ちにくいのではないでしょうか?

BL読んでるホモのコわりと会うけどねー


(この記事は コメントの性質上 タグを"自由質問"に切り替えました)

ないしょよぉ♡

今のところ4月30日が発売予定日ですね

神トラ2やってて思いついたタイトルなので
元のヤツは ミンナニ ナイショダヨ

そろそろこの本の方もお知らせすべきですね
以前の記事でのお知らせで 『愛蔵版』の話が出ましたが その前に『ちゃんと掘骨砕三って売れるの?』って疑問に応える必要がある様です
誰にかと言えば営業さんです

今、全体的に本の売れ行きが悪いのですが エロ本は特に厳しくなっています
売れなくなって来ると 対外交渉役である営業さん達は本の内容にも注文を付けて来ます
売れてる時は 取り次ぎ業者さんとの交渉は期日や部数の話で済むし たとえ売れない本でも 売れてる本と抱き合わせで交渉出来ますが
全体的に売れないとなると 取り次ぎ業者さんがハナから引き取ってくれない様な事もあるみたいです

そんな中何で俺に御鉢が廻って来たのか? 特に売れ行きが好いわけでも無いのに?

業界の不況が進んで来たのは3・4年前から特に厳しくなって来ました
俺の最後の単行本は 約5年前です

もうわかったでしょう
俺の記録は不況の影響を受けていないのです
よって『以前売れなかったから引き受けないブラックリスト』の最近のヤツには俺は載ってないのです

そこは有利なのですが(取り次ぎ対策上は) 結局この不況の中数字に影響が出るかどれか未知数なわけです
よって試験的に 今の数字を出す本が要ります


それがこの本です
内容は マショウの3月号と6(?)月号に載る二本と
茜のふたなりっ娘に載った何本か
三世社のミニモンやフェロモンに載ったヤツの残り
そして『あたしは犬に吠えられている』です

これ出て数字がはっきりすると愛蔵版がはっきり決まるかなぁ…
まあ 太田のヤツもやらなきゃいけないんだから
その為の時間が出来ると思えばね

SFを読む為に

あ〜ああ〜あ
獣電戦隊キョウリュウジャー終っちゃたなぁ
ああ 面白かった

そんな訳で今回は『オズ』の話です
っと観てない人もいるよな
キョウリュウジャーは敵のモチーフの一部が『オズの魔法使い』だったのです
『かかし』『ブリキ』『ライオン』『ドロシー』
第一作目のメンバーです しかも追加敵幹部は『羽のはえた猿』
『西の悪い魔女』が『金の縁なし帽』で三回命令を出せる内の 最後の一回を使ってドロシー達を捕獲(命令は倒せだったけど 北の善い魔女の『守りのキス』で捕まえるしかなかった)した 一作目に於ける強い敵位置を閉めるキーキャラのひとつです

先ほどから一作目と言っていますが オズシリーズは原作者である ライマン・フランク・ボームが書いたオリジナル作品だけで14作品 遺族団体が認めた後発作品も多く オリジナル14本と重要な後発作品を合わせて『フェイマスフォーティ(有名な40作)』と呼ばれています
そして この中でオリジナルの14作品は日本でも翻訳され読むことが出来ます

多くの出版社は一作目のみの翻訳ですが ただひとつ14作全部を翻訳した出版社があります
早川書房です

ナニユエ早川さんはこんな事したのか?
不思議ですね?


作品自体の面白さと云うのもあったでしょうが もうひとつ外側の理由があったのでは?と俺は考えるのです
日本に於いて『オズシリーズ』は 第一作目『オズの魔法使い』のみ有名で他の13作品は余程好きな人でも第三作目までという方が多いのではないでしょうか?

オズ作品からのモチーフ借用として 一作目以外では
オズマ姫やチクタク
ノーム王やラングディア姫
木挽き台の馬やカボチャ頭のジャック
止まりがせいぜいで

ポリクロームやモジャボロ
ヴォーグル虫のすけ教授やつぎはぎ娘のスクラップス
ウージィやファイター大尉
ましてや
ベッツイ・ボビンもタイニートロットも
採用されたとは聞いたことがありません

しかし『オズシリーズ』はアメリカの作品なので 向こうさんでは一般教養として当たり前のようなのです
ほぼドラえもんの様な気軽さで アメリカ発のSF作品に語句を提供しています
オリジナルの14作品でフォロー出来る範囲ではありますが これは多分ミステリーにも同じ…いえミステリーの方がよりひどい状況が生まれるのかもしれません
文学作品に沿った殺人事件は定番ネタです

ほとんどの作品が原典を知らなくても楽しく読めるでしょう
しかし 好きになった作品が原典にしたモノをより深く知りたいのも人情でしょう

作品ごとの聖地巡礼などはその現れでもありますし

だから早川さんがオズシリーズを出しているのは そんな部分も満足させるサービスも含んでいたのかなぁ?とか思うのです

好きなシリーズなのでまた日を改めて内容の方に触れて見ましょう
モチーフ作品の話でした

かわいいボク

8d0d5a64.jpg
60013647.jpg
e92cea81.jpg
さて

一応 単行本作業第一弾終了

引き続き第二弾にはいる予定ですが

とりあえず画像の説明
口絵
カバー周り
カバー周り(表1メイン)

前の作業のズレがどんどん後ろの作業をきつくしてる
うう 今回も確定申告が遅くなるなぁ

さあ いよいよカラーだ

6fca06d9.jpg
まだラフだしで作業に入れる訳じゃないけど一段落
ちょっと息抜きに 今読んでる本でーす

去年後半は調子がおかしかったので作業も本読みも進みが悪く 結局600冊報告のあと読めたのは30冊ちょっと
そんなタイミングで『レム』はキツかったのかなぁ…

今はだいぶ調子も戻って作業しながらチマチマ読んでます
『氷と炎の歌』の第二部『王狼たちの戦旗』です
確かTVドラマ化されてBSでやってんだよね?
視てえなあ(我が家は地上波のみなので)

以前読んだ本(今読んでるのは画像の改訂新版)でお気に入りのシリーズなので ゆっくり楽しみながらの復読です 最近は数をこなす方に重心を置いているので なかなか“お気に入り”の復読のチャンスがなくて 就寝前や休憩時間の楽しいひとときになってます
内容はずいぶん血生臭いのでありますが…

もちろん 復読の理由は楽しみだけではないのです 以前の版では今読んでる第二部までしか文庫化されなかったのです
このあと 81〜85のローダン5冊を挟んで第三部を
そして5冊のロバート・J・ソウヤーを挟んで第四部を読む予定にしてあるのです

未読の三部・四部は春までの作業混み混み状態の良い息抜きになるでしょう
今は このくらいの息抜きが限界だよなぁ…

いよいよ 単行本作業

やっと オトコノコ時代の原稿とマショウの原稿が
あがった

これから 『かわいいボク』の作業に取り掛かるのですが
何で まるまるトーンが貼って無い原稿が4本も在りやがるんだか…

さあ 掲載時とどのくらい変わるかなぁ?


ちなみに一水(光彩)から 2本単行本未収録を引っ張って来てるのでお楽しみに!

あけまして おめでとうございます

昨年中は仕事の切れ間がなかなかなくて 後半ほとんど更新できませんでした
しかもコンテだから 全然表に出ない

傍目からは ほぼサボってる様にしかみえなかったろうなぁ

しかもこのまま3月位迄忙しいみたいです

これから作業ですが今からの単行本連発は
オトコノコ時代に掲載されたヤツが 第一弾のようです
『かわいいボク』 2月中旬から下旬に発売予定
マイウェイ出版では初の漫画レーベルですから見つけにくいかも

ネットかエロ専門店 もしくは店舗注文が確実かも…

では作業に戻ります

あ しばらくコメントの返事はできないかも…

トーク+単行本、告知

3721ff60.jpg
さて皆さん 週末は京都です
画像は合宿企画用の資料として作ったカラーコピーですが
俺の蔵書からの品揃えのため 偏りは許してね

そんな多少の不安と期待の入り交じる京都ですが
関東の方々に告知です

今年もやります 鶴岡法斎
『魑魅魍魎の文化祭』
きたる11月3日 詳しくは鶴岡のブログで!!

また酒呑んでふざけて来ます


と トークイベントの話はここまでで
今度は単行本の話です

未だに 詳しい話は相談中なのですが 三和から『掘骨砕三作品の愛蔵版』が進行中です
とりあえず第一弾として3月から3冊 月に一冊連続刊行出来たら良いねと準備と話し合いの日々です
それにあわせて『COMICマショウ』において作品掲載もしていきましょうとの話になっております

これは秋だけでなく冬もコミティアが無理になる様な雲行きです
しかし 仕事でコミティアにいけないは ここ2年夢見てた状況なので 俺としては嬉しい状況です

あ あともう一つ 前に話した『太田のWeb誌』連載内容が変わります
白蛇ちゃんのヤツは進めてる内に膨らみ過ぎて 「あとから 2冊以上の単行本が出せる状況でやりましょう」と云うことになりました 楽しみにしてた方々少々お待ちを
代わりの企画は『廃屋に棲む小人たちの話』です5〜10cmの小人達がチョロチョロする変な話をお見せする事になりました 多分今度は本決まりだよな…

京都SFフェスティバル2013

久しぶりの画像無し記事です

今 身の回りがやっと本格的に動きはじめて 細々した忙しさが溢れ出しております

すでにこのブログでお知らせしてるモノから 今月に入って舞い込んだモノまで 色々ありますが まずはタイトルに持って来た『京都SFフェスティバル2013』のお知らせを

ブログの右上 カレンダーの下に『外部リンク』がありますが 一番下に『京フェス』と新しいリンクが増えていますね 詳しくはここを覗いていただきたいでは お知らせにならないので とりあえず概略

きたる10月12日、13日 京都教育文化センター3Fにて
京都SFフェスティバル2013が開催されまして そこでSF小説家の『小川一水』さんと対談して来ます 内容は[SFとエロ] さあどんな話になりますやら…

問題は 俺が小川さんの作品を読んだことがないってところかな?

まあ 泥縄で引き受けてから買ってきたし なんとかなるでしょ

また 別会場で行われる『夜の部』にて『エロマンガ内に於けるSF80s90s』の様な演目でなんか喋ることが決まってます

最寄りで興味を持たれた都合の合う方々は 是非お誘い合わせの上いらしてください

あ あと朗報 『わたしは犬に吠えられている』の原稿が発見されました
代理人について
既刊一覧
単行本(初単行本順)

一水社(光彩書房)
『HARMFUL』
『ニクノアナ』
三和出版
『おにくやさん』
『下水街』
『閉暗所愛好会』
『夜に虚就く』
『はえてる女の子』
東京三世社
『あしたもおいでよ』
『あたしたちのこと』
『愛犬擁護週間』
茜新社
『ひみつの犬神コココちゃん』
『はんぶん娘』
秋田書店
『クロとマルコ』
マイウェイ出版・パブセンス
『かわいいボク』


同人誌

『ひみつの犬神コココちゃん
覚え描き』
『コイコイ 濃恋
(尻いじめ・アナタヲジザイニ合本)』
『HOT HOUSE』
『食椿象(サシガメ)』
『抄描下水街 豚』
『くれよんおばけ
・つぎはぎ娘』
『妄画集ぞろり』
『ななわりさお』
最新コメント
ギャラリー
  • 41になりました(ないしょよぉ 続報)
  • 41になりました(ないしょよぉ 続報)
  • 41になりました(ないしょよぉ 続報)
  • ホモと漫画
  • かわいいボク
  • かわいいボク
  • かわいいボク
  • さあ いよいよカラーだ
  • トーク+単行本、告知
  • 絵心?
  • リクエスト ありがとうございました
  • リクエスト ありがとうございました
  • リクエスト ありがとうございました
  • お待たせしました リクエストです
  • COMITIA105  No.へ24a・b
  • 覚えていーますーか?
記事検索
メッセージ

ナイショの話は コチラにね

名前
メール
本文
最新トラックバック
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ