No Nukes 原発ゼロ

初代「No Nukes 原発ゼロ」 の後続版です。 政治・原発問題などを中心に、世の中の「気になる動き」をメモします。

【街宣】鹿児島県  伊集院駅北口 
れいわ新選組 代表 山本太郎  11月25日(水)

れいわ新選組 公式チャンネル 

桜・コロナ・中国 見えたぞ! 菅の器量 
【山田厚史の週ナカ生ニュース】20201125


デモクラシータイムス

季節外れの「桜」吹雪 / GoTo混乱 / 種苗法改定、
参院ヤマ場【横田一の現場直撃】
25,609 回視聴•2020/11/24 にライブ配信
デモクラシータイムス.

ゲリラジャーナリスト横田一の現場レポート。
飛び込んできた「桜」疑惑の新展開。さて、検察は何を狙っているのか。

GoTo進めたのは菅政権、国なのに、なんで中止は知事が判断?この政権は徹底的に自分で責任を取らない。その陰で採決に向けて進む種苗法の審議の今。
今日も、とれとれのご報告。

①季節外れの「桜」吹雪
②GoTo混乱、責任者は誰?
③種苗法改定、参議院山場

「桜」疑惑で聴取 検察の独立を示すとき
<東京新聞社説>
2020年11月25日 07時20分

 「桜を見る会」をめぐる疑惑で、安倍晋三前首相の秘書らが事情聴取された。前日の夕食会の費用負担では前首相の国会答弁と矛盾する新疑惑も浮かんだ。権力に対峙(たいじ)する検察力を発揮してほしい。

 事態は深刻だ。安倍前首相の後援会が二〇一三年から一九年にかけ、「桜を見る会」の前日に、東京都内の高級ホテルで前夜祭を開催した。地元支援者が集まり、会費は一人五千円だった。だが、「安すぎる。安倍氏側が費用を補填(ほてん)したのではないか」との疑惑が国会で追及された。

 前首相の答弁はこうだ。「安倍事務所の職員が会場入り口で会費を受け取り、その場でホテル側に現金を渡した」「収入、支出は一切なく、政治資金収支報告書への記載は必要ない」「安倍事務所が補填した事実は全くない」と。

 市民団体などが政治資金規正法違反や公職選挙法違反の罪で告発したのを受け、東京地検が公設第一秘書や会計責任者らへの任意での事情聴取を進めてきた。その結果、安倍事務所側が数年間で約八百万円の補填をしていた疑いが新たに判明した。

 夕食会にかかった費用は集めた会費だけでは到底、足りなかったのだ。前首相の答弁とは明らかに食い違う。政治団体の収支の記載を義務づけた規正法にも、選挙区内での寄付を禁じた公選法にも反する可能性がある。
続きを読む

結果的にGoToコロナだった / コラム狙撃兵 
長周新聞 2020年11月24日

 世間でも多くの人々が指摘し始めているように、政府が慌てて見直しを始めたGoToイート、あるいはGoToトラベルは、タイミングを誤ったGoToコロナ(感染拡大)政策だったように思う。

「GoTo」によって会食や旅行を煽った結果、当然の如くお得感を満喫したいがために人々の移動が起こって遠くの観光地や街中に大勢がくり出し、そのなかには自覚のない隠れコロナ患者も紛れていてウイルスを運び、都市部や地方を問わず過去最多の感染者が出るまでの事態に至っている。

感染経路不明が多いのも特徴だ。政策の行き着いた先に感染拡大が待ち受けていたのであれば、それは「GoToコロナ」だったと断罪されても仕方のない結末といえる。

 もはや尾身会長(新型コロナ感染症対策分科会)が推奨するようなマスクをカパカパした会食を「新しい生活様式」などと持てはやすこと自体が愚の骨頂で、

厚生労働大臣が推奨する会食用のフェイスシールドについても、目からも飛沫感染(花粉症対策ですら目を意識する)することは既に医療従事者のなかでも周知されているにもかかわらず、なぜこの期に及んで目の部分だけがくり抜かれたノーガードの作りなんだ? とギョッとするものがあった。

小池百合子の「五つの小(こ)」(会食時は小人数、小一時間、小声、小皿、小まめ、+こころづかい)もしかり。なんだか日本大丈夫か? と思うほど、トップに立つ者たちの悪ふざけといおうか、とぼけている様を見せられているような気すらするのである。
続きを読む

【街宣】鹿児島県 国分駅東口 
れいわ新選組 代表 山本太郎 
11月24日(火)


ウィルスより有害ダメな政府と太鼓持ち

大相撲11月場所は大関のたかけいしょうが優勝決定戦で小結の照ノ富士を押し出しで破り、2度目の優勝を果たした。

2横綱2大関が休場する異常事態の下、貴景勝が大関の重責を果たし、見事に優勝を決めた。
小結の照ノ富士は本割で貴景勝を浴びせ倒しで破ったが、優勝決定戦で敗北し、3度目の優勝を逃した。

勝利した貴景勝は優勝インタビューで、優勝を決めた瞬間に感無量の表情を見せたことについて、
「1人では優勝できなかった。調子が悪い時でも懐で守ってくれた千賀ノ浦親方、おかみさんはじめ、皆さんのおかげで結果を残せた」
と語った。

敗れた照ノ富士は優勝を逃して悔しいとしながらも、今場所について
「悔いはまったくない。決定戦では悪い部分がでてしまった。体が高かった。」
と冷静に敗因を見つめていた。

貴景勝、照ノ富士ともに大きな怪我に見舞われ、厳しい局面を克服しての現在の状況だ。
とりわけ照ノ富士は大関に昇進後に怪我に見舞われ、序二段まで番付を下げた上での現在の快進撃である。

3度の手術で洋式トイレに自力で座れないほどの状態だったといい、引退を決意したことが何度もあったそうだが、伊勢ヶ濱親方に説得されて現役続投を選んだという。

両名とも話す言葉が謙虚で、強者の風格を示している。
続きを読む

↑このページのトップヘ