No Nukes 原発ゼロ

初代「No Nukes 原発ゼロ」 の後続版です。 政治・原発問題などを中心に、世の中の「気になる動き」をメモします。

【緊急解説】蓮舫、都知事選出馬へ!
小池百合子と女帝対決!
裏金自民と一体化した小池都政が焦点、
政権交代の行方を左右する首都決戦 
学歴詐称疑惑が再燃・小池神話も崩壊
それでも百合子が出馬するのはなぜ?

SAMEJIMA TIMES
チャンネル登録者数 10.2万人

東京都内52首長が小池都知事に出馬要請
加わらなかったのは?
毎日新聞 2024/5/28 15:56(最終更新 5/28 16:29)
スクリーンショット 2024-05-28 165000
小池百合子知事に、支持を表明した区市町村長の一覧を手渡す長友貴樹調布市長(中央)ら
=東京都新宿区で2024年5月28日午後1時55分、深津誠撮影

 任期満了に伴う東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)を巡り、都内の首長の有志が28日、現職の小池百合子知事(71)に面会し、3選に向けた立候補を要請した。

 要請に名を連ねたのは都内62区市町村のうち、全体の8割にあたる52の区市町村長。要請に加わった首長、加わらなかった首長は以下の通り。【深津誠】

小池氏に3選出馬を要請(52)
 八王子、武蔵野、三鷹、青梅、府中、昭島、調布、日野、東村山、国分寺、国立、福生、狛江、東大和、清瀬、東久留米、武蔵村山、羽村、あきる野、西東京、千代田、中央、港、新宿、文京、台東、墨田、江東、品川、目黒、大田、豊島、北、荒川、板橋、練馬、足立、葛飾、江戸川、瑞穂、日の出、檜原、奥多摩、大島、利島、新島、神津島、三宅、御蔵島、八丈、青ケ島、小笠原

要請に加わらず(10)
 立川、町田、小平、稲城、多摩、小金井、渋谷、中野、世田谷、杉並

都知事選 蓮舫氏を擁立
反自民・非小池都政への転換を
市民と野党の候補者選定委
しんぶん赤旗 2024年5月28日(火)

 東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)の告示まで1カ月を切った27日、第5回候補者選定委員会が都内で開かれ、市民と野党の共闘候補に立憲民主党の蓮舫参院議員を擁立することを決めました。
スクリーンショット 2024-05-28 163900
(写真)都知事選への立候補を表明した立憲民主党の蓮舫参院議員(中央)と、
(左から)小池、福山真劫、宇都宮、
(1人おいて)前川、手塚、菱山南帆子の各氏
=27日、衆院第1議員会館

 冒頭、都知事選への出馬を表明した蓮舫氏が駆けつけ、今たたかわなければいけないのは自民党政治であり、「自民党政治を支えている小池都政は終わらせないといけない」と強調。反自民党政治、非小池都政に転換する都知事を目指すと表明しました。

 日本共産党の小池晃書記局長は「裏金づくりと暮らし、憲法破壊の自民党政治に審判を下す選挙だ」と発言。小池都政について「2年間で48億円もの金を都庁舎などへのプロジェクションマッピング(映像の投影)に使う都政ではなく、都庁に食料を求めて並ぶ人が出ない都政の実現を正面から掲げ、頑張り抜きたい」と表明しました。

 立民の手塚仁雄都連幹事長は「私自身も自らの政治生命を賭してこの選挙戦をたたかい抜いていきたい」と決意を語りました。

 2020年の都知事選候補で江東市民連合共同代表の宇都宮健児弁護士は、この間の選挙で自民党の負けが続いていると指摘。「物価高で多くの国民が生活に苦しんでいる中での問題だったことが怒りを倍増している」として、都政の転換を主張し「選挙戦をたたかう体制づくりを進めていきたい」と話しました。

 元文部科学事務次官の前川喜平氏は、蓮舫氏の出馬を手放しで喜びたいとし、「次のステージに向け、どうやってみんなで盛り上げていくか話し合っていきたい」と述べました。

 小池氏は選定委後の記者会見で、蓮舫氏が都知事選への立候補を表明したことについて「最強・最良の候補者が名乗りを上げてくれた。日本共産党として、勝利のために全力を尽くしたい」と表明しました。

続きを読む

【都知事選】蓮舫氏出馬
政権交代前夜の活気と緊張
スクリーンショット 2024-05-28 101654
晴れやかな表情が都知事選をめぐる情勢を物語っていた。
=27日、立憲党本部 撮影:田中龍作=

 立憲民主党本部5階ホール。ビデオカメラの脚立が林立し、マスコミ記者たちはスマホを片手に社と連絡を取り合う。フリーランスやインディペンデントメディアの記者は情報交換に余念がない。

 前回(2009年)の政権交代前夜が蘇ってくるような活気と緊張感だった。

 午後2時から記者会見が始まった。「国民の声は『自民党の延命に手を貸す小池都政をリセットしてほしい』。私はその先頭に立ちます」。蓮舫参院議員は都知事選への出馬を表明した。

 情勢調査の数字が飛びぬけていいのだろう。蓮舫氏の表情は勝つ候補特有の輝きを発散させていた。

 記者団から「都知事選挙の結果、政権交代の機運が高まるのではないか」と質問が飛び出すほどだった。

 蓮舫氏は「3つの補欠選挙、静岡県知事選挙を見ても自民党政治の政治とカネの体質について大きな怒りがあると思っている」と答えた。

 都庁の壁面をスクリーンに見立てて趣味の悪い映像を写すプロジェクションマッピングは、無駄遣いの象徴だ。食べて行けなくなった人々が足元で炊き出しの列を作っているのに、との厳しい批判がある。

 蓮舫氏は「プロジェクションマッピングは都知事選で問わせて頂きたい」とした。
スクリーンショット 2024-05-28 101728
蓮舫氏は余裕を見せながら記者会見に臨んだ。
=27日、立憲党本部 撮影:田中龍作=

 日比谷公園の大改修も、小池都政による予算の無駄遣いが指摘されている。

 蓮舫氏は「日を改めて説明するが、予算規模8.5兆すべての事象について私の行革の本気度を示したい」と意欲を示した。

 大量の樹木伐採を伴う神宮外苑の再開発については「小池知事は問題を先送りしてはいけない」として早期の解決を目指す姿勢を示した。

 過去2回の都知事選と違って勝てる候補が登場した。小池都政の宿痾を治療する処方箋を書いてもらいたいものだ。

    ~終わり~
   ◇
【読者の皆さま】

田中龍作ジャーナルの財政が危うい状況にあります。物価高騰の折、大変恐縮ではありますが、窮地をお救い下さい。

田中龍作ジャーナルはマスコミが報道しない、報道できない事実を伝えるメディアです。

蓮舫氏「小池百合子都知事の政策、
思いつきばかり」   対決色鮮明に
都知事選の出馬表明で語ったこと【一問一答】
東京新聞 2024年5月27日 19時18分

東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に無所属で立候補する意向を表明した立憲民主党の蓮舫参院議員。27日の記者会見では、小池氏が8年前の都知事選で掲げた介護離職、残業、多摩格差など「7つのゼロ」について、「どこに行ったのか。どれもゼロになっていない」と批判。明治神宮外苑の民間事業者による再開発事業などにも矛先を向け、3選出馬が確実視される小池氏との対決姿勢を鮮明にした。(デジタル編集部)
スクリーンショット 2024-05-27 201650
蓮舫氏(右)の記者会見で挙手する報道陣=東京・永田町の立憲民主党本部で

蓮舫氏は会見の冒頭、8年間の小池都政について
「功績、実績はどうか。『7つのゼロ』公約、どこにいったのか。介護離職、残業、都電の電柱(新設)、多摩格差、満員電車、どれもゼロにはなっていない」と指摘。

「『12のゼロ』も公約として掲げていた。原発ゼロ、ブラック企業ゼロ、隠蔽ゼロ。どこに行ったのか? 今は小池都知事から「ゼロ」公約の声は聞こえない。その代わりに突然思いついたかのような政策ばかりが印象に残っている」とも語った。

◆神宮外苑再開発「事業者に早く報告を出させるべき」

報道陣との質疑では、明治神宮外苑の民間事業者による再開発事業や、都庁舎をスクリーンに映像を流すプロジェクションマッピングなどにも批判の矛先を向けた。

記者「神宮外苑の再開発にはどう対処するか」

蓮舫氏「これは選挙後に先送りをしてはいけないと思っています。やっぱり多くの方たち、坂本龍一さんをはじめとした著名な方を含めて異を唱えておられます。(多くの人が)事業者側から伐採に対する報告を(出すよう)求めていますけれども、なぜ小池さんはもっと早く迅速に報告を出すように言わないのかがちょっと分かりません。早く出させるべきです。

そして、その出た答えは、都民や多くの皆さま方に公開をして、もう一度声を聞いて都政、都知事としての(再開発の是非を)判断をするべきだと思っています」
スクリーンショット 2024-05-27 200112---111
再開発に揺れる東京・明治神宮外苑地区
=2023年12月、本社ヘリ「あさづる」から撮影

記者「小池知事は、関東大震災の際の朝鮮人虐殺の追悼式典にコメントを送付していない。歴代の知事はやっていたが、蓮舫さんはどうするお考えか」

蓮舫氏「大変大きな課題だと思っています。これは公約をする時にぜひ皆さんにお訴えしたいと思います」

続きを読む

蓮舫氏「小池都政のリセットが私の使命」
東京都知事選に出馬表明【詳報】
東京新聞 2024年5月27日 15時46分

 立憲民主党の蓮舫参院議員(56)は27日午後、党本部で記者会見し、6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選に立候補することを正式に表明した。蓮舫氏は会見で「裏金事件、『政治とカネ』の自民党政治の延命に手を貸す小池都政をリセットする。その先頭に立つのが私の使命だ」と意欲を語った。
スクリーンショット 2024-05-27 171330--111
東京都知事選への立候補を表明し、記者会見する立憲民主党の蓮舫参議院議員
=27日午後、東京・永田町で

 トレードマークの白のスーツで会見場に姿を現した蓮舫氏。詰めかけた100人を超える報道陣を前に、引き締まった表情で出馬に至った経緯を語り始めた。

小池百合子都知事(71)について「この8年間、『伏魔殿』と言った都議会自民党や『ブラックボックス』と言った都庁をどう変えたのか」と指摘。最近の選挙で自民党との連携が相次いでいることに対し「この矛盾、変わり身の早さについていけない」と批判した。

 自身の姿勢に関し「反自民の政治」「非小池都政」と強調した上で「古い政治と決別し、本当に必要な政策に予算を振り分ける都政をつくりたい」と都政改革への意欲を語った。

これまでの経歴はこちら

 蓮舫氏は報道キャスターを経て、2004年の参院選東京選挙区から立候補して初当選を果たし、現在4期目。旧民主党政権では行政刷新担当相、首相補佐官を歴任。旧民主党の流れをくむ民進党で代表を務めるなど抜群の知名度を誇る。
3選を目指す現職の小池氏らと争う構図となれば、激しい選挙戦が展開される見通しだ。

 都知事選には、広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)ら20人以上が立候補を表明している。(山口哲人、大野暢子)
続きを読む

東京都知事選に立憲・蓮舫氏が出馬へ
 立憲・共産の統一候補に
毎日新聞 2024/5/27 09:22
スクリーンショット 2024-05-27 142046
立憲民主党の蓮舫氏

 任期満了に伴う東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に、立憲民主党の蓮舫参院議員(56)が立候補する意向を固めたことが関係者への取材で判明した。27日午後に記者会見し、正式表明する。無所属で出馬し、立憲と共産党が統一候補として支援する見通し。

 都知事選を巡っては現職の小池百合子氏(71)が3選に向けて出馬する意向を固め、自民党と公明党が連携を模索している。立憲は、全勝した4月の衆院3補欠選挙や推薦候補が競り勝った26日の静岡県知事選に続き、知名度の高い蓮舫氏を擁立して都政の刷新を図りたい考えだ。

 蓮舫氏は東京都生まれ。タレント、キャスターなどを経て2004年の参院選東京選挙区で初当選し、4期目。旧民主党政権の行政刷新担当相や民進党代表を歴任した。旧民主党政権では「事業仕分け」でスーパーコンピューター開発計画に対し「(世界)2位じゃだめなんですか」と質問して話題を集めた。

 立憲、共産両党は都議会で小池氏への対決姿勢を強めており、2月から統一候補擁立に向けて協議。蓮舫氏を含む複数人に出馬を打診してきた。蓮舫氏の出馬表明を受け、統一候補として支援する方針。

 都知事選では日本維新の会も独自候補の擁立を検討している。このほか、広島県安芸高田市長の石丸伸二氏(41)らも立候補を表明している。【島袋太輔、源馬のぞみ】

立民・蓮舫氏が東京都知事選に出馬
きょう午後会見 6月20日告示、7月7日投開票
 
東京新聞 2024年5月27日 06時00分

 立憲民主党の蓮舫参院議員(56)が、6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選に立候補する意向を固めた。27日午後に党本部で記者会見を開き、正式に出馬を表明する。

参院東京選挙区の選出で知名度のある国会議員の蓮舫氏と、3選を目指す現職の小池百合子都知事(71)らが争う構図となれば、激しい選挙戦が展開される見通しだ。(大野暢子、山口哲人)※2024年5月27日午前10時に内容を更新しました。
スクリーンショット 2024-05-27 111511
蓮舫氏

 立民や共産党、市民団体などが統一候補の擁立に向けて2月に設置した選定委員会は、蓮舫氏の記者会見後に会合を開いて対応を協議し、蓮舫氏を統一候補とする方向で検討する。

 一方、立候補を正式に表明していない小池氏に対しては、28日に特別区長会や市長会の有志らが出馬を要請する予定。これを受け、小池氏は29日に開会する都議会での正式表明を軸に検討しているとみられる。

 自民党は独自候補の擁立を見送る方針で、既に都議会自民党は小池氏が立候補したら支援する方向性を確認。連立与党の公明党も支援に回る可能性がある。

 国会で野党第1党の立民は4月の衆院3補欠選挙で全勝。このうち東京15区では、自民が候補擁立を見送って9候補が乱立する中、立民の候補が小池氏が推した候補らを抑えて初当選した。

今月26日投開票の静岡県知事選で立民などが推薦した新人が自民推薦候補らを破ったほか、同日の東京都議補選目黒区選挙区(被選挙数2)でも立民元職がトップ当選するなど勢いに乗っており、立民は都知事選に流れをつなげたい考えだ。

 蓮舫氏は報道キャスターを経て、2004年参院選で初当選し、現在4期目。旧民主党政権では行政刷新担当相、首相補佐官を歴任。旧民主党の流れをくむ民進党では代表を務めた。

 都知事選には、広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)らも立候補を表明している。

松尾貴史のちょっと違和感
「女性がうまずして」 日本外交の顔の発言とは
毎日新聞 日曜版 2024/5/26 02:02(最終更新 5/26 02:24)
スクリーンショット 2024-05-26 114749
松尾貴史さん作

 静岡県知事選で応援演説をした上川陽子外相が、自民党推薦候補の当選に向け、「この方を私たち女性がうまずして何が女性でしょうか」と発言したことが問題になっている。本人は「真意と違う形で受け止められる可能性がある」と撤回したけれども、「真意と違う」とは何だろうか。

 「文脈を考えずに部分的に切り取られた発言で印象操作だ」と反発する自民党の支持者も少なからずいる。しかし、数々の差別発言や差別表現をしてきた自民党の杉田水脈衆院議員についても同様のことが言えるが、問題発言をした政治家をむりやり擁護しようとして、「切り取りだ」とする言い草には限界があるだろう。

「この候補者を知事として誕生させたい」という文脈なのは小学生にでもわかるが、その上で問題だと指摘しているのだ。報道も発言の趣旨を紹介した上で問題視しているのだから、切り取りだから誤解だという言い逃れはできない。

 「女性」を主語にして「うまずして何が女性でしょうか」と言っているのだから、女性の存在意義を「出産」に特化した表現であって、そもそもこういう精神であるからこそ出てくる言い方でしかない。応援した候補を知事として誕生させるという意味ならば、「女性が」とつけるのはおかしい。女性が多く集まる場であったとしても、そして切り取りであったとしても、真意を誤解するという要素はない。趣旨は確認した上で、こういう感覚を心底持っているという事実がバレてしまったということに他ならない。

 こういう表現が問題だと理解できない政治家とその支援者たちの感覚ではセーフなのだろうが、さすがにこの表現はアウトとしか言いようがない。「今は使ってはいけない表現だ」と上書きされない頭で政治家を続けているとこうなってしまうのだろう。

 しかし、ここで「産みたいのに産めない人の気持ちを考えるべきだ」と主張するのも少し感覚がずれていると思う。それは思いやりの問題であって、勝手に上川氏を嫌えばいいだけだ。ここは単純に、客観的に見て差別表現であること自体を問題にすべきだと思う。

 2007年、柳沢伯夫厚生労働相(当時)が「女性は産む機械」と自民党県議の集会で発言して問題になった。その時は「15から50歳までの女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」という内容で、エクスキューズを挟んではいたものの、仰天の発言だった。

 限定的だが、上川氏の発言に性差別の要素はないという非常に好意的な解釈をする人もいるが、それには無理がある。もし「この知事を私たち男性がうまずして何が男性でしょうか」と言われたら、私は大いに違和感を覚える。「出産を指したのではない、うむというのはそれだけではない」と主張する人も多いけれども、「女性」を主語にして「うまずして」という言葉の選び方は、女性としての役割を十分に意識したものである。

女性だけが「産む」という生物学的事実と、「うまずして何が女性か」という評価のあり方は別問題だが、女性であることと「うまずして」とを短文の中で直結させること自体に抵抗を覚える思考回路がないと、現代では要職につく資格がない、と言わざるを得ない。

 少なくとも公人である国会議員、それも現職の閣僚がこんな表現を使ってしまうのはあまりにもずさんで軽率過ぎる。この程度の表現力と感覚の持ち主が、国際社会に対する日本の外交の顔であるという事実にも、暗たんたる気持ちにさせられる。

 女性や性的少数者の人権が十分に守られない日本の状況を「差別が日本全体にある」として、日本人女性のカップルがカナダで難民認定された――。そんな報道があったのは、つい最近のことだ。(放送タレント、イラストも)=5月21日執筆

【政治とカネ】全面公開したら自民党は潰れる!
抜本改正を嫌がる本当のワケ〜
岸田首相の言い訳を完全論破する!【政治塾】

SAMEJIMA TIMES
チャンネル登録者数 10.2万人

↑このページのトップヘ