自動車整備科1年です。
先日、企業連携実習[スズキ車の最新技術]を行いました。
ご協力いただいたのは、株式会社スズキ自販高知 様。

まずは教室にて自己紹介と今日のメニューの紹介です。今回は3名の方に来校いただき、うち1人は卒業生でした。
ブログ1

実習場に移動し[エアバッグ実験]です。

エアバッグは、インフレータ(ガス発生装置)を 点火させ、発生したガスにより瞬時にバッグを膨らませるシステム。
作動時には、衝撃と共にめちゃくちゃ大きい音がでます。
危険なので、中央に置かれたタイヤの中にエアバッグを置き、離れた場所から配線のスイッチをONします。
ブログ3
5・4・3・2・1・ スイッチON!!


「バンッ!!」 

オオーw(*゚o゚*)w

IMAG0875
写真も手振れするほどの衝撃です!!

開いたエアバッグは高温。
プラスチックの部分は触れますが、金属部分は火傷するほど高温になります。
ブログ4

膨らむ部分はナイロン製。
膨らむとすぐにしぼみます。
ブログ5
学生達も思った以上の威力と音に衝撃の様子。

次は[誤発進抑制装置]を体験します。
バックするつもりが、間違えてDレンジに入っていて・・・ってやつですね。
意外と誤発進での事故多いそうです。
ブログ8

実験に使った車両はスペーシア。
フロントガラス内側の上部に備える双眼カメラ(通称ステレオカメラ)を使って、車の前側の状況を認識するタイプです。
img02


天気はあいにくの雨。。フロントガラスに雨粒があるけど大丈夫かなぁ・・・と思っていましたが、
スズキの方いわく「ワイパー作動域にカメラが配置されているため、これぐらいの雨なら安全装置の作動には問題ありません。大丈夫です」とのこと。
ブログ6

[誤発進制御]とは、前方の障害物をカメラが認識している時、Dレンジに入れてアクセルを急に踏んでもエンジンの出力が制御されるとういうシステム。
助手席にスズキのメカニックの方に同乗してもらい説明を受け体験スタート!!
ブログ11

IMAG0893

車は少し動くものの、カメラからの情報によりコンピューターがエンジンの出力を制御します。
車止めを乗り越えることはありませんでした。
確かに、この装置のおかげで助かる人もいると思います。

次は実習場に戻って、車の見取りを行います。
写真は新型ワゴンRに取り付けられるクリアな[ヘッドアップディスプレイ]
運転席に座ると、このクリアなプラスチックにポジション位置やスピードメーターが浮かび上がります。 ※落合君は浮かび上がりません
ブログ7

新型ワゴンRは電気モーターエンジン2つの動力を持つハイブリッド仕様。
スピードメーターの横には、モーターやエンジンから引き出される動力、減速時に回生されるエネルギーの流れが表示されるモニターが付いています。

ブログ10



全方位モニター
運転者はナビの画面で全方位を確認することが出来ます。
ブログ9


最後は質問コーナー

来校いただいたメカニックは2年前の卒業生 くんです。
卒業生ということもあって、芝くんへの質問が集中していました。

「学生の頃にもっと勉強しておいたら良かったと思うことは?」
「就職して変わったことありますか?」
などなど・・・。
ブログ2


休憩時間も含み、2時間半行った特別授業。
今回は、スズキ車のことだけでなく、実際に見ることが少ないエアバッグ作動や誤発進制御も体感することができました。

ご協力いただいた(株)スズキ自販高知 様 
ありがとうございました。