2010年12月16日

吉田松陰拘禁の跡

宝福寺を進むと下田屋旅館があります。

                   syouin1


下田に来た吉田松陰・金子重輔の二人がはじめに宿をとった旅館・岡村屋跡です。
          syouin2


また、少し歩くと吉田松陰拘禁の跡があります。
吉田松陰と金子重輔はペリー艦隊での密航を企てたが失敗してしまい自首しました。下田奉行所によってこの場所(長命寺(廃寺))に拘禁されました。

          syouin3


石碑の横にあった案内板より、
幕末の志士吉田松蔭は海外事情を学ぶため鎖国の禁を犯し密航することを決意した。長崎に来港したロシア船への便乗を佐久間象山に勧められ急行したが間に合わず、翌嘉永7年(1854年)3月再航したペリー艦隊を追って弟子金子重輔と下田へ来た。機をうかがい夜中柿崎より小舟でペリー艦隊ポーハタン号に漕ぎ着け、渡米を懇請したが、ペリーに拒絶された。壮図空しく破れた松陰等がいさぎよく自首して拘禁された場所が、ここ長命寺(廃寺)であった。さらに平滑(ひらなめ)の獄に移され、同年4月11日には江戸伝馬町の獄に送られた。松蔭等が下田に滞在した期間は24日の短いものであり、また海外渡航は失敗に終わったが、その行動は幕末開港の歴史に欠くことのできない重要な1頁を刻むものであり、後に与えた影響は大きかった。

          syouin4


ryomanatabi at 02:44│Comments(0)TrackBack(0)幕末 | 下田

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字