2010年09月

2010年09月29日

上野彦馬のお墓

長崎県長崎市伊良林3丁目600には

風頭公園があります。

       
          uenohi1

ここ風頭公園は、龍馬さんの大きな銅像が建っていますがその他に

          uenohi3

写真術の始祖で龍馬さんや桂小五郎、高杉晋作など幕末の志士達をたくさん写真を撮った上野彦馬の墓地があります。

         uenohi2

こちらの右側の通りに龍馬さんの銅像があるのですが
上野彦馬のお墓に行くにはよく見ないと通り過ぎてします感じの細い入り口になっています。

         uenohi4

この細い道を少し進むとお墓が現れます。
(長崎市指定史跡)になっています。

説明板があったので内容を書かせて頂きます。
市指定史跡 上野(彦馬)家墓地
上野家は絵師の家系であり、絵画、鋳金などに秀でていた。幕末の当主俊之丞、彦馬(1838~1904)父子は2代にわたり、写真技術の習得と普及に多大の功績を挙げ、わが国の近代化学研究の発展に寄与した。彦馬は日本最初の職業写真家として著名であり、高杉晋作、桂小五郎たちを撮影したことでも知られている。
墓地には上野家初代の左衛門尉英傳、3代若元、5代若瑞、6代俊之丞、7代彦馬などの墓碑が立つ。これら墓碑群のなかで最も古い、英傳の墓碑は五輪塔様式であり、延宝3年(1677)の年代を示す。これは上野家墓地の近くに所在する阿蘭陀通詞加福家墓地、唐通事林・官梅家墓地(ともに市指定史跡)にある墓碑と同型である。

ryomanatabi at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)幕末 | 長崎

2010年09月28日

龍馬チューリー ぬいぐるみ

昨日は、龍馬ベアをご紹介しましたがもう一つハウステンボスにあります。

それは、龍馬チューリーです。

         ritu1

こちらの商品も龍馬マッキーが行った時は、まだ販売していなくて最近ハウステンボスのネットショップで購入しました。 

限定600個で、価格は1580円(税込み)

         ritu2

龍馬チューリーの背中には、龍馬さんの家紋が
右手が無いわけではなく懐に入れてる龍馬さんスタイルになっているんですよ♪


         ritu3

そして、ブーツですね!!


         ritu4

二つを並べると・・・・・・



ryomanatabi at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)龍馬グッズ | 長崎

2010年09月27日

龍馬ベア

長崎 佐世保にあるハウステンボスで限定発売の龍馬ベア(キーチェーン)限定1200個 1,370円 (税込) 


                   ribe1

龍マッキーが行った時は、まだ発売されてなかったんですよね~

先日、ハウステンボスのH・Pを見たらなんとはんばいされてたんですよ!
即買いです

         ribe2

羽織の背中には、ハウステンボスのエンブレムが画かれています。

         ribe4

足元は、もちろんブーツ

         

ryomanatabi at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)長崎 | 龍馬グッズ

2010年09月25日

長崎駅

長崎駅

         nagasakieki1

長崎旅行中によく利用した長崎駅
ホテルも長崎駅から5分位の所に宿泊していたので、電車だけでなく駅と隣接したショッピングセンターがあったので一日に何回も通りました。

駅にも龍馬さんの大きな幕がありました。

         nagasakieki3

改札口の横には、龍馬さん関係の場所をいろいろと教えてくれる案内所がありました。

迷った、困った時の強い見方ですね。

         nagasakieki2

龍馬さん関係の商品が並べられているガラスケースの前には、ながさき龍馬くん。


         nagasakieki-4

長崎さるくも龍馬さんに変身してます。
“さるく”とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁です。

ryomanatabi at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)長崎 | 幕末

2010年09月24日

長崎 後藤象二郎邸跡

長崎県長崎市金屋町1-7 テレビ長崎本社
テレビ長崎(KTN)の正面玄関左横には、

          goto1

後藤象二郎邸跡の碑が建っています。

石碑の周りには、この様にもこもこと木の葉が生い茂っていて分かり辛く探し出すのに少し迷ってしまいました。

後藤象二郎は、天保9年3月19日(1838年4月13日)- 明治30年(1897年)8月4日)は、日本の武士・土佐藩士。

少年期に義理の叔父・吉田東洋の少林塾にて学ぶ。
後藤象二郎は、公武合体派の急先鋒として、武市瑞山(武市半平太)らを切腹させるなど土佐勤王党を弾圧した。

ここは、長崎土佐商会の仕事をしていたときに滞在していた邸宅があった場所で後に、この邸宅は岩崎弥太郎が譲り受けました。

          goto3

このポーズは、龍馬さんをまねたのか?
龍馬伝では、岩崎弥太郎をいいように使っていて、弥太郎がちょっと可哀想に思えてくるんですけど
龍マッキーは、あまり好きではないタイプですね。
あんな風なお方だったんでしょうか~?


          goto2

結構、車も通っていて写真撮るのにちょっと大変でした。


ryomanatabi at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)幕末 | 長崎