お龍

2011年12月04日

武信稲荷神社

京都の旅 
龍馬さんの格好を終えて、次に向ったのが武信稲荷神社です。
ちょっと、道に迷ったのですが地元の方に道を尋ねて無事到着しました。
         takenobu1

         takenobu2

         takenobu3

この武信稲荷神社に来た訳は、これなんです。
         takenobu4

この大きな榎に木にまつわるお話。
神社の南に江戸時代、幕府直轄の六角獄舎という牢獄があったそうです。幕末、勤王の志士が多く収容されていてその中に 龍馬さんの妻おりょうのお父さんが勤王家の医師であったため捕らえられていました。
二人は、何度かお父さんを見に来ていましたがなかなか会う事ができなかった。
そのうち、龍馬さんは追われる身になり身を隠すことになった。
おりょうさんは龍馬さんの行方を捜した。そして龍馬さんは、何度も訪れた武信稲荷神社の木の事を思い出しその木に龍馬さん独特の字で『龍』の字を彫った。
それは、今も生きている、京都にいるという龍馬さんからの伝言。
龍馬さんが京都にいることを知りおりょうは二人の共通の知人を訪ね、二人は再び出会えたといわれているロマンチックなお話です。

         takenobu5

立派な木でした。
もちろん、龍という文字はありませんでした。
         takenobu6

         takenobu7

         takenobu8

         takenobu9


ryomanatabi at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月10日

高知駅 構内

高知駅の構内には、龍馬さんに関係する場所の大きな案内板があります。
                 ekinaka2


その横には、 

         ekinaka1
龍馬さんとお龍さんの大きなパネルがありました。


         ekinaka3
お二人の前を失礼して、ホテルのロビーに続き3ショット!!


         ekinaka4
この日、テレビカメラが来てました。
ん?見たことがある人だな~


         ekinaka5
辰巳琢郎(たつみ たくろう)さんだ~
少し、見物して移動


         ekinaka6
駅のショップの窓にも龍馬さん


         ekinaka7
ここでも龍馬さんと語り合う龍マッキーでした。


ryomanatabi at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月09日

龍馬ホテル

今回、高知旅行中に宿泊したホテル
龍馬ホテルです。

高知駅から徒歩約3分。     

         hoteru1


駅から近かったし、部屋も綺麗でしたし、レンタサイクルもあったし、お値段もお手頃だったしでまぁ、良かったですね。
         hoteru2
この入り口から入って右側に龍馬さんの銅像がありました。


それが、この龍馬さん銅像です。
         hoteru3


ここを通るたびに、行ってきます、ただいまと龍馬さんに挨拶を忘れませんでした
         hoteru4


ホテル内には、龍馬さんお龍さん夫婦の写真がありました。
        hoteru5



ryomanatabi at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月08日

ぽっぺん

室町時代にオランダ人が長崎の地に製法を伝えたガラス工芸。
で、今では長崎県の名産品。

ビードロ(ぽっぺん)

         kopin1

龍馬伝でも龍馬さんがぽっぺんぽっぺんってやってましたね。

         kopien2

来週は、お龍さんがぽっぺんぽっぺんやるみたいです。
龍マッキーは、はじめコツがつかめずぽっぺんぽっぺんと鳴らなかったのですがコツをつかめばぽっぺんぽっぺんといい音が出ました。

ryomanatabi at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月05日

寺田屋 お龍さん

京都市中京区三条柳馬場下ル
にあるのは、お龍さんの実家です。

         oryou1

今日の龍馬伝では、寺田屋で龍馬さんに伏見奉行所の捕り方が捕縛に来た事を入浴中のお龍さんが知らせて助けましたね~。

こちらの石碑なのですが、今回も探し出すのに迷ってしまいました。
ちょうど、お隣が工事をしていたようでブルーシートが被さっているいる様な形になっていて前まで来ていたのに通り過ぎていました。
ウロウロしているうちにようやく見つけました。

         oryou2

もう、周りは真っ暗になっていました~。

隣に立って記念写真も撮れなかったな~
また、機会があればリベンジです。

          oryu2[1]

お龍さん、なかなかの美人ですね~。


ryomanatabi at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)