グラバー園

2010年09月17日

グラバー園 その4

グラバー邸の中をちょっと、       

グラバーが使用していたステッキと鞄もありました。
もっと派手なのかな~っと思っていましたが案外質素な感じです。
                   gurabaniti1


          gurabaniti2

応接室ですね。
グラバーは、日本人女性ツルさんと結婚されて子供も授かり温かな家庭をつくり日本で終生を過ごされました。

         gurabaniti3

ダイニングルームです。
お~~~、ちょっとつまんでみたい~~~
これは、造り物で食べれませんが(笑)


         gurabaniti4

この鏡、どこか変に思いませんか???
ん???

         gurabaniti5

はい~
そうなんです、姿が映せないんですね~
なんの為の鏡といいますと
部屋を明るくする為に設置されたものらしいです。
なるほどなるほど

ryomanatabi at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月15日

グラバー園 その3

グラバー園の中には、レトロ写真館があります。
そこでは、レトロ調の衣装を貸し出ししていて記念写真や園内を散策出来ます。

で、わたくし龍マッキーもと思い

この格好をしてみました。



         kinaga1

龍馬さんの着流し姿です。
袴を履いているイメージが強いですが、着流しもなかなかかっこいい~
晋作スタイルみたいだ。
ちょっと残念な事が・・・・・あまり足元を見ないで下さい(笑)
靴の貸し出しがありませんでした。
次、行く時は雪駄持参かな(笑)

隣の胸像は、グラバーです。
この貸し出しは、500円で30分間です。

園内を歩いていると他のゲストに見られてちょっと恥ずかしかったけど
好きな龍馬さんに扮装出来、龍馬さん気分になれたので龍マッキーは最高です!!


         kinaga2

グラバー邸

        kinaga3

1863年に建てられた日本最古の木造西洋風建築。


         kinaga4

ここは、レトロ写真館の中でのポーズ。
レトロ写真館の室内では、刀を貸してもらいキメポーズ?(笑)

ryomanatabi at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グラバー園 その2

前回の旧三菱第2ドックハウスの庭です。

庭に大砲ありました~
これは、砲術家・高島秋帆指導のもと
鉄砲鍛冶・野川清造が製造したと言われる和製大砲だそうです。
ちょっと、小ぶりですね。
遠くまで弾が飛んだのかな~ 

                      gurabaen1


天気もすごく良かったので気持ちいいですね~~~

         gurabaen2


今も大きな船が行きかい、停泊しています。

         gurabaen3


軍艦がありました。
カッコイイ~

         gurabaen4


旧三菱第2ドックハウスを進むと
旧ウォーカー住宅が見えてきます。
ここは、イギリスの実業家ロバート・ネール・ウォーカーの次男が暮らしていたそうです。
明治中期に大浦天主堂のすぐ隣に建てられていたようです。

         gurabaen5



ryomanatabi at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月14日

グラバー園  その1

昨日は、龍馬伝の関連でグラバー邸の室内の天井裏(隠し部屋)から紹介しました。

今日は、入り口から・・・・・・
こちらの入り口は、第2ゲートになります。
龍マッキーは、ここから入って行きました。

                  guraba1

まずは、旧三菱第2ドックハウスが見えてきます。
明治29年に造られた西洋風の建物です。
ドックハウスとは、船が修理の為造船所に入っている間乗組員達が泊まっていた施設とのこと。

         guraba2

中は、当時の家具や船の模型などが展示されていました。
これは、咸臨丸の模型です。

         guraba3

龍馬さんのパネルもありました~

         guraba5

2階からの眺めは~

         guraba6

こんな感じです。
左前方には、ど~んと三菱の会社が見えます。

ryomanatabi at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月12日

グラバー邸の隠し部屋

                 

                       kakusi2

ここは、長崎にあるグラバー邸の中にある隠し部屋があった所です。
今日の龍馬伝で高杉晋作がこの隠し部屋にいてましたね。

高杉晋作だけでなくグラバーは、この天井裏の隠し部屋に幕末の志士たちをかくまっていたり、また志士たちが密談をしていたようです。

         kakusi1

はやり西洋の家は、天井が高いですね。

         kakusi3

現在は、中に入ることはできません。
下から上を見上げて見ます。
鏡があるのでそこに写る中を覗く格好ですね。
中は暗いのでちょっと見難いですがフラッシュをたけばこんな感じで写りなんとなく様子がわかります。


         kakusi4

近くに案内板があり、そこに写真がこの様にありました。

ryomanatabi at 22:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)