井伊直政

2012年04月17日

関ヶ原の戦いを歩く 3

東軍の田中吉政の陣地

徳川家康の最後の陣地のすぐ近くにありました。

黒田隊らとともに石田三成の陣を攻撃し、合戦後は佐和山城攻めに従軍。
また敗走した三成を捕らえたのは吉政の家臣でした。

        sekigaharaji2


        sekigaharaji1

大きな道路には、関ヶ原の戦いに参戦した武将達ののぼりがずらずらっとたっています。
        sekigaharaji3

こんなのぼりもあります。
        sekigaharaji4

関ヶ原の戦いの後、徳川家康が竹中重門に命じて、戦死者を首実検した後、葬ったものです。
昭和6年に国指定史跡に指定されています。
        sekigaharaji5

      
        sekigaharaji6

徳川家康が首実検をする前に血を洗ったとされている井戸がありました。
        sekigaharaji9

東首塚の横には、
徳川四天王の一人で赤揃えの井伊直政・徳川家康の四男松平忠吉陣跡があります。

慶長五年九月十五日の合戦の役に、中山道の敵を目標とする福島・藤堂・京極隊、北国街道を黒田、竹中、細川等の隊、その中央にあたるこの地に家康四男松平忠吉、後の彦根藩主井伊直政が約6千の兵で陣を構えた。午前八時頃、軍監、本田忠勝より開戦を促され、直政、忠吉を擁して前進し宇喜多秀家の前面に出たが、先鋒は福島正則であると咎められ、方向を転じて島津義弘の隊に攻撃し開戦の火蓋が切られた。
(案内板より)
        sekigaharaji7

        sekigaharaji8

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
              人気ブログランキングへ



ryomanatabi at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月19日

関ヶ原 ウォーランド 4

愛知の旅 

関ヶ原の戦い

前回の関ヶ原ウォーランド



馬に乗って戦いに向かっています。
         sekigaharata1

井伊直政も出陣。
井伊直政と言えば徳川四天王の一人
井伊の赤備えで赤鬼と呼ばれ恐れられていた人物です。
         sekigaharata2

こちらは、本多忠勝
         sekigaharata3

おっと!気をつけないと撃たれてしまうぞ~
         sekigaharata4

こちらは、黒田長政
龍マッキーもちょっと混じってみた。
         sekigaharata5

落馬してるぞ~
         sekigaharata6

島左近だ!
         sekigaharata7

鉄砲隊と龍マッキー
         sekigaharata8

おっと!危ない危ない
         sekigaharata9

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ


ryomanatabi at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月07日

関ヶ原 ウォーランド 2

関ヶ原 ウォーランドの続きです。

たぶん順路通りに行ってないかと思いますが・・・・・・
いや~ 会いたい武将がたくさんいる~

まず、見えてきたのが
あくまで西軍として、東軍に有利になるように動いた吉川広家。
いろいろうだうだと言って毛利秀元を戦場に出さなかった。
         rosikawa

東軍に内通していた吉川広家によって情報が入らず戦いには参戦することなく撤退した武将
長宗我部盛親
  
         tyousoka

おっと、誰か見えます。
         ieyasu1

これはこれは、徳川家康公ではないですか。
         ieyasu2

井伊直政
徳川四天王の一人で家康の天下取りを全力で支えた功臣と言われています。
         ii

松平忠吉
家康の四男
         matudaira

黒田長政
黒田官兵衛の嫡男。
西軍の小早川秀秋を謀略を持って東軍に寝返らせることに成功した。
         kuroda

本多忠勝
徳川四天王の一人
東軍に従軍し、諸大名に書状を送って東軍方につける工作にも活躍。
         honda

ウォーランド、噂には聞いてましたが整備がちょっと・・・・・・
で、中にはこんな感じな事になってしまっています。
こちらは、板坂ト斎 何だか筆と紙を持って書いていますね。
慶長年中卜斎記ですかね。侍医だそうです。
        kityou


龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ


ryomanatabi at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)