勝海舟

2012年06月19日

神戸海軍操練所・海軍営之碑

大阪の旅~

町を歩いていると
ん!?あの看板の絵、あれは、もしかして・・・・・

        neyagawa1

ちょっと、微妙な龍さん
        neyagawa3

大阪の町では、結構珍しいので記念写真。
        neyagawa2

        neyagawa4

次の日は、神戸に向かいました。
神戸に行ったらここへ行きたかったんだよな~
見えてきた、見えてきた
「神戸海軍操練所」の跡地です。

        sourenn1

碑の左側にある本には、何故神戸村が選ばれたのか、何故海軍操練所が閉鎖されたのかが綴られています。
この神戸海軍操練所は兵学校、機関学校、海軍工廠を総合した観があり大規模な組織であった。
勝海舟はここに天下の人材を集め日本海軍の礎を築き、海外発展の基地をつくろうとした。
その高風を仰ぎ、来り学ぶ俊英二百の多きを 数え、坂本龍馬、陸奥宗光、伊東祐享など幾多有為の人材が輩出したのである。
元治元年(1864年)、海舟は禁門の変に操練生の一部が反幕軍として参加したため、激徒養成の嫌疑を被って解職され、操練所もまた翌慶応元年(1865年)3月、ついに閉鎖されるの止むなきに至ったのである。
(一文です。)
        sourenn2

さらに歩いて数分の所に2つの石碑が建っています。神戸海軍操練所、海軍塾の塾生であった陸奥宗光(第4代兵庫県知事のち外務大臣)の功績を記念して顕彰碑。左側のもう一つは諏訪山にある「海軍営之碑」の複製です。
        sourenn3

時間の都合上諏訪山に行けなかったので
次回は、諏訪山にある本物を見に行きたいと思っています。
そして、勝海舟が神戸海軍操練所建設時に住んでいたといわれる家もあるようでそこには龍さんも何度も訪れていたとか。
龍マッキーも訪れてみたい!!

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
              人気ブログランキングへ

ryomanatabi at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月19日

浅草ぶらり~

龍マッキー浅草へ行くの巻き~

少し前ですが、浅草に行ってまいりました。

後ろに見えるのがスカイツリーです。
         asakusa1

とあるお店を覗いてみると、おっ!!龍馬もんっちっちを発見
         asakusa2

そして、久月の坂本龍馬像
流石、人形店いい創りしてますね~
思わず買おうとしちゃいましたが、結構いいお値段をしていたので嫁さんに「ダメ~」と言われてしまいました。
龍マッキーは、諦めていませんがね!!
         asakusa3

お馴染みの雷門の大きいちょうちんの前は通らなかったので中の大きいちょうちん前で撮りました(笑)
         asakusa4

浅草寺からから見えるスカイツリー
         asakusa5

スカイツリーとあさひビールビルの泡と
         asakusa6

そして、勝海舟先生像に会いに行きました。
         asakusa7

勝海舟先生像とスカイツリー
         asakusa8

この日は、いお天気だったので綺麗に撮れました。
頭の上に鳩が止まっておちゃめな勝先生に

         asakusa9

まだ時間もあり、せっかくだったのスカイツリーの近くまで行くことにしました。
         asakusa10

かなり、近づいてきたぞ~
         asakusa11

お~ すっげ~高~
オープンが楽しみです。
         asakusa12

スカイツリーインフォプラザに入ってっみました。
ソラカラちゃんと記念撮影。
         asakusa13

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ



ryomanatabi at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月18日

岡田以蔵の墓


田中良助邸から次に向ったのが高知市薊野。

そこには、岡田以蔵のお墓です。


右側にある竹やぶの中にお墓はあります。
         izou1


では、ここから登って行きます。
         izou2


左に竹に着いている黄色いリボンがわかりますでしょうか?
この黄色いリボンが目印でこれにそって進みます。
         izou3


         izou4

岡田以蔵について少し説明。
天保9年に高知城下江ノ口村七軒町に土佐藩家老桐間将監の足軽格岡田儀平宜之の長男として岡田以蔵は生まれました。

武市半平太について剣術を学びました。
その後、江戸に出て鏡心明智流の名門である桜井道場に入門、中伝を得て、武市に従い、中国・九州を武術修行した後、土佐に帰国し、土佐勤王党に加盟。

吉田東洋暗殺を取り調べていた土佐藩下目付けの井上佐一郎を暗殺したときから、以蔵の人斬りとしての人生が始まった。その後、天誅と称して、暗殺を繰り返します。

一時は坂本龍馬さんの紹介で、勝海舟先生のの護衛をつとめた事もありました。

1865年(慶応元)年、打ち首、晒し首となりました。



登っている途中ちょっと険しい所もありました。

         izou6

         izou5


本当にお墓があるのって感じが一瞬しましたが、
ありましたね~

         izou7


お墓には岡田宣振刻まれていました。
やぶ蚊がたくさん飛んでいてじっとしていると寄ってくるので写真を撮るのが大変でした。
何箇所かかまれました~(笑)
         izou8



ryomanatabi at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月15日

謁見の間

宝福寺の隣に記念館があります。

その前に記念写真!
ちょっと、イカつい龍マッキー     

         ekkenn1



山内容堂と勝海舟の謁見の間があります。

         ekkenn2

          ekkenn3


謁見の時にまつわる品が展示されています。
         ekkenn4


謁見の際に使用された杯。

         ekkenn5


勝海舟が山内容堂に欲しいと言ったひょうたん
だけど、あげれないとの事で
         ekkenn6


扇子にひょうたんの絵を描いて渡した。
         ekkenn7



ryomanatabi at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月12日

宝福寺

下田駅より歩いて5分の所に宝福寺があります。

宝福寺と龍馬さんとの関係は、山内容堂候は勝海舟を宝福寺に呼び出し、勝海舟は坂本龍馬の脱藩を許して欲しいと出向いた。そして勝海舟の説得により、坂本龍馬はの脱藩が許されました場所なんですね~
だから、坂本龍馬の飛躍の地とうたってるんです。
         

この様な看板が見えてきます。
龍馬さんの顔・・・・・何となく福山雅治?
お吉さんの事は、また次の時に
             toufuku1



宝福寺の正面です。
ん??何かあるぞ~
         toufuu2


近くに寄ってみると木で掘られた龍馬さんです。
伊豆山中で切り出された杉の木で、チェーンソーで造られた、坂本龍馬像です。約3メートルの高さです。
         toufuku3



チェーンソーでね~
すごいですね~
         toufuku4



坂本家の家紋が刻まれています。
         toufuku5


         toufuku6


謁見の石碑が建っています。
         toufuku9

左側には、坂本龍馬飛翔之地と刻まれ

         toufuku10


右側には、文久3年1月15日に行われた事が刻まれています。
         toufuku11


そして、ここにも居ました。  龍馬くん
         toufuku7



座っている姿は、愛くるしい~龍馬くん像♪

         toufuku8


ryomanatabi at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)