四国

2011年01月08日

和霊神社 その1

次に向ったのは高知市神田、そこには和霊神社があります。         


                 warei1



和霊神社は1762年、龍馬さんの祖先である才谷屋三代目「八郎兵衛直益」が宇和島にある和霊神社を才谷屋・坂本家の守護神にしようと分霊して建立されました。


このような細い所を進んで行きます。
         warei2


         warei3



1862年3月24日,脱藩を決意した龍馬さん(28歳)は,坂本家の守護神である和霊神社へ詣で,ここで水杯をして,沢村惣之丞とともに梼原から伊予長浜を目指した。毎年3月には脱藩祭が行われています。
         warei4



とっても小さい神社です。
         warei5



鳥居をくぐってさらに細い山道を登って行きます。
         warei6


おっ!
見えてきました。
続きはまた明日!!
         warei7



ryomanatabi at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月12日

つり具屋 丹吉

「丹吉針」という釣り針の名は古く、元禄の頃(1690年頃)から土佐名産として知られていたそうです。  

              tankti1
今も、営業をされています。


         tankti2
ここは、龍馬さんがが武市道場へ行った帰りによく立ち寄ったといわれている、釣具屋「丹吉」なんです。

         tankti5
高知市の電車通り、菜園場(さえんば)入り口の少し西にあります。
全体を写すために駅から撮りました。


         tankti3
大通りだったので、車が途切れるのと人が途切れるのを待ってやっと撮れました。


         tankti4
また、衣服を脱ぎ捨てて前の堀川で泳いだり
昼寝をしたとも伝えられています。

何か、龍馬さんに関する事が書いてないかな~とか
龍馬さんの何かが置いてないかな~ってちょっと覗いてる怪しい龍マッキーです。



ryomanatabi at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月16日

ラブラブ

        ryoma2

ここは、高知県上町にある高知市立龍馬の生まれたまち記念館
坂本龍馬の生誕地から程近い場所にあります。

館内では、展示や坂本龍馬が生まれ育った上町の歴史や文化、龍馬の家族など映像を使って紹介しています。また脱藩までの人生を追体験できるコーナーもあります。
館内を順番ずつ回っていると、ある和室が見えてきました。
中を覗いてみると、一瞬ドキッ

わが恩師龍馬さんではないですか
「よー来たのー、おまんが来るのを待ってたじゃき」と言ってくれてるようで、げにまっこと嬉かったぜよ。

         sroma1

これが、ラブラブツーショット
龍馬さんとのツーショットは、いろいろ撮ったけどその中でもお気に入りの1枚です。

ryomanatabi at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)