土佐勤王党

2011年02月12日

高知の観音堂

ここは、観音堂。
こちらの観音堂もとても小さい所で、ちょっと探しました。
雨上がりだったので、蚊がいっぱいいてあまり長くはいられませんでしたね~

                    kannon1

          kannon2


文久2年(1862)4月8日、土佐勤王党のメンバーである那須信吾、大石団蔵、安岡嘉助が吉田東洋暗殺、首をとり、南奉公人町を犬に追われながら走り、観音堂で待っていた仲間に首を渡したという。
その頃は観音堂はこの場所ではなく、思案橋近辺にあったそうです。
ちょっと怖い話ですが、この時代には多い話ですね~
          kannon3


          kannon4


ryomanatabi at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月15日

武市半平太 像

昨日の続きで、
銅像に近づいてみました~
誰だかわかりますかね
お天気が悪かったので黒っぽくなってしまっていますが。  

                  taketi1


この方は、文政12年(1829年)9月27日に土佐国吹井村(現在:高知県高知市仁井田)に誕生。
龍馬さんとは遠縁で土佐勤王党の盟主。
武市 半平太(たけちはんぺいた)さん。
瑞山(ずいざん)とも呼ばれている。

この銅像は、2代目で初代の銅像は特徴であるアゴを強調し過ぎていて顔が大きく体とのバランスがちょっとあっておらずかなり不評だったようで新しく造り変えて今の銅像になりました。
この銅像は、キリリとしてかっこよかったですね。

          taketi2


結構、広い場所で周りはなにも無く静かな所にありました。

          taketi4


写真を撮っていると雨がパラパラ降ってきた~
急いで撮らなければ~

          taketi3


ここには、土佐勤王党 血盟者と同士人名 刻まれています。
          taketi6


雨に濡れてきてちょっと見難くなってしまいましたが、9番目に坂本龍馬と刻まれています。
          taketi7


他に、吉村寅太郎や近藤長次郎、池内蔵太、沢村惣之丞の名前も刻まれていました。
          taketi8



何度か高知旅行をしましたが、今回がはじめて武市 瑞山の銅像を見ることが出来ました。
車がないとなかなかこれない場所だな~。
         taketi5


横浪黒潮ラインをずーっと走るのですが、途中で停まって景色を眺めました。
お天気が良ければもっと気持ちいいんだろな~
         taketi9
         taketi10



ryomanatabi at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)