土佐藩

2012年01月30日

立会川の龍馬さん像

今日は、立会川にたっている龍さん像。

         tatiai1


以前にも行ったことがあるのですが、
現在たっている龍さん像は、20歳の龍馬像でプラスチック製からブロンズ像にと凛々しく立派に変身していました。
プラスチック製の龍馬像は、土佐藩の下屋敷跡にある区立浜川中学校に移動したそうです。
一度は、見ていますが高知で是非もう一度見てみたいですね~。

         tatiai2

         tatiai3

         tatiai4

何故、立会川に龍さん像が・・・・ですよね。
1853年頃にペリーが開国を求めて浦賀に来航した。
幕府は江戸湾岸に藩邸を持つ諸藩に警備を命じました。
土佐藩は品川に下屋敷があり、土佐藩は江戸詰の藩士を動員。
龍さんは、修行の為江戸に来ていた。龍さんも「臨時御用」として9月まで警備の一員として務める事になりました。

         tatiai5

         tatiai6

龍さんと言えばブーツですが、立会川に来ていた頃はまだ草履だったのでこの銅像は草履の龍馬さん像なんですよね~
こういう違いを見つけるのも楽しみの一つなんですよ!
         tatiai7

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ

ryomanatabi at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月23日

長崎奉行所跡

路面電車に乗って「桜町」下車して徒歩5分

         nagasakibu1

ここは、長崎歴史文化博物館・長崎奉行所です。



        nagasakibu2

長崎奉行所という歴史的な建物を復元された建物です。
鎖国時代から西欧に唯一開かれた窓口として栄えた長崎。
海外資料や美術工芸品、古文書などがたくさん展示されています。



        nagasakibu3

この階段を上がって、正面の長い階段へ



        nagasakibu4

ここから、中へ入っていきます。


ryomanatabi at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月05日

清風亭での会談

2日の土曜日に放映された龍馬伝の龍馬さんと後藤象二郎が会談した料亭場所です。

長崎市万屋町のとある駐車場
       
          seifu1


確か、この辺りとちょっとウロウロ

          seifu2

あっ!!
あったあった ここだ現在はコインパーキングになっていたんですね~

清風亭跡の説明書きを発見

1867年 溝渕広之丞、松井周助等の仲介で土佐藩を脱藩していた坂本龍馬さんと土佐藩士の後藤象二郎が会談した料亭「清風亭」跡地です。

平成21年の春に長崎の龍馬研究家により、清風亭の場所が特定されました。d
12畳と8畳の計2室がある小さな料理屋だったそうです。


         seifu3

敵対していた二人が会談し手を合わせる事になり大政奉還に向かって動きだすという幕末史の中でも重要な出来事となった場所です。

龍マッキーは、この場所でか~っとしみじみ思いふけました。



ryomanatabi at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)