寺田屋

2012年02月09日

寺田屋の近く

京都の旅

寺田屋の続きです。

寺田屋の近くに龍馬通りがあります。
         ryodo1

その龍馬通りには、龍馬さんのグッズがたくさんある龍馬館があり
ここでいつも龍馬さんグッズを購入しています。
龍馬さんの他にも新撰組のグッズもあります。
          ryodo2

          ryodo3

そして、龍馬館の近くに河童で有名な黄桜さんがあります。
          ryodo4

いろんな河童が展示されています。
黄桜のお酒も販売されています。
          kizaka1

          kizaka2

京阪電鉄、中書島駅の駅の柱には龍馬さんの事が
          ryodo6

待合室にも龍馬さんがいた~
          ryodo5

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ

ryomanatabi at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月06日

伏見 寺田屋

京都の旅

京阪電車に乗って中書島駅へ
ここには、龍馬さん襲撃事件の舞台となった寺田屋があります。
         teradaya3

龍馬さんが定宿としていた船宿。

         teradaya2

中も見学できます。
         teradaya4

龍馬さんが撃ったあとでちゅか~
         teradaya5

この階段は、寺田屋の裏階段で

お龍さんが寺田屋をびっしりと囲む捕り方の姿に気付きお風呂から飛び出して、着物も付けず2階へ駆け上がった階段です。そして部屋にいた龍馬さんに危機を知らせました。
         teradaya6

結構狭い階段です。
娘を抱っこしての上り下りはちょっと落ちそうで怖かったです。
          teradaya7

お龍さんが入っていたお風呂です。
         teradaya8

龍馬さんに関する資料や銅像やポスターなどがたくさんあります。
         teradaya9

         teradaya10

今回は、時間がなかったので庭に出る事が出来ませんでした。

以前アップした寺田屋です。
前回の寺田屋

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ



ryomanatabi at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月05日

寺田屋 お龍さん

京都市中京区三条柳馬場下ル
にあるのは、お龍さんの実家です。

         oryou1

今日の龍馬伝では、寺田屋で龍馬さんに伏見奉行所の捕り方が捕縛に来た事を入浴中のお龍さんが知らせて助けましたね~。

こちらの石碑なのですが、今回も探し出すのに迷ってしまいました。
ちょうど、お隣が工事をしていたようでブルーシートが被さっているいる様な形になっていて前まで来ていたのに通り過ぎていました。
ウロウロしているうちにようやく見つけました。

         oryou2

もう、周りは真っ暗になっていました~。

隣に立って記念写真も撮れなかったな~
また、機会があればリベンジです。

          oryu2[1]

お龍さん、なかなかの美人ですね~。


ryomanatabi at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

寺田屋 お登勢のお墓

京都府京都市伏見区鷹匠町に 松林院があります。


         otose1

ここには、寺田屋の女将として知られているお登勢のお墓があります。

         otose2

お登勢は、京都伏見の船宿である寺田屋第6代目の主人・寺田屋伊助の妻。その夫は、経営を悪化挙句には酒の飲みすぎで病に倒れて若死にした。
その後、お登勢が寺田屋の経営を取り仕切った。
性格が世話好きで龍馬さんをはじめとする幕府から睨まれていた尊皇攘夷派の志士たちをよく保護した。

          otose3

龍馬さんもお登勢を慕っていたようで龍馬さんがお登勢に宛てた手紙の多くは、お登勢に頼み事を聞いてもらうようなものが多かったみたいです。

龍馬伝では、草刈民代さんがお登勢を演じています。

ryomanatabi at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月03日

油懸地蔵尊

昨日の寺田屋の近くには、
龍馬通りがあります。

         abura1

その通りを、少しまっすぐ進み左に十字路を左に、少し進むと右側に

         abura2

油懸地蔵尊 西岸寺があります。

ちょっと、分かり辛く一度通り過ぎてしまって何処にあるのか分かりませんでした。

         abura4

こちらのお寺は、
龍馬さんが寺田屋で襲撃された時に、材木やへ逃げ込む前にここで少し隠れていた言うお寺です。

         abura3

ここのお寺にある油懸地蔵さんは、むかし油商人が転び油をこぼしてしまい、その残りをお地蔵さんに懸けて供養し行商にでたところとても繁盛したそうです。
その後、このお地蔵さんに油を懸けて祈願をすれば願いが叶うとされてきました。
お地蔵さんは、油まみれになっています。
今では、見た目が黒光りしていて可哀想な状態になっています。



ryomanatabi at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)