岩崎弥太郎

2012年01月16日

岡本 寧浦

高知の旅

今回は、ここに向かいました。
中央に石碑が見えますね~
わかりますか?

石碑の後ろに洗濯物が干されていますが・・・・・・

         sekihi1

         sekihi2

ここは,陽明学者の岡本 寧浦(おかもと ねいほ)の塾があった場所です。
岡本寧浦は土佐にとっての吉田松陰のような存在の方だと言われていて塾生は、1000人はいたそうです。
塾生の中に清岡道之助、河田小龍、奥宮慥斎、岩崎弥太郎、中江兆民がいました。
そして、吉田東洋や武市瑞山といった要人との交流がありました。
幕末から明治にかけて活躍した人物など多くの人材を輩出した。
また、岩崎弥太郎の母の姉の夫が岡本寧浦だったそうです。

         okamoto1

龍馬の旅のブログはブログランキングに参加しております。
龍の絵をクリックして頂ければとても嬉しいです。宜しくお願いいたします。     
             人気ブログランキングへ

ryomanatabi at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月24日

長崎 後藤象二郎邸跡

長崎県長崎市金屋町1-7 テレビ長崎本社
テレビ長崎(KTN)の正面玄関左横には、

          goto1

後藤象二郎邸跡の碑が建っています。

石碑の周りには、この様にもこもこと木の葉が生い茂っていて分かり辛く探し出すのに少し迷ってしまいました。

後藤象二郎は、天保9年3月19日(1838年4月13日)- 明治30年(1897年)8月4日)は、日本の武士・土佐藩士。

少年期に義理の叔父・吉田東洋の少林塾にて学ぶ。
後藤象二郎は、公武合体派の急先鋒として、武市瑞山(武市半平太)らを切腹させるなど土佐勤王党を弾圧した。

ここは、長崎土佐商会の仕事をしていたときに滞在していた邸宅があった場所で後に、この邸宅は岩崎弥太郎が譲り受けました。

          goto3

このポーズは、龍馬さんをまねたのか?
龍馬伝では、岩崎弥太郎をいいように使っていて、弥太郎がちょっと可哀想に思えてくるんですけど
龍マッキーは、あまり好きではないタイプですね。
あんな風なお方だったんでしょうか~?


          goto2

結構、車も通っていて写真撮るのにちょっと大変でした。


ryomanatabi at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月19日

弥太郎の生家

岩崎弥太郎の生家

         iwasaki1

この日は、とてもいい天気でした。
最寄の駅でレンタサイクルがあったので自転車を借りて岩崎弥太郎の生家までサイクリングしました。

         iwqasaki2

茅葺き屋根の家は、当時より立派な家なので龍馬伝を見ている方が訪れれば驚かれるかもしれませんよ。

         iwasaki4

土蔵には、三菱のマーク

         iwasaki3

庭には、弥太郎が少年時代に日本列島を石で表した置石があります。



ryomanatabi at 00:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月18日

岩崎弥太郎

岩崎弥太郎
天保5年(1835年)生れ 明治18年(1885年)没
安芸市出身
         yata1


後藤象二郎に藩の商務組織・土佐商会主任・長崎留守居役に抜擢されて藩の貿易に従事する事になりました。
坂本龍馬さんが脱藩の罪を許されて亀山社中が海援隊として土佐藩の外郭機関となると、岩崎弥太郎は藩命を受け隊の経理を担当。
記録上確認出来る弥太郎と龍馬の最初の接点はこの時である。


         yata3

三菱の「スリーダイヤのマーク」は、土佐藩藩主だった山内家の家紋「三つ葉柏」と岩崎家の家紋「三階菱」を合わせたものです。

         yata2

龍マッキー、今回は岩崎弥太郎になりきってます(笑)


ryomanatabi at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月03日

龍馬と弥太郎に挟まれて~

          ryoyatayu

長崎歴史文化博物館で行われている「長崎奉行所・龍馬伝館」です。
エントランスには、龍馬さんと弥太郎さんの銅像がど~んと並んで立ってます。
緊張しながら龍馬さんと弥太郎さんの間に入ってパチリっと
いやいや~ いいですね~

ショップでもいろいろ買っちゃいました~

「長崎奉行所・龍馬伝館」ちょっと情報
開催期間は、2011年1月10日(月)までです
会館時間は、8:30~19:00


ryomanatabi at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)